ドスパラトラノマキ

ドスパラ 新生活応援セール

パーティション分割にはメリットしかないと思う理由。

パーティション分割とは?カスタマイズの時の注意点とか

パーティション分割ってなんだ?

パーティション分割パーティション分割とは、ひとつのHDD(またはSSD)を複数に分割する事です。HDD(ハードディスク)は言うなればデータを長期保存しておく入れ物なので、その中身を仕分けしておくことでデータの整理整頓になります。

パーティション分割で、CとDドライブに分割した例整理整頓のためのタンスや本棚に例えると、仕切り板を設ける行為にあたるかと思います。

仕切ったその1つ1つをパーティションと呼びます。

パーティション分割は実は、データの整理のためというよりも、バックアップやパソコンの動作の快適さを実現できる!という大きなメリットがあるのです。

個人的には必須のカスタマイズで、初心者の方でも是非パーティション分割はしたい所です。因みにドスパラのカスタマイズでパーティション分割をやってもらうと、2,400円~3,000円かかります。

パーティション分割なんてただの設定なんですが、なんでこんなにお金取るんでしょう…?

まあ、高額な手間賃かもしくはパソコン情報弱者(初心者)へのレクイエムなのでしょうおそらく。個人的には高すぎ!と思うのですが、大量生産の中で1台1台設定するのは、思ったよりコストがかかるのでしょうね。そう信じてます。

パーティション分割にお金なんて払うのは、非常にバカげてると思われますが、『でも分からないんだよぅ…。』という方がいるかと思います。

そんな方たちのために『パーティション分割なんかにお金を払わずに、自分でやっちゃいなよYOU!』という気持ちを込めてOSインストール後にパーティション分割をする方法&戻す方法というのを書いてみました。お悩みの方は是非。

また、こちらはシェアウェアですが、自由自在にパーティションを分割・合併(統合)・移行などが出来るソフトもあります。

下の画像は、実際にパーティション分割をしたHDDの様子です。スタート ⇒ コンピューターを右クリック ⇒ 管理 ⇒ ディスクの管理、の画面で見たものです。

1TB(実質931.21GB)のHDDをCドライブ100GBとEドライブ831GBにパーティション分割しています。これは私管理人のパソコンですが、CドライブにはOSがインストールされ、Eドライブにはその他のデータを、分けて管理しています。

ディスクの管理でパーティション分割を確認

っていう感じです。

パーティション分割は設定だけでパフォーマンスが大幅にアップする!

パーティション分割のメリット

初心者の人のパソコンを覗いてみると、大体がパーティション分割をしていないか、偶然無意識にしてあってもCドライブしか使用していなくて、たんまりあるDドライブの中はカラッポだったりします…。

こんなんじゃいけません!ちょっとだけ勉強すれば、パソコンを快適に使えますから!パーティション分割のメリットを紹介しておきますね。

ハッキリいってパーティション分割はメリットしかないので、この際新しいパソコンは、しっかりとパーティション分割してみませんか?

OS(C)とその他のデータ(D)に分けておくと、OSをリカバリーする際にDが生き残る!

例えば、500GBのHDDをCドライブとDドライブにパーティション分割し、Cには Windows 7(OS)をインストール、その他全てのデータの保存や、アプリケーションのインストールをDドライブに行ったとします。(アプリのCドライブ以外へのインストールは初心者にはちょっと敷居が高いかも?)

そうこうしているうちに、パソコンの動作が明らかにおかしくなり、OSのリカバリー(再インストール)という最終手段を取らざるを得なくなりました。このような時にパーティション分割が大活躍します。

パーティション分割をしていないと、全てのデータがCドライブに入っているため、リカバリーの過程で、ドライブ内の全てのデータは一旦削除されてしまいますから、そこにある全てのデータが消えてしまいます。

一方、パーティション分割をしていれば、OSがインストールされているCドライブに対してリカバリーをかけるので、Dドライブのデータが無事で済む、とうワケです。

因みに、『アプリケーションのインストールは別にCドライブでいいじゃん。』という意見もありますが、アプリケーションごとの(環境)設定ファイルがあったりしますよね?

生き残っていれば、リカバリー後に各種アプリケーションをインストールした後の設定が超ラク(ファイルを上書きコピーするだけ)なので、個人的には別ドライブ派です。

Cには Windows 7(OS)をインストール、その他全てのデータの保存や、アプリケーションのインストールをDドライブに

昔、Photoshopでイケてるアクションを沢山作って劇的な作業効率化を実現したのですが、OSの再インストールの際に、アクションファイルを残しておかなかったばっかりに、全て無くしたという苦い経験があります…。

OSのリカバリの前って色々バックアップの必要があるので、ついつい「漏れ」があるんですよね。

アプリケーションのキャッシュをCドライブ以外に設定することで動作が快適!

これはどういうことかと言いますと、アプリケーションソフトは使用中にキャッシュと呼ばれる、言うなれば作業用の一時ファイルを作り、この保存場所(キャッシュ)にアクセスを頻繁に行い、最適なパフォ-マンスを得る仕組みになっています。

このキャッシュの場所を別ドライブに設定することで、Cドライブのランダム書き込みとランダム読み込みが少なくなりますし、ファイルの断片化も起こりにくくなります。

ファイルの断片化が進むと、パソコンの動作が段々遅くなってしまうのです。

例えば Adobe の Photoshop などは、環境設定画面から仮想記憶ディスクを指定することでCドライブ以外にキャッシュを逃がすことができます。(編集 ⇒ 環境設定 ⇒ パフォーマンスからどうぞ。)

ディスクの管理でパーティション分割を確認

画面下の説明をよむと、「矢印ボタンを使用して Photoshop の仮想記憶ディスクの順序を変更します。

最適なパフォーマンスを得るには、仮想記憶ディスクを起動ドライブではなく、高速ドライブ、内臓ドライブまたは高速外部インターフェイスに設定します。

ただし、十分な空き領域があれば、どのドライブでも使用できます。」と書いてありますね。パフォーマンス向上のためには、是非やっておきたい設定です!

快適動作三原則!システムは 弄らない・増やさない・乱さない!

パーティション分割のCドライブの容量はどれくらいがいいの?

ドスパラのカスタマイズ画面を確認すると、パーティション分割の割合において、いくつかの選択肢があります。ちょっと覗いてみましょう。

ドスパラのパーティション分割

幾つか選択肢がありますが、個人的には「パーティション2分割(C:ドライブ100GB+D:ドライブ残り容量)」か「パーティション2分割(C:ドライブ200GB+D:ドライブ残り容量)」でいいのではないかと思います。

どちらにするかは、自身のパソコンの環境によりけりなんですが、その基準というのは、メモリの搭載量です。以下表にしました。あくまで個人的な推奨ですよ。

メモリの搭載容量 Cドライブの分割容量
(管理人推奨)
4GB~16GB 100GB
24GB 200GB

これって最初『なんで?』って思うかもしれませんが、実は、メモリを16GB以上搭載すると、Windows 7 の仕様により最初からCドライブの空き容量が少なくなるのです。

詳しく言うと、ページファイルという、使われていないメモリ領域を一時的に保存しておくためにHDD上に用意されたファイルの総量が、メインメモリの容量に比例して肥大化する仕様なんです。

これはMicrosoftのホームページで確認出来るので気になる方はお読みあそばせ。因みに、ドスパラでもそカスタマイズ項目の中で注意書きがされています。

メモリの搭載量とCドライブの必要領域

ドスパラでは、「メモリーの搭載量に応じたWindows7のインストール領域が必要です。

16GBのメモリーを搭載する場合には64GB以上、24GBのメモリーを搭載する場合には80GB以上のパーティション分割を選択してください。」とあります。つまり、大好きな表にすると…、

メモリの搭載容量 Cドライブの分割容量
(ドスパラ注意書より)
16GB 64GB以上
24GB 80GB以上

ってことになります。なので、管理人推奨の容量はドスパラよりちょっと多めにうたっています。理由はまあ、保険ですね。

パソコンを使っている内に、気を遣っていても自然とCドライブって容量喰っていきません?その保険です。

Cドライブ用の領域は Windows XP の時よりちょっと気を遣おう!

…どうでしょう?パーティション分割に関する疑問は解決しましたか?それでは、Let'sカスタマイズ!!

ドスパラ公式サイトはコチラ

勉強しよう!PCパーツ・ソフト・周辺機器のこと!!

OS(オペレーティングシステム) OS(オペレーティングシステム) Office(オフィスソフト) Office(オフィスソフト)
セキュリティ対策 セキュリティ対策 CPU CPU
グラフィック機能 グラフィック機能(グラフィックボード) CPUファン CPUファン
メモリ メモリ SSD SSD
ハードディスク(HDD) ハードディスク(HDD) ハードディスクの静音化(HDDの静音化) ハードディスク(HDD)の静音化
パーティション分割 パーティション分割 マザーボード マザーボード
光学ドライブ 光学ドライブ サウンド サウンド
ブロードバンドポート(LAN) ブロードバンドポート(LAN) カードリーダー カードリーダー
無線LANアダプタ 無線LANアダプタ ケース ケース
ケースファン ケースファン 電源ユニット 電源
モニター(ディスプレイ) モニター(ディスプレイ) キーボード キーボード
マウス マウス プリンター プリンター
ゲームPCが最大80,000円引き!!
ドスパラ 新生活応援セール