ドスパラトラノマキ

GALLERIA ZZ 50,000円引き
オータムセール

イーサネットの用語解説

イーサネットとは?

インターネットを快適に利用できるように考えられた通信方法

イーサネット(Ethernet)というのはネットワークの規格(通信方法)のひとつです。

イーサネット規格のLANケーブル&LANポート全世界のオフィスや家庭で使用されている LANLocal Area Network … ローカル エリア ネットワークと言います。)と呼ばれるネットワークで採用されている、通信方法の名前です。

現在、特殊な用途を除いてLAN(ローカルネットワーク)ではイーサネットが採用されているので、もはやLANと言えばイーサネットのことだな!と思っちゃっても大丈夫です。

イーサネットの通信方法では、回線上でデータが衝突しないように監視しながら通信するので、複数のパソコンが通信回線を共有して、自由に&効率的に通信することが可能になっています。

右の画像は、皆さんがパソコンでインターネットをする時に必要なアイテム、LANケーブルLANポートです。このLANケーブルをパソコン側にあるLANポートにブッさして使うんですね。

初心者はパソコンを買う時にイーサネット?なんて意識しなくてOK!

イーサネットの中にも更に規格がある

色々と複雑なんですが、イーサネットの中にも更に「規格」があります。現在有名なのが、1000BASE-T(せんベースティー)、100BASE-TX(ひゃくベースティーエックス)、10BASE-T(テンベースティー)という規格です。

つまり、上にある画像LANケーブルを買う時に、1000BASE-T か 100BASE-TX か 10BASE-T にするか?選択肢があるんです。

それぞれ通信する早さに違いがありまして、通信速度が速い方から 1000BASE-T >100BASE-TX >10BASE-T となっています。

最速の 1000BASE-T は、データ転送速度が最大1Gbps(1000Mbps)とG(ギガ)の単位なので、ギガビット・イーサネットGigabit Ethernet)と呼ばれます。

ほんとにザックリ計算ですが、5メガピクセル(500万画素)デジカメで撮った1,000枚の写真データを、約16秒で転送(移動)することがでる早さです。

規格 転送速度(最大で) 互換性について
1000BASE-T 1Gbps それぞれのケーブルの速度に依存。例えば1000BASE-TのLANポートに10BASE-T対応のケーブルを差した場合、速度は10BASE-T(10Mbps)。
100BASE-TX 100Mbps 1000BASE-T、10BASE-T対応のケーブルも接続可能。1000BASE-Tは100BASE-TXで、10BASE-Tはそのまま10BASE-Tの速度。
10BASE-T 10Mbps 1000BASE-Tと100BASE-TX対応ケーブルを接続可能ですが、速度は全て10Mbpsに。
イーサネットについて分かったかな?しっかり覚えておきましょう!

索引 - 調べたい用語の頭文字から探す

  • A
  • B
  • C
  • D
  • E
  • F
  • G
  • H
  • I
  • J
  • K
  • L
  • M
  • N
  • O
  • P
  • Q
  • R
  • S
  • T
  • U
  • V
  • W
  • X
  • Y
  • Z
  • カラ
  • カラ
  • 0
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
GALLERIA ZZ 50,000円引き
オータムセール

もっと知りたいガレリア