ドスパラトラノマキ

ドスパラ 売り尽くし半期決算セール

GALLERIA ZF - GeForce GTX970 搭載のパワーの凄さ!! ベンチマーク等紹介!!

最強のゲームPC GALLERIA ZF!! GeForce GTX970 搭載デスクトップ!!

GALLERIA ZF のスペック

GALLERIA ZF GALLERIA ZF
レビューした日にち 2014年 12月 25日(火)
CPU インテル Core i7-4790K
(クアッドコア/HT対応/定格4.00GHz/TB時最大4.40GHz/L3キャッシュ8MB)
メモリ 16GB DDR3 SDRAM (PC3-12800/8GBx2/デュアルチャネル)
HDD / SSD Crucial 256GB MX100 SSD + 2TB HDD (SATA3)
マザーボード インテル Z97 チップセット ATXマザーボード
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
グラフィック NVIDIA GeForce GTX970 4GB JetStreamFAN
サイズ / 重量 207(幅)x520.7(奥行き)x450.2(高さ)mm
OS Windows 8.1 Update 64bit のインストール
※仕様は変更させることもあるので、必ず公式サイトを確認してみて下さい。
ガレリア ZF - Geforce GTX970搭載モデルの詳細・価格

Windows エクスペリエンス インデックスの代替 WIN SCORE SHARE

Windows 8.1 は、Windows 7までに搭載されていた Windows エクスペリエンス・インデックスがないのでちょっと寂しいのですが、WIN SCORE SHARE というソフトが代替として素晴らしい感じです。ダウンロードして早速測定してみました。

GALLERIA ZF を WIN SCORE SHARE で測定したスコアは?

WIN SCORE SHARE で測定したスコアは8.15

なんと!8.15というとんでもないハイスコアになりました!これはもう文句の付け所がありませんね!

GALLERIA ZF の外観・各種インターフェースと内部の様子

GALLERIA ZF 外観

KTケース ブラック(ATX)

ケースはガレリアのオリジナルでKTケース ブラック(ATX)という名前になります。かなり奥行きがありますね。207mm(幅)x 520.7mm(奥行き)x 450.2(高さ)mm になります。

天面と側面の排気口

側面と天面にある排気口です。

スーパーマルチドライブ

ドライブです。

前面のインターフェース

前面のインターフェース群です。

前面のインターフェース(I/O)一覧と詳細

前面 I / O USB 3.0 2
カードリーダー SDカードリーダー
サウンド マイク入力 x1, ヘッドフォン出力 x1 (ステレオミニプラグ)

背面のインターフェース

背面のインターフェース群です。結構コンパクトにまとまっている印象です。

背面のインターフェース(I/O)一覧と詳細

背面 I / O USB 2.0 2
USB 3.0 4
映像出力 DVI x1, miniHDMI x1, miniDisplayPort x3
サウンド マイク入力 x1, ライン入力 x1, ライン出力 x1(ステレオミニプラグ)
LAN 1
PS ⁄ 2 キーボード/マウス x1

GeForce GTX 970の、2スロット占有

はい。これがGeForce GTX 970の、2スロット占有している様子です。

ケース内部

内部の様子です。ケーブルはフラットじゃなかったですね。筐体自体にかなりゆとりがあります。画面右下にあるベイの、上がHDD(2TB)で下がSSD(256GB)です。

容量的に文句なしですね。

700W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)

電源については、購入時期によって採用されるメーカー等が異なりますが、今回は、700W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE でした。

強いて言うなら今回のハイスペックパソコンの唯一のボトルネックかと思います。気になる方はカスタマイズですね。

GeForce GTX 970 の様子

先程背面から確認したGeForce GTX 970です。

静音仕様のCPUファン

静音仕様のCPUファン。右はメモリでPC3-12800/8GBx2/デュアルチャネルという仕様。

ストレージの様子

HDDやSSDは、こんな感じで引っ張って出すことができます。

GALLERIA ZF のパーツの温度を測ってみた

Piriform SpeccyでGALLERIA ZFの測定

Piriform Speccy があれば、このようにパソコンのパーツ構成が簡単に詳しく表示されて、なおかつ主要パーツの温度も表示してくれるのです。

電源が気になるようであればカスタマイズして解決させよう!他は文句なし!!

ベンチマーク(FF14:新生エルオゼア&ドラゴンクエストⅩ)をしてみた

FF14:新生エルオゼアのベンチマーク

引用元:http://jp.finalfantasyxiv.com/benchmark/

まうずは定番&ロングユーザーのベンチマークソフト「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク」で測定してみました。果たしてこのGALLERIA ZFはどれくらいの数値を出すことができるのでしょうか?かなりの数字が出ると思われます。

1280 × 1024 標準品質(デスクトップPC)

1280 × 1024 標準品質(デスクトップPC)26251

1280 × 1024 最高品質(デスクトップPC)

1280 × 1024 最高品質(デスクトップPC)17976

という結果になりました。まとめますと、

ファイナルファンタジー 新生エルオゼアのベンチマーク結果

1280 × 1024
標準品質 最高品質
26252 17976
非常に快適 非常に快適

という凄い数値を叩き出しました!当然ですがオール「非常に快適」という結果に。過去にGTX760のモデルを測定しましたが、やはり上回ってきました。

続いてドラゴンクエスト10のベンチマークで測定

ドラゴンクエスト10のベンチマークで測定

引用元:http://www.dqx.jp/

ちょっとまだやったことが無かったので、グラフィックも見たいしダウンロードしてやってみました。

1280 × 720 標準品質

1280 × 720 標準品質 19038

1280 × 720 最高品質

1280 × 720 最高品質 19199

こちらも文句なしです。

ドラゴンクエスト10のベンチマーク結果

1280× 720
標準品質 最高品質
19038 19199
すごく快適 すごく快適

すごく快適とありますが、文字通りすごく快適ですね。

GALLERIA ZF のレビューまとめ

とにかくまず感動するのが、パソコンの起動が早いのなんの!数えてみましたが、13、4秒で起動しました。さすがSSDは違います。各種ソフトの起動もチョッパヤで文句なしの快感速度です。

ベンチマークを見ると分かるように、現行の全てのゲームソフトが軽やかにヌルヌル動きます。過去にレビューしたGALLERIA XT-Mに比べて体感でもその速さを実感しました。

そしてやはり唯一の弱点は電源ですかね?もし予算に余裕があるのであれば、現時点で選択できる電源は、以下のようなものがありますので、カスタムしてみてはいかがでしょうか?

そうすればもはや死角はないと思います。

カスタマイズで電源を強化すれば最強ゲームPCへ近づく!!

2014年 11月 25日 時点での電源のカスタマイズ一覧から抜粋(他にもあります)
Silverstone SST-ST75F-P 750W 静音電源 / 80PLUS SILVER
オウルテック AU-700 700W 静音電源/80PLUS GOLD
ENERMAX EPM750AWT 750W 静音電源 / 80PLUS PLATINUM

以上 GALLERIA ZF のレビューでした!(※2014年 11月25日 レビュー)

現時点で最強クラスのゲームPC♪ 殆どのゲームでヌルヌルでしょう!
ガレリア ZF - Geforce GTX970搭載モデルの詳細・価格
ゲームPCが最大80,000円引き!!
ドスパラ 秋の収穫祭 SSD 無料プレゼントキャンペーン