ドスパラトラノマキ

25周年祭

ドスパラPC徹底レビュー!!

ハイエンドゲーミングPC GALLERIA XF!! GeForce GTX 970 搭載デスクトップ

※このモデルは古い情報です。最新版のレビューがありますので、そちらをどうぞ。

GALLERIA XF のスペック

GALLERIA XF GALLERIA XF
レビューした日にち 2015年 2月 4日(水)
CPU インテル Core i7-4790
(クアッドコア/HT対応/定格3.60GHz/TB時最大4.00GHz/L3キャッシュ8MB)
メモリ 8GB DDR3 SDRAM
(PC3-12800/4GBx2/デュアルチャネル)
HDD / SSD 2TB HDD (SATA3)
マザーボード インテル H97 チップセット ATXマザーボード
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
グラフィック 【静音FANへ無料アップグレード中
NVIDIA GeForce GTX970 4GB JetStreamFAN
サイズ 207(幅)x520.7(奥行き)x450.2(高さ)mm
OS Windows 8.1 Update 64bit のインストール
※仕様は変更させることもあるので、必ず公式サイトを確認してみて下さい。

Windows エクスペリエンス インデックスの代替 WIN SCORE SHAREで

Windows 8.1 のOSでは、これまでWindows 7までに搭載されて若干馴染みのあった Windows エクスペリエンス・インデックスがありません。

しかし、その代替として WIN SCORE SHARE というソフトを開発した素晴らしい方が居ます。ありがたくダウンロードして測定してみました。

GALLERIA XF を WIN SCORE SHARE で測定したスコアは?

GALLERIA XF を WIN SCORE SHARE で測定…結果は5.9

5.9という結果でした。今回のGALLERIA XFのボトルネックははっきりと「HDD」だという事が分かるスコアですね。

ここはゲーミングPCというジャンルなので、数多のライバルに引けを取らないためにも、ストレージは是非SSDにカスタマイズしておきたい所です!

GALLERIA XF の各パーツの温度を測ってみた

GALLERIA ZF の各パーツの温度を測ってみた

Piriform Speccy があれば、このようにパソコンのパーツ構成が簡単に詳しく表示されて、なおかつ主要パーツの温度も表示してくれるのです。

GALLERIA XF の外観・各種インターフェースと内部の様子

GALLERIA XF の外観

XFはKTケース ブラック(ATX)を採用

前回レビューした「GALLERIA ZF」と同様に、ケースはガレリアのオリジナルでKTケース ブラック(ATX)という名前になります。

かなり奥行きがありますね。207mm(幅)x 520.7mm(奥行き)x 450.2(高さ)mm になります。重さは13.9kgです。

側面の排気口の様子

側面の排気口です。二箇所あります。

天面の排気口の様子

天面の排気口です。ここもに箇所あります。

NVIDIA GEFORCE GTX、intel CORE i7 のステッカー

前面上部に貼られているステッカーです。どちらもカッコイイ。昔はGeforceというように小文字表記だったのが、今はNVIDIA GEFORCE GTX というように、大文字になっています。

前面のインターフェース(I/O)一覧と詳細

前面のインターフェース(I/O)

前面 I / O USB 3.0 2
カードリーダー SDカードリーダー
サウンド マイク入力 x1, ヘッドフォン出力 x1 (ステレオミニプラグ)

背面のインターフェース(I/O)一覧と詳細

背面のインターフェース

背面 I / O USB 2.0 2
USB 3.0 4
映像出力 DVI x1, miniHDMI x1, miniDisplayPort x3
サウンド マイク入力 x1, ライン入力 x1, ライン出力 x1(ステレオミニプラグ)
LAN 1
PS ⁄ 2 キーボード/マウス x1

GTX970が2スロットを干渉している様子

こちらが、背面部分あkら見えるGeForce GTX 970の様子です。カスタマイズの時の注釈にもあるように、物理的に2スロット占有しますから、予め拡張性がこの分は殺されています。

ケースの内部の様子

CPUファンの様子。

CPU部です。シンプルなファンが取り付けられています。ここは不安な人は高性能のCPUファン水冷パックなどにカスタマイズできますから、そうしましょう。

メモリは4GB×2スロット消費で、スロットの空きはあと2つあります。

500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)だと心もとないか…。

電源については、購入時期によって採用されるメーカー等が異なりますが、今回は500W 静音電源(AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)でした。

この電源についても、上記で言ったHDDの性能と同様に、ボトルネックだと思っています。予算に余裕がある方は、オウルテックあたりの電源をチョイスしてみてもいいでしょう。

GeForce 970GTX

GeForce GTX 970搭載の様子

外観で2スロット消費していたGeForce GTX 970がこれです。後ほどのベンチマークでその性能を確認して欲しいと思います。

5インチベイが全部で5つ。

側面側に向いているストーレジのベイです。全部で5つ用意されていて、HDDが既に1つ占めていますから、残り4つです。RAIDをやらない限りはちょっと持て余すかもしれませんね。

5インチベイ

HDD(SSD)は、こんな感じで引っ張って出すことができます。が、配線を抜いて取り出す場合は、反対側のケースを空ける手間はあります。見た目はシンプルなのは良いと思います。

電源とHDD気になるようであればカスタマイズしよう!!

ベンチマーク(FF14:新生エルオゼア&ドラゴンクエストⅩ)をしてみた

FF14:新生エルオゼア

引用元:http://jp.finalfantasyxiv.com/benchmark/

定番ベンチマークソフト「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク」で測定してみました。GALLERIA XFもといGeforce GTX970は、どれくらいスコアになるでしょうか?楽しみです。

1280 × 1024 標準品質(デスクトップPC)

1280 × 1024 標準品質(デスクトップPC)25111

1280 × 1024 最高品質(デスクトップPC)

1280 × 1024 最高品質(デスクトップPC)17677

という結果になりました。まとめますと、

ファイナルファンタジー 新生エルオゼアのベンチマーク結果

1280 × 1024
標準品質 最高品質
25111 17677
非常に快適 非常に快適

やはり凄い数値を叩き出しました!これならオンラインゲームなどもヌルヌル動きます。ここまでいくならやっぱりストレージはSSDにしないともったいないと思います!

続いてドラゴンクエスト10のベンチマークで測定

ドラゴンクエスト10のベンチマークで測定

引用元:http://www.dqx.jp/

ちょっとまだやったことが無かったので、グラフィックも見たいしダウンロードしてやってみました。

1280 × 720 標準品質

1280 × 720 標準品質 18579

1280 × 720 最高品質

1280 × 720 最高品質 18312

こちらも文句なしです。

ドラゴンクエスト10のベンチマーク結果

1280× 720
標準品質 最高品質
18579 18312
すごく快適 すごく快適

という事で、問題なく「すごく快適」の結果に。以上の4つの結果についてですが、前回の GALLERIA ZF に搭載されている同じGeForce GTX970と比較して若干数字が劣るのは、もしかしたらHDDの影響があるのでしょうか。

GALLERIA XF のまとめ

ゲーム用パソコンとして、GeFroce GTX970を搭載していれば、文句なくヌルヌルですが、普段使いも考慮すると、やっぱりHDDのスコア5.9はボトルネック。

結局、前回レビューしたZFと値段が迫ってしまいますが、ここはSSDにカスタマイズしたい所です。

その他は特に問題なく、とても高性能ですね。ただし、ヘビーユーザーにとっては電源もちょっと気になる所で、これはもう消耗品という感覚で居るべきだと思います!!

カスタマイズでHDDを強化すれば最強ゲーミングPCへの道が開ける!!

2015年 2月 4日 時点でのSSDのカスタマイズ一覧から抜粋(他にもあります)
【SSD】インテル 120GB(530シリーズ)【+11,080(+税)】
【SSD】Samsung 120GB(850 EVOシリーズ)【+14,880(+税)】
【SSD】Crucial 256GB(M550シリーズ)【+16,280(+税)】

以上 GALLERIA XF のレビューでした!(※2015年 2月4日 レビュー)

現時点でシングルGPU最強レベルのゲーミングPC!ヌルヌル保証したい!
ゲーミングPCが最大80,000円引き!!
25周年祭

もっと知りたいガレリア