ドスパラトラノマキ

ドスパラ パラダイスセール

静音パックまんぞくコース Gefroce GTX980Ti 搭載 GALLERIA MI レビュー

静音パックまんぞくコースの仕様を GTX980Ti 登載GALLERIAで確認!!

静音パックまんぞくコース GALLERIA MI

GALLERIA MI - ガレリアMI のスペック紹介

まずは普通に GALLERIA MI のスペックを紹介します。以下が公式通販サイトの標準スペックで、ここに静音パックまんぞくコースを付け足している、という事です。

GALLERIA MI GALLERIA MI - ガレリアMI
レビュー日 2015年 12月 25日(金)
CPU Intel Core i7-6700 プロセッサー
(クアッドコア, 定格 3.40GHz, ターボ・ブースト時最大 4.00GHz, 8MB L3 キャッシュ, インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
メモリ 8GB PC4-17000
(DDR4 SDRAM, 4GBx2, デュアルチャネル, 最大 32GB)
HDD / SSD 2TB HDD (SATA3)
マザーボード インテル H170 チップセット搭載 マイクロATX マザーボード
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
グラフィック NVIDIA GeForce GTX980 Ti 6GB(PCI Express3.0)
サイズ 185(幅)× 395(奥行き)× 370(高さ)mm
重さ 約8.2Kg
電源 Silverstone SST-ST75F-P (750W 静音電源 / 80PLUS SILVER)
OS Windows 10 Home 64bit のインストール
標準搭載で!! 静音パックまんぞくコース
※仕様は変更してあることもあるので、必ず公式サイトを確認してみて下さい。

今回注目したいのはモチロン「静音パックまんぞくコース」の仕様なんですが、その他にも、なんとこのコンパクトな筐体にシングルGPU最強レベルの GTX 980Ti を搭載しておりまして、このグラボの力を知りたいものです!まず詳細はコチラです↓

GALLERIA MI の詳細はコチラです

システム用HHD(2TB/SATA3/公式ではメーカー等明記なし)の読み込み・書き込み速度の測定結果

システム用HHD(2TB/SATA3/メーカー等明記なし)の読み込み・書き込み速度

測定には CrystalDiskMark 3.0.4 Shizuku Edition x64 を使用しました。

NVIDIA GeForce GTX980Ti のスペック詳細

NVIDIA GeForce GTX980Ti のスペック by GPU-Z

定番ソフトのGPU-Zで確認しています。

静音パックまんぞくコースはこんな仕様になってます!! 内部の様子

静音パックまんぞくコースにカスタマイズするとこんなCPUクーラーが付いてきます

静音パックまんぞくコースにアップグレードするとこんな風になる。

じゃじゃじゃーーーん!前回に静音パックまんぞくコースLiteの仕様を紹介しましたが、今回は筐体が小さい GALLERIA MI に変えて、さらにLiteが抜けた、静音仕様のグレードが高いバージョンの「まんぞくコース」の仕様を紹介します。

内部です。おおおゴッツイですね。下には GeForce GTX980Ti がブッ刺さってますね。かなり窮屈な感じがしないでもないですね。

静音パックまんぞくコースのCPUクーラーどどん!

重厚感のあるCPUクーラー

かなり重厚感のあるCPUクーラーが付いています。ちょっとまんぞくコースLiteと比較してみますと、

まんぞくコースLite と まんぞくコース の比較

ちょっとザックリした話になってしまいますが、まんぞくコースLiteよりもまんぞくコースの方がさらに静音性と冷却性が向上しています。公式サイトの記載を引用するカタチになりますが、比較しますと以下のようになります。

通常とまんぞくコースLiteとまんぞくコースの比較イメージ
  静音性 冷却性
ノーマルCPUファン ★★
静音パックまんぞくコースLite ★★★ ★★★
静音パックまんぞくコース ★★★★★ ★★★★★

こんな感じです。またカスタマイズにかかるお金も表にしますと、

  静音性
ノーマルCPUファン -
静音パックまんぞくコースLite +2,160円
静音パックまんぞくコース +5,400円
静音パックまんぞくコース忍者 +7,560円

こんな感じです。今知ったのですが、静音パックまんぞくコース「忍者」なんてものもあるんですね。こちらはさらに上をいく静音性と冷却性を誇るのでしょうか。

エアフローを妨げないようケースにあわせた最適なサイズが採用

超大型のヒートシンクですね。一応、エアフローを妨げないようケースにあわせた最適なサイズが採用されているとの事ですが、この他にも種類があるのでしょうか。

その他内部の様子で思ったこと

メモリを交換する時は厳しそう

さすがにミドルタワーに大型のCPUクーラーだと窮屈な感じがしますね。確実に不便だと言わざるを得ないのが、このメモリです。メモリの交換作業は、最悪CPUクーラーを取り外す必要がありそうです。

その時は、場合によってはもう一回CPUグリスを塗り直す必要がるので、用意しておいた方がいいですね。メモリについては購入の段階で容量をしっかりと決めておいた方が良いかもしれません。

GeForce GTX980 Ti の配線

これは GeForce GTX 980Ti の配線ですが、ちょっと窮屈ですね。

グラフィックボードの下の拡張スロットはお飾りになりそう。

拡張スロットも余っては居るのですが、スペースとエアフローの事を考えると使えないと思います。

ベンダーはPALiTで、日本ではドスパラだけです。

グラフィクボードはPALiTを採用しています。ヒートシンクがかなりゴツイです。

電源は80PLUSシルバー認証の Silverstone SST-ST75F-P(750W)

電源は80PLUSシルバー認証の Silverstone SST-ST75F-P(750W)です。GTX 980Ti は TDPが250Wあるのでやはりチャチな電源は搭載できませんね。因みに電源はケース上部に設置してあります。

全体的にやはり窮屈ですが、コンパクトにまとまっていて、『おお!このサイズでよくぞGTX980Ti を搭載してくれたな!』と感じました。

各種ベンチーク(FF14、ドラクエ10、3DMARK)で測定してみた

FF14蒼天のイシュガルド ベンチマーク「HEAVENSWARD」

引用元:http://jp.finalfantasyxiv.com/benchmark/

人気&定番ベンチマークソフトFF14「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」で測定してみました。

1920×1080(Direct11)で標準品質と最高品質のベンチマーク測定

ファイナルファンタジーのベンチマークの結果

Direct11で測定しました。

GALLERIA XT FF14 蒼天のイシュガルド ベンチマークの結果
GALLERIA MI の測定結果(解像度…1920 × 1080/Direct11)
標準品質(デスクトップ) 最高品質(デスクトップ)
19611 15725
非常に快適 非常に快適

おおおおおお!!これはめっちゃ凄い数字出ました!もう完璧ですね。多分どんなゲームでもヌルヌル快適でしょう。

ドラゴンクエスト10のベンチマーク測定結果

ドラゴンクエスト10のベンチマーク測定結果

引用元:http://www.dqx.jp/

つづいて、ドラゴンクエストXのベンチマークです。

ドラクエ10 1280×720 高品質&標準品質でベンチマークした結果

ドラクエ10 1280×720 高品質&標準品質でベンチマークした結果

ドラクエの場合、もうGTXの900番台だと閾値を確実に超えてきて、いっつも同じような数字しか出ません。FFとは随分グラフィックに差がありますからね。

ドラゴンクエスト10のベンチマーク測定結果
GALLERIA MI の測定結果(解像度…1280 × 720)
標準品質 最高品質
19378 19369
すごく快適 すごく快適

そろそろドラクエのベンチは止めようかな。

3DMARKのベンチマークで測定してみた

3DMARKのベンチマークで測定

引用元:http://www.3dmark.com/

3DMARKは窓の杜から落としたものです。

3DMARKのベンチマークで測定してみた結果

結果はご覧の通り。やっぱり凄い数字叩き出しました。

3DMARKのベンチマークで測定した結果
GALLERIA MI の 3DMARK 測定結果
FIRE STRIKE 1.1 SKY DIVER 1.0
FIRE STRIKE 1.1 SKY DIVER 1.0
14208 31779
CLOUD GATE
CLOUD GATE 1.1 ICE STORM 1.2
30274 164894

スコアについての詳しい見方については、アスキー×自作の新しくなったベンチマークソフト「3DMark」の用途と使い方を読んでみて下さい。

上位6%のパソコン

Better than 94% of all results…全ての結果の94%以上…!! キタコレ!パソコンの描画などの処理能力基準となりますが、PC全体の上位6%のパソコンに入りました。超エリートパソコンです。ホントGTX980Tiのチカラは半端ない。

ほぼ有名処のベンチマーク結果が見れます

ドスパラ公式サイトではこの他にも、3DMark 11Final Fantasy XIV 新生エオルゼアファンタシースターオンライン2 キャラクタークリエイト体験版 ver.2.0、モンスターハンターフロンティアベンチマーク【大討伐】、PC Mark 8 - Creative、のベンチマーク測定結果も確認できます。

GALLERIA MI の外観・各種インターフェースをチェック

GALLERIA MI の外観写真と各インターフェースの様子をまとめました。

GALLERIA MI 外観・ケースはこんな感じ

GALLERIA MI 外観

GALLERIA MI のケースは、185(幅)× 395(奥行き)× 370(高さ)mm の「オリジナル ガレリア専用 KTMケース ブラック」を採用しています。ミドルタワーとデザインは一緒ですが、背が低いとなんか可愛い感じになりますね。

前面のインターフェース

前面のインターフェースは、ケース前面中段位に位置しています。できれば上部にあると個人的には接続等々、融通が効いて好きなんですけどね。

前面インターフェース(I/O)一覧

前面 I / O USB 3.0 2
カードリーダー SDカードリーダー
サウンド マイク入力 x1, ヘッドフォン出力 x1 (ステレオミニプラグ)

背面のインターフェース

背面のインターフェース…Intel H170 マザーボードの仕様になります。至って標準的な装備になります。

背面インターフェース(I/O)一覧

背面 I / O USB 2.0 2
USB 3.0 3 (Type A x2+ Type C x1)
映像出力 DVI x1, HDMI x1, DisplayPort x1
サウンド マイク入力 x1, ライン入力 x1, ライン出力 x1(ステレオミニプラグ)
LAN 1
PS ⁄ 2 キーボード/マウス x1

以上、外観とケース、インターフェースの様子でした。

コンパクトにまとまっていて持ち運び快適です!! それでいて脅威の性能!!

GALLERIA MI のまとめ

いやー今回のは久々にベンチマークをしててテンションが上がりました。やっぱり GeForce 980Ti のパワーが凄かったですね。

これなら殆どのゲームタイトルが快適にプレイできると思いますし、4K解像度にも対応しています。現在、最前線のグラフィックを必要とするゲームには当然最適ですが、逆に通常のゲームだとオーバースペックでしょうね。現にドラクエとかはそうだと思います。

CPUは Intel Core i7-6700 ではどうか?という声もレビューで見られましたが、グラボの性能を引き出すスペックとして及第点ではないかと思います。価格のバランスを考えると、これで良いのかな~とも思っています。

このミドルタワーPCは、GTX980Ti を体感してみたい人のための一台だと言い切ってしまって良いのかな?と思います。

以上 GALLERIA MI のレビューでした!(※2015年 12月25日 レビュー)

価格的に今がお買い得感があります!! 高負荷ゲームも難なくサクサク!!
GALLERIA MI の詳細はコチラです
ゲームPCが最大80,000円引き!!
ドスパラ 秋の収穫祭 SSD 無料プレゼントキャンペーン