ドスパラトラノマキ

GALLERIA 最大 26,000円引き
クリスマスセール

GALLERIA ZG レビュー・評価

GeForce RTX 2080 搭載 に刷新して再びランクイン!GALLERIA ZG レビュー&評価!!

GeForce RTX 2080 搭載 に刷新して再びランクイン!GALLERIA ZG レビュー&評価!!

(水)更新

スペック・驚異のセール価格!この値引はネ申!!

GALLERIA ZG 標準スペック・仕様・サイズ・価格
グラボ NVIDIA GeForce RTX 2080 8GB
CPU Intel Core i7-8086K 【無料アップグレード中】
メモリ 16GB PC4-21300(DDR4 SDRAM, 8GBx2, デュアルチャネル)
SSD 500GB SSD
HDD 3TB SATA 6Gb/s 接続(SATAⅢ)
マザーボード Intel Z390 チップセット搭載 ATX マザーボード
電源 AcBel 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / PCB010)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(SATA接続)
サイズ 207(幅)x520.7(奥行き)x450.2(高さ)mm
重量 約 13.9 kg
OS Windows 10 Home インストール済み
キーボード GALLERIA Gaming Keyboard(USB接続)
マウス GALLERIA レーザーマウス(8ボタン,マッドブラック,USB接続)
※最新のスペックは必ず公式サイトにて確認して下さい。
GALLERIA ZG の見積もり・購入

前回この GALLERIA ZG をレビューしたのが約2年半前ですが、今回は GeForce RTX 2080 搭載モデルとなって刷新され、ランキングでもチラホラ上位に顔を出したりしているので、ここいらあたりでレビュー内容の更新です。

本日付けのドスパラ公式ランキングの3位にある GALLERIA ZG i7-9700K とは異なったモデルなので勘違いしないようにして下さい。こちらは Core i7-8086 搭載バージョンとなります。ZG までは被っているのでちょと紛らわしいですよね。注意注意。

それと、もいっこ紛らわしくて申し訳ないんですが、現在公式サイトでは CPU無料アップグレードで Core i7-8086K になってますが、このレビューは 8700K 搭載です。悪しからず。

このモデルはココしばらく無料アップグレード中で、CPUは Core i7-8086K 搭載となっています。また、これもここ暫く続いているのですが、なんとっ!! セール割引価格になっていて、その金額ズバリ!20,000円引きという驚異のお買い得価格となっています!!

絶対にチェックすべしです!この割引価格は期間限定だと思うので無くなってたら残念無念という事でお願いします。ガチ検討勢の方たちは善は急げです。

グラフィックボードのメーカーはどこの?

TURBO-RTX2080-8G GeForce RTX 2080

※搭載されるグラフィックボードのベンダー(メーカー)は、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

今回搭載されていたグラフィックボードは、ドスパラと言えばの Palit ではなく Asus(エイスース)のTURBO-RTX2080-8G でした。スペック詳細はリンク先にて。

このデザインかなり好みです。めっちゃスマートですね。このグラフィックボードの特徴は、ブッファ(衝撃を吸収して和らげる緩衝器)と新型カバーの組み合わせによって高い冷却能力を実現していること、さらにデュアルボールベアリングファンが搭載され、静かで効率的なエアフローが可能だということ、この2点があります。

IPX5の保護等級を持つデュアルボールベアリングファンで冷却性と寿命をアップ

そして防塵ファンはIPX5保護等級を持っています。IPX5という等級だと、塵埃(ホコリ)の侵入による内部の部品の損傷が起こらないレベルの評価です。ホコリは機械の最大の敵ですから、これはパーツの寿命に大きく関わってきます。

8pin×2

因みに補助電源はアツ盛の 8pin×2 です。仕方なしという感じ。ヒートシンクもモリモリです。めっちゃ排熱能力高そうです。

背面のインターフェース群

TURBO-RTX2080-8G の背面のインターフェース
DisplayPort DisplayPort 1.4 2
HDMI HDMI 2.0b 1
USB Type-C Support:Yes 1

USB Type-C があるのが特徴ですね。HDMI のデジタル出力はHDCP に対応。因みにグラボ単体での価格コムでの最安値は¥114,680ですね。

LEDライト

因みに本体のラインが入っているデザインの所は光ります。標準のガレリア専用ケースですとちょっと見栄えが良くないのが残念。せっかくの RTX 2080 ですからもっとカッコよく見せたいというのはありますね。

カスタマイズでサイドパネルがクリアになっているGR one(ATXフルタワー)も選べますkら、+9,000円位の予算を掛けて良いなら変更するのもアリですね。この GR one は私のメインPCのケースだったりします。多分ドスパラだとグレー色ですが、私はホワイトです。

ベンチマーク測定でゲーミング性能をチェック

人気ベンチマークソフトのスコア

ドラゴンクエストⅩ
ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 22591 すごく快適
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 高品質 10489 とても快適
標準品質 13711 非常に快適
軽量品質 16937 非常に快適
ドラゴンズドグマオンライン
ドラゴンズドグマオンラインベンチマーク 最高品質 15701 とても快適
ファンタシースターオンライン2 EP4
ファンタシースターオンライン2 EP4 ベンチマーク 設定 6 094519 快適に動作
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) ベンチマーク - 60535 -
バイオハザード6
バイオハザード6ベンチマーク - 28373 RANK S
GeForce RTX 2080 8GB & Intel Core i7-8700K
(全ソフト共通 … 解像度 1920 × 1080 pix / フルスクリーン)

いやいや、当サイトで記録した最高記録である所の GeForce GTX 2080 Ti 搭載の GALLERIA XZ に肉薄というか、ソフトによっては高いスコアを出しました!

私がレビューした時の GALLERIA ZX は CPU が Core i7-8700 だったので純粋な比較とはなりませんでしたが、現状最もスペックを要するであろう FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION のスコアを見ても全然大差がありませんでした。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION で GALLERIA ZG と GALLERIA XZ のスコア比較
  GALLERIA ZG GALLERIA XZ
グラボ GeFore RTX 2080 GeFore RTX 2080 Ti
CPU Intel Core i7-8700K Intel Core i7-8700
高品質 10489 11121
標準品質 13711 14032
軽量品質 16937 15394

という感じでほとんど差がありませんでした。

3DMARK(TIME SPY・FIRE STRIKE)

TIME SPY 1.0
TIME SPY 1.0 SCORE 9388
Graphics Score 9820
CPU Score 7517
上位9%の性能TIME SPY 1.0 は上位9%
今回のベンチマーク測定のさらに詳しい情報を見る
FIRE STRIKE 1.1
FIRE STRIKE 1.1 SCORE 21603
Graphics Score 26327
Physics Score 18703
Combined Score 10224
上位7%の性能FIRE STRIKE 1.1 は上位7%
今回のベンチマーク測定のさらに詳しい情報を見る

TIME SPY 1.0 は上位9%、FIRE STRIKE 1.1 は上位7%に入るというスコアでした!前回レビューした GALLERIA XZ の FIRE STRIKE の上位1%という驚異の結果には及ばないものの、超高スコアを叩き出しました。

各ゲームタイトルのベンチマークでは見えて来なかった RTX 2080 Ti との差がここに来て出てきたという事ですね。

FPS(フレームレート)測定で快適さをチェック

ドラゴンクエストⅩ
ドラゴンクエストⅩのFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
最高品質 - 197
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
高品質 59 105
標準品質 89 137
軽量品質 107 168
ドラゴンズドグマオンライン
ドラゴンズドグマオンラインのFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
最高品質 - 151
ファンタシースターオンライン2 EP4
ファンタシースターオンライン2 EP4のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
設定 6 206 291
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
- 206 291
バイオハザード6
バイオハザード6のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
- - 216
※ 計測時間はベンチマーク開始時から約6分間。スコアは小数点以下四捨五入

現状、ゲームは 60FPS あると快適だと言われていて、ここ最近では 144FPS が新機軸と言われていますが、どのスコアを見てもヌルヌル動作が保証されていると言っていいでしょう。

VR性能のベンチマークスコア

VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0
VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 SCORE 10478
Average frame rate 228.41 fps
Target frame rate 109.00 fps
上位7%の性能VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 は上位7%
今回のベンチマーク測定のさらに詳しい情報を見る

上位7%の性能でした。GALLERIA XZ と同じですが、スコアは11895だったので1400程度水を空けられています。

CPU・GPU・SSD・HDD の速度・性能

WIN SCORE SHARE のスコア

WIN SCORE SHARE のスコア

CPUID HWMonitor で各パーツの温度をチェック

CPUID HWMonitor で各パーツの温度をチェック

この温度は、今回のレビューでベンチマークスコアを動かしている間ずっと測定していた数値です。

CPU-Z(Intel Core i7-8700K)

CPU-Z ベンチマーク結果「Core i7-8700K」
CPU-Z Ver. 1.84.0.x64 ベンチマーク結果
CPU シングルスレッド 524.2
CPU マルチスレッド 3843.1

CINEBENCH R15(Intel Core i7-8700K & GeForce RTX 2080)

CINEBENCH R15 で Intel Core i7-8700K & GeForce RTX 2080
CINEBENCH R15 の測定結果
CPU 1421 cb
OpenGL 145.51 fps

PCMARK 10

PCMARK 10 の測定結果
PCMARK 10 SCORE 4807
Essentials 9363
Productivity 6133
Digital Content Creation 5234
上位40%の性能PCMARK 10 は上位40%
今回のベンチマーク測定のさらに詳しい情報を見る

上位40%の性能でした。

CrystalDiskMark(M.2 SSD)

SAMSUNG MZVB512HAJQ-00000 512.1 GB
SAMSUNG MZVB512HAJQ-00000 512.1 GB
SAMSUNG MZVB512HAJQ-00000 512.1 GBの読み書き速度をCrystalDiskMarkで
5回測定 Read [MB/s] Write [MB/s]
Seq Q32T1 3384.4 1921.4
4KiB Q8T8 1025.2 1752.8
4KiB Q32T1 380.7 299.1
4KiB Q1T1 47.06 151.4

CrystalDiskMark(HDD)

SEAGATE ST3000DM007-1WY10G 3000.5 GB
SEAGATE ST3000DM007-1WY10G 3000.5 GB
SEAGATE ST3000DM007-1WY10G 3000.5 GB の読み書き速度をCrystalDiskMarkで
5回測定 Read [MB/s] Write [MB/s]
Seq Q32T1 182.0 169.5
4KiB Q8T8 1.530 1.462
4KiB Q32T1 1.616 1.408
4KiB Q1T1 0.630 1.429

SSD は M.2 で SAMSUNG、HDD は SEAGATE でした。やっぱ M.2 は爆速です。最近 GALLERIA にもこうして標準搭載されるようになってきました。

目隠しパーツ(CPUクーラー・電源ユニット・マザーボード・メモリ)はどこのメーカー?

目隠しパーツ(CPUクーラー・電源ユニット・マザーボード・メモリ)はどこのメーカー?

内部を覗いて、公式サイトでは記載が無い目隠しパーツ群をチェックしていきます。SSD と HDD は上の項でまとめてありますので、CPUクーラー、電源ユニット、マザーボード、メモリをチェックしてきます。

※搭載される各パーツのメーカーは、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

CPUクーラー

DEEPCOOL製のCPUクーラー

GALLERIA ZG は超ハイエンド構成なのでエアフローに気を遣わなくてはならないモデルですから、標準構成で「静音パックまんぞくコース」が採用されています。DEEPCOOL製のCPUクーラーが付いてきます。

マザーボード

ASRock Z370 Pro4

マザーボードは ASRock Z370 Pro4 でした。公式サイトの商品紹介ページはこちらです。Z370 が搭載されてきました。

ASRock Z370 Pro4 バックパネルインターフェース
ASRock Z370 Pro4 バックパネルインターフェース
PS/2 キーボード/マウス 1
USB 3.1 Gen1 Type-A 5
Gen1 Type-C 1
映像出力 HDMI 1
DVI-D 1
D-sub 1
LAN - 1
オーディオ サウンド入力 1
フロントスピーカ 1
マイクロフォン 1

USB 2.0 はもう無いですね。

メモリ

SAMSUNG 純正の DDR4 2666 8GB が2枚

メモリは SAMSUNG 純正の DDR4 2666 8GB が2枚という構成でした。

※搭載される各パーツのメーカーは、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

オリジナルケース ガレリア専用 KTケース を徹底検証!!

オリジナル ガレリア専用 KTケース 外観

もう何度このケースの外観を撮影したでしょうか・・・。毎回最高の引きショットを模索しています。今回の「オリジナル ガレリア専用 KTケース」の表情はいかがでしょうか・・・。

GALLERIA ZG フロント外観・インターフェースの様子

正面のビジュアルです。いつもながらそのデザインは、他のBTOメーカーが採用または製造(委託)しているゲーミングPCのどのケースよりもカッコイイというか、落ち着いていて素敵です。ゲーミングPCのケースですと時おり赤面してしまいそうなデザインのものがあるのですが、この GALLERIA のケースは普通に仕事用でも全然イケますね。

唯一個人的には前面インターフェース群(I/O)の位置が不満で、やはりケース前面の上部ないし天面の一番前にあって欲しいですね。私はPC本体を机の下に置くタイプなので、写真のように、中段の位置だと抜き差し等、ちょっと不便です。

フロント面にあるインターフェース(I/O)構成
ガレリア専用 KTケース フロント I / O
前面 I/O USB 3.0 2
SDカードリーダー 1
サウンド マイク入力 1
ヘッドフォン出力(ステレオミニプラグ) 1

公式サイトのスペック詳細を確認すると↑なのですが、SDカードリーダーの他に、microSDカードリーダーですかね?ありますよね。あと、一番右は電源ボタンです。その下にはアクセスランプとGALLERIAのロゴが。

5インチベイのパネル

因みに5インチベイが、一番上の光学ドライブが取付られている部分も含めて5つありますが、一番下のカバーは↑のようにカードリーダーなどを取り付けることに適したものになっています。カスタマイズでカードリーダーを選択すると、ここに設置されてきます。

エアフロー(吸気口・排気口)のチェック

おおよそ下半分が吸気用にデザインされている

前面には大きな吸気口があります。

フロントパネルはここを引っかけて外す

因みにフロントパネルは下に指が引っかけられるようになっていて、

メッシュ加工

簡単に開きます。パネルの吸気部分にはホコリ対策でメッシュが貼られています。

天面と向かって右側面には大きめの排気口

天面と正面から見て左側面・・・パーツを弄る時に開ける面・・・の吸気口・排気口の様子です。天面の奥にはファンが付いています。効率よく熱を逃がしてくれる事でしょう。結構穴の数が多いのでゴミやお菓子のカス、無意識の鼻クソほじポイ行為などに注意したいところ。

左側面にある吸気口は小さめ。ママンのCPUあたり

同じく天面と、右側面の排気口と吸気口です。右側面はマザーボードの裏面側ですね。ちょうどCPUが取り付けられている箇所あたりに、冷却するための穴たちがあります。

底面も面積多めにとってある吸気口

底面の吸気口です。四隅にシリコンのゴムが付いていて、

シリコンゴムが結構厚くて高さある

これくらいの空間を確保しています。わりと分厚いしっかりしたゴムです。

ベイはネジで止めるタイプ

光学ドライブの横の取り付けはネジです。

3TBのHDDはここ

HDDです。こんな風に引っ張り出せます。

ストレージの大きさを統一するマウンタ

マウンターです。HDDの装着はネジ要らずで便利です。

因みにHDD/SSDを換装する場合は、一応イメージとしてはこのマウンターを取り出せばOKの感じですが、

パーツ側とは反対側の内部

反対側の面のパネルを外して、

ストレージは裏配線

裏面配線でコチラ側に回っているSATAケーブルと電源ケーブルのピンをしっかりと外さないといけません。

以上、GALLERIA ZG のレビューでした。とにかくお買い得過ぎるこのモデル、是非一度チェックされる事をおすすめします!

この1台できっと数年は殆どの新作ゲームが快適にプレイできるはずっ!!
GALLERIA ZG の見積もり・購入
クリスマスセール
GALLERIA 最大 26,000円引き

もっと知りたいガレリア