ドスパラトラノマキ

GALLERIA ZG 20,000円引き
ボーナスセール ハイエンドゲーミングPC が最大 20,000円引き

GALLERIA QSF970HE レビュー GeForce GTX 970M 登載ノートパソコン、ベンチマークなど

GALLERIA QSF970HE レビュー!! GeForce GTX 970M 搭載ノート!!

GALLERIA QSF970HE レビュー!! GeForce GTX 970M 搭載ノート!!

GALLERIA QSF970HE - ガレリア QSF970HE のスペック紹介

GTX 1000番台の登場で900番台の価格はズルズル後退ぎみ…チャンス!

GTX の1000番台が世間を賑わせてますが、かなり評判が良いですね。最近ここまで評価の高いグラボの登場は無かったです。速さよし消費電力よし補助電源のpinよし(細かい)のジェットストリームアタックで、特に GTX 1080 はVR世代の申し子といった感じで皆お財布の紐ゆるゆる状態って感じ。在庫ガバガバ。お財布ゆるゆる。もうすんげーっす。

そんな中、ひっそりと?注目を再び浴びてる感じなのが GTX 900番台。1000番台の登場で…というか1000番台の前評判が良かったので、登場の前から徐々に値崩れを起こしていました900番台。今では GTX 960 なんかは2万円台にまで下がっています。

例えば MSI の GTX 960 GAMING 2G FFTZ なんかは価格.comの価格推移で価格をチェックすると、6月に一度盛り返したものの、7月の GTX 1060 の解禁の前後を境に一気に落とし、最安値更新で2万ジャストレベルまでに。

1080、1070は予算的ににちょっと…という人にはかなりお得なところまできました。そんな 900番台から今日はノートの方。Mの方です。970M搭載のノートをレビューします。ドスパラ通販ではゲーミングノートパソコンランキング2位!ゲーミング総合でも5位のモデルです。

ほいじゃあいってみまっしょう!

GALLERIA QSF970HE GALLERIA QSF970HE - ガレリア QSF970HE ゲーミングPCノート部門2位
レビュー日 2016年 7月 27日(水)
グラフィック NVIDIA GeForce GTX970M 6GB
(オンボード…Intel HD グラフィックス530/Optimus 対応)
ディスプレイ 15.6インチ型 フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ
(1920 x 1080 ドット表示)
CPU Intel Core i7-6700HQ
(クアッドコア, 定格 2.60GHz,ターボ・ブースト時最大 3.50GHz, 6MB L3キャッシュ, インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
メモリ 16GB DDR4 SO-DIMM
(PC4-17000/8GBx2/デュアルチャネル)
SSD 250GB SSDM.2スロット/AHCI接続)
HDD 1TB(2.5インチ, SATA 6Gb/s SATAⅢ接続)
マザーボード モバイル Intel HM170 チップセット搭載マザーボード
光学ドライブ なし
ウェブカメラ HD画質 WEBカメラ
サイズ 387(幅)×274.5(奥行き)×30.9(高さ) mm
重さ 約 3kg(バッテリー含む)
バッテリー時間 約5時間(リチウムイオンバッテリー)
OS Windows 10 Home インストール済み
※仕様は変更してあることもあるので、必ず公式サイトを確認してみて下さい。

今回のモデルで特筆するべき所は…M.2接続のSSD搭載という所ですね。それと一番は値段だと思います。下にある見積もりボタンから現在の価格を確認してみて下さい。因みに今回レビューしたモデルはM.2 SSDは搭載されていませんので悪しからず。

GALLERIA QSF970HE(GTX 970M搭載)の詳細・見積もり

システム用 HDD(1TB/公式ではメーカー等明記なし)の読み込み・書き込み速度の測定結果

システム用 HDD(1TB/公式ではメーカー等明記なし)の読み込み・書き込み速度の測定結果

  Read [MB/s] Write [MB/s]
Seq 105.6 105.7
512K 32.23 35.69
4K 0.373 0.802
4K
Q32
0.659 0.769

今回のレビューでは システムが M.2 SSD では無かったので、ここがかなりのボトルネックです。実際に色々と操作していてアプリケーションの起動などが体感レベルで遅く感じました。普段の私・管理人のメインPCもM.2ですし、レビューしているPCも SSD ないし M.2 SSD ですので流石にHDDわわわ…。

測定結果の数字だけでも、前回のレビューの時との落差が凄いですwもうゲーミングは最低でもSSDが必須ですね。測定には CrystalDiskMark 3.0.4 Shizuku Edition x64 を使用。

NVIDIA GeForce GTX 970M のスペック(GPU-Zで確認)

NVIDIA GeForce GTX 970M のスペック(GPU-Zで確認)

定番ソフトのGPU-Zで確認しています。これ、フト気が付いたのですが、Memory Type のとこに(Samsung)なんて出るんですね。今まで適当に見てましたw なるほどー。これ結構判断材料になるんですかね拘りユーザーの方には。ベンダーやシリーズによって採用しているGPUメモリが違うってことですよね。前回の GTX 1080 をチェックしたら(Micron…マイクロン)でした。

CPU、グラフィック、マザーボード(チップセット)、メモリーなど、主要パーツのスペック詳細をCPU-Zで確認

CPU、グラフィック、マザーボード(チップセット)、メモリーなど、主要パーツのスペック詳細をCPU-Zで確認

CPU-Zを使っています。

GALLERIA QSF970HE の外観・インターフェース・内部の様子

外観…デザイン・インターフェース(正面・側面・背面・天面・底面をチェック)

GALLERIA QSF970HE の外観

今回のモデルのデザインはTHE・ゲーミングPCって感じですね。

天板の様子。角ばっている。

モニター面を最大に開いた状態です。

天板のデザインもTHE・ゲーミングPCって雰囲気です。

シャープに入る「GALLERIA」の文字

近くで見るとこういった線が入っています。線というか素材の加工跡とでもいうのでしょうか。アルミ素材ですかね。シャーシ感がシャープでロゴもカリっと入っています。指で触れてみるとサラサラとして、指紋が付きにくいです。ゴロは少し浮き出た感じになっています。

立ち上げると浮かび上がる「GALLERIA」

因みにGALLERIA製品は、電源ボタンを押して立ち上げると最初にマザーボードメーカーのロゴなどが表示されるお馴染みの画面ではなく、このようにシンプルにGALLERIAのロゴが浮かび上がるのは結構地味にカッコイイかな~って思います。

各インターフェース(I / O)のチェック

右側面にあるインターフェース(I/O)の構成

側面のインターフェースの並びです。まずはキーボードを正面に見て「右」から。

右側面にあるインターフェース(I/O)の構成
右側面 I/O サウンド SPDIFポート(マイク入力) 1
ヘッドフォン出力 1
USB 3.0 2
Kensington Look 取り付け口 1

こちら側はすべてUSB3.0ですね。因みにこの「Kensington Look 取り付け口」というのは盗難防止用の機器を取り付けるためのものですね。ここにワイヤーなどを絡めて物理的に盗難を防ぐように措置することができます。

左側面にあるインターフェース(I/O)の構成

左側面にあるインターフェース(I/O)の構成
左側面 I/O USB 3.0 1
USB 2.0 1
カードリーダー(SD/MMD/SDXC対応) 1

左側面はかなりシンプルです。なるほどこのモデルは光学ドライブが無いんですね。

背面にあるインターフェース(I/O)の構成

背面にあるインターフェース(I/O)の構成
背面 I/O 電源入力 1
LANポート 1
VGA外部出力端子 1
HDMI出力ポート 1

+排気口が左右に付いています。この「電源の穴」と「LANポート」が背面にあるのはとても良いですね。設置しやすいし、扱いやすいです。MY GOOD DEZIGN 賞をあげたいです。

スピーカーが前面にあります

スピーカーが前面にありますね。これは珍しいタイプですね、大抵はキーボード面の上部両端にあるので。これ、意外と新鮮で良かったです。音も悪くなく、なかなか臨場感ありました。

ゲームプレイに特化したキーボード!ちょと気になるM1~M4ボタンの機能の割り当ては?

キーボードとタッチパッド

キーボードとタッチパッド(マウスパッド)です。

「W」「A」「S」「D」のキーにはゲーミングデザインがほどこされてます

まず所感としてキーボードの文字のロゴデザインがかっこいいっす。キーストロークは普通です。若干…硬い感じ?がしないでもないです。「W」「A」「S」「D」のキーにはゲーミングデザインがほどこされてますね。

M1~M4まであるキーにはそれぞれ独自の機能が割り当てられている

GALLERIA QSF970HE の特徴としてキーボード上部にこのようなボタンがあります。M1~M4まであり、それぞれに機能が割り当てられています。とりあえず一番左のボタンはキーボードバックライトの光を三段階で切り替えらボタンで、一番右は電源です。以下「M」について一覧にしてみました。

M1~M4のボタンの機能と挙動
M1 ファンの回転速度切り替え ファンの回転速度切り替え
M2 カメラ機能の ON / OFF カメラ機能の ON / OFF
M3 LEDの ON / OFF LEDの ON / OFF
M4 ディスプレイ画面の ON / OFF ディスプレイ画面の ON / OFF

夏場の暑い時など、すこぶるパソコンが頑張っちゃう感じのときは、ファンを最大にしたいところです。

LEDの赤色のパリっとした利き具合…!

しっかしこのLEDの赤色のパリっとした利き具合…!最高っすねクソかっこいいっす。感度は普通、パッドと左右のクリックボタンが独立しているタイプです。

モニター画面上部にあるWEBカメラ

モニター画面上部にあるWEBカメラです。画素数は不明。公式サイトには「HD画質 WEBカメラ」とだけ記載がありました。

Intel Core i7 と NVIDIA GEFORCE GTX ステッカー

そのほか…Intel Core i7 と NVIDIA GEFORCE GTX ステッカー。

バッテリーに繋いだ感じ。マウスは右利きなのでこっちに。左右にUSBが同数あるのは良い

バッテリーに繋いだ感じ。バッテリーはデカい。デカ目です。

内部のパーツの配置や交換などのし易さ・メンテナンス性をチェック!!

GALLERIA QSF970HE の底面

底面です。底面もデザイン良いですね。

SUBWOOFER(サブウーファー)がここに

ここにサブウーファーがあるんですね。直ぐに地面に到達して響きますね。

底面のネジを外した内部の様子

底面のネジを外して内部の様子を探ってみます。HDD、メモリなど、取り外しやすさはどうでしょうか?

メモリの取り外しは問題なし。

メモリは問題なしです。普通の場所にあって普通に取り外し交換できます。今回のレビュー時だと、Samsung の チップ規格がPC4-2133(モジュール規格PC4-17000 )1066MHz のものでした。

CPU、グラフィックカード、ヒートパイプ、冷却ファンなど

CPUとグラフィックカードはそれぞれこの位置に。熱処理は上部両端の割と大きめの排気口から排気されます。他のモデルと比較しても割りとしっかりした熱処理だと思います。左右の冷却ファンも大きいですね。冷却のヒートパイプも効率よくCPUとグラフィックカード兼となっています。

HDD、左右に分かれたバッテリー。それを覆うケース

左右のバッテリーの真ん中、カバーの下にHDDがあります。

ネジを計8本外して裸のHDDを取り出してみた。メンドー

このHDDの裸にたどり着くまでに、カバーのネジ4本、そしてHDDを固定しているネジ4本、計8本を外しました。正直面倒くさいっす。ここまでしっかり固定&保護されている安全性はかなりGOODですが、メンテナンスのし易さとしてはちょっと…です。

カバー。安全性は担保できる。

外したカバーです。プラスチックでかなり厚くしっかりしています。バッテリーもしっかり保護しますねコイツなら。

HGSTの1TBのHDD

今回のレビューでお目見えしたHGST?のHDDですが、私はドスパラPCで搭載されているのは初めて見ました。というかHGSTって初めてです。

調べたら…どうやらこのHGST(エイチ・ジー・エス・ティー)は、ウェスタン・デジタル(Western Digital Corporation)傘下のHDDやストレージ製品のメーカーだそう。おお、そんでこれは元・日立なんですねなるほど~。最近HDDに「HITACHI」ってロゴ見なくなりましたが、それでか。

以上、内部のチェックでした。ただし、今のモデルはM.2接続のスロットがあるはずですから、内部の様子は変わっている可能性がありますので悪しからず。

GeForce GTX 970M を各種ベンチークで測定した結果

ドラゴンクエスト10 ベンチマーク

ドラゴンクエスト10 ベンチマーク

ダウンロード先:http://hiroba.dqx.jp/

まずはやさしめのドラゴンクエストXのベンチマークです。

ドラクエ10ベンチマークで GeForce GTX 970M を測定した結果

ドラクエ10ベンチマークで GeForce GTX 970M を測定した結果

ベンチマーク結果(GALLERIA QSF970HE / GeForce GTX 970M)
解像度 … 1920 × 1080 pix
標準品質 最高品質
16802 16424
すごく快適 すごく快適

基本ドラクエはグラフィックがすんごい緻密じゃないので、最高品質でも標準品質でもスコアに差が出ませんね。

ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド ベンチマーク

ダウンロード先:http://jp.finalfantasyxiv.com/benchmark/download/index.html

970Mでどこまで出るでしょうか。

FF14ベンチマークで GeForce GTX 970M を測定した結果

FF14ベンチマークで GeForce GTX 970M を測定した結果

ベンチマーク結果(GALLERIA QSF970HE / GeForce GTX 970M)
解像度 … 1920 × 1080 pix / Direct 11
最高品質(ノートPC) 高品質(ノートPC) 標準品質(ノートPC)
6948 10361 13047
とても快適 非常に快適 非常に快適

おっと!ここで出ました5万円10万円運命の分かれ道!最高品質だとちょっと快適さに影が出始めるレベルですね GTX 970M。

ファンタシースター オンライン 2(PSO2)ベンチマーク

ファンタシースター オンライン 2(PSO2)ベンチマーク

ダウンロード先:http://pso2.jp/benchmark/download/

続きまして最近測定を始めましたPSO2。子供がこのデモの最後に出てくる新幹線のモンスター、トレイン・ギドランに興味深深です。

PSO2ベンチマーク(Ver.4)で GeForce GTX 970M を測定した結果

PSO2ベンチマーク(Ver.4)で GeForce GTX 970M を測定した結果

ベンチマーク結果(GALLERIA QSF970HE / GeForce GTX 970M)
解像度 … 1920 × 1080 pix
テクスチャ品質 シェーダ―品質 テクスチャ品質 シェーダ―品質
高解像度 高品質 標準 標準
25808 27934

前回の GTX 1080 と比較するとかなり低い数字ですが、ベンチマーク中にグラフィックを見る限り超ヌルヌルしてましたので、問題無しかと思われます。

モンスターハンター フロンティア(MHF)ベンチマーク

モンスターハンター フロンティア(MHF)ベンチマーク

ダウンロード先:http://cog-members.mhf-g.jp/community/benchmark/

最後にモンハン(MHF)のベンチマークです。

MHFベンチマークで GeForce GTX 970M を測定した結果

MHFベンチマークで GeForce GTX 970M を測定した結果

ベンチマーク結果(GALLERIA QSF970HE / GeForce GTX 970M)
解像度 … 1920 × 1080 pix
14172

今回は無事1920×1080で測定しましたが、測定結果の画面キャプチャに失敗してしまい、設定解像度の部分が切れてしまいました…。

という事で、ここからは恒例の公式サイトのお力のコーナーです。ドスパラ公式サイトではしっかりとベンチマーク測定をしています私がやる意義を見失うほどに。

3DMark 11Final Fantasy XIV 新生エオルゼアファンタシースターオンライン2 キャラクタークリエイト体験版 ver.2.0、モンスターハンターフロンティアベンチマーク【大討伐】、PC Mark 8 - Creative、などがあります。

GALLERIA QSF970HE のレビューまとめ・どんな人向け?

冒頭でも言いましたが、今巷を賑わせているのはご存知 GTX 1000番台シリーズです。ゲーミングPCでおすすめのグラボは?という質問に答えるのであれば、それはやはり『GTX 1080(M)でしょ!』って言います。

つまり今回のモデルの買いポイントはずばり予算という事ですね。GTX 1080 とかが搭載されると、やっぱり20万を超えてきます。ですからリアルに、

予算的に20万オーバーは無理。でもヌルヌルしたい!!

という「ちょっとわがままバランス要望」でゲーミングノートを考えている人に、このモデルはぴったりなのだと思います。きっとそういう人が多く居るので現在ゲーミングノートのランキング2位に居るのかな?と思っています。

あとVRの話ですが、VRを快適に動かすための推奨グラフィックボード(カード)の最低ラインが巷の情報ですとデスクトップ用グラボでは 970番という声がありますが、970「M」だと厳しいと思います。

ちょっと情報ソースはアレですが、海外の掲示板で見つけたココ(Running an Oculus Rift on a GTX 970m GPU)とかだと、Oculus Rift のレディー環境の話で、970Mは、デスクトップの GTX 750 ~ 780 あたりの手応えという感じのようですね。最も、動くことは動く、という話も出てますが、今後の展開も見ると、VR用として購入を考えるのはおすすめできません。

後は最近出た GTX 1060 との絡みでしょうか。値段的には1060 とあまり変わらないので、そこと比較したほうが良いと感じます。

以上 GALLERIA QSF970HE のレビューを終わります。

かなり価格が落ち着いてきた今が買い時と判断するか否か!!ですねー☆
GALLERIA QSF970HE(GTX 970M搭載)の詳細・見積もり
GALLERIA ZG 15,000円引き
ボーナスセール ハイエンドゲーミングPC が最大 20,000円引き

もっと知りたいガレリア