ドスパラトラノマキ

ドスパラ 大特価市

Critea VF-HE11-F7 レビュー

Critea VF-HE11-F7 レビュー 7万円台のノートPCもここまで来たか!!

Critea VF-HE11-F7 レビュー 7万円台のノートPCもここまで来たか!!

Critea VF-HE11-F7 - クリティア VF-HE11-F7 の基本スペック

ドスパラ公式サイトで確認:性能から選ぶ14・15インチノートパソコン

今回のレビューは、ゲームPCではなく、通常のノートパソコンから新発売的な Critea VF-HE11-F7 というモデルになります。GALLERIA シリーズではなく、Deginnos(デジノス)ブランドですね。ノートパソコンで最も需要のある15.6インチ型です。

ほいじゃあレビューいってみまっす!

Critea VF-HE11-F7 Critea VF-HE11-F7 - クリティア VF-HE11-F7
レビュー日 2016年 10月 24日(月)
CPU Intel Core i7-6500U
(デュアルコア/HT対応/定格2.50GHz/TB時最大3.10GHz/L3キャッシュ4MB)
液晶 15.6インチ非光沢液晶
(1920px × 1080px)
グラフィック インテル HDグラフィックス520 (CPU内蔵)
メモリ 【4GBから無料アップグレード中】
8GB DDR3L SO-DIMM (PC3-12800/4GBx2/デュアルチャネル)
HDD 【無料アップグレード中】
1TB HDD (5400rpm)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
マザーボード モバイル Intel 100シリーズ チップセット搭載マザーボード
有線LAN 10BASE-T, 100BASE-TX, 1000BASE-T LAN
無線LAN Intel Wireless-AC 3165 (IEEE802.11 ac/a/b/g/n )
Bluetooth Bluetooth 4.2
サイズ 386(幅)×258(奥行き)×23(高さ) mm
重量 2.1kg (バッテリー含む)
バッテリー リチウムイオンバッテリー (約4.9時間)
OS Windows 10 Home インストール済み
プレゼント 【4GBから無料アップグレード中】【HDD無料アップグレード中】
※仕様は変更してあることもあるので、必ず公式サイトを確認してみて下さい。
Critea VF-HE11-F7 の詳細・見積もりページへ

上記スペック表でメーカー・ブランド名が未記載のものは、その時その時のタイミングで採用するメーカーが違ってくるので明記していません。

Critea VF-HE11-F7 の デザイン・機能・特徴など

Critea VF-HE11-F7 のシンプル&スリムなデザイン・インターフェースなど

とてもシンプルなデザインのCritea VF-HE11-F7

(※…マウスは付属のものではありません。)とてもシンプルなデザインです。シルバーと黒でシックなたたずまいですね。

最大限の開き(Critea VF-HE11-F7)

目いっぱい開いた状態です。

シンプルなデザインが一番体現されている(Critea VF-HE11-F7)

天板です。こちらもとてもシンプルですね。Diginnos(デジノス)のロゴが端っこにこっそり入っています。たまにメーカー・ブランドのデフォルトのデザインで派手派手しくて、喫茶店とかで開くのが若干恥ずかしいものもありますが、これは全く問題ありませんw

左側面のインターフェース群(Critea VF-HE11-F7)

(向かって)左側面のインターフェース群です。電源ケーブルの差し込み口の位置は良いですね。しっかり邪魔にならないような位置にあります。

左側面にあるインターフェース(I/O)構成
左面 I/O 映像出力 D-Sub 15 x1 1
HDMI 1.4 1
USB 3.0 2

HDMI、D-Sub は排他使用なので、他と同時に使えません。

右側面(Critea VF-HE11-F7)

反対は向かって右側面です。ちょっと寂し気ですね。

右側面にあるインターフェース(I/O)構成
右面 I/O マイク入力・ヘッドフォン出力 共用端子 1
USB 2.0 1
光学ドライブ 1

音声関連は端子1つでまかないます。

アクセスランプとSDカードリーダー(SDXC対応)

正面の左にはアクセスランプとSDカードリーダー(SDXC対応)があります。

SSDを差し込んだ状態

差し込んだ状態です。しっかり奥まで入り、カチッという音で差し込み完了です。

キーボード・タッチパッド・液晶画面など

左上の電源ボタン

電源ボタンです。写真では飛んでしまっていますが、電源ONの最中は光っています。

キーボード

キーボードです。キーのフォントがちょっとおしゃれです。

ごくごく普通の打鍵感とキーストローク

キーストロークはノートPCですし浅いですね、打鍵感も特に違和感なく普通ですね。

タッチパッド

タッチパッドの感度も問題ありません。下のボタンはカクッ、カクッ、と、少し固めかな?と感じました。

Critea VF-HE11-F7 の内部。パーツの配置や交換などのし易さ・メンテナンス性・拡張性などをチェック!!

Critea VF-HE11-F7 の底面

底面から内部にアクセスしてみましょう。上の方にはバッテリーがあります。下の部分を見ると、どうやら4つネジを外せば下部だけ開くようになってますね。早速ドライバーで開けてみます。

この配列・設計は素晴らしいです

おお!これはナイスな構造になってます!今までレビューしてきたのは、天面を全て外すことが多かったのですが、Critea VF-HE11-F7 の場合、この下の板を外すだけで、HDD、SSD、メモリの全てにアクセスできます。これは超便利!扱いやすいです。

メモリスロット

メモリも大体は二枚が重なって搭載されている事が多いのですが、Critea VF-HE11-F7 だと一枚づつなので取り外しや交換もやり易いですね。いやーこれは良いです。

ハードディスク

HDDは4箇所のネジで固定されています。交換等の際はここを外します。

AHCI接続のM.2 SSD

M.2 SSDは、AHCI接続です。こちらはネジひとつです。

Critea VF-HE11-F7 はこんな人におすすめします

久しぶりにゲーミングノート以外のノート、しかも10万円を大幅に切ってくるモデルをレビューしてみたのですが、当たり前?のようにデュアルストレージで、しかも、片方はM.2接続のSSDを搭載できるようになっているのには、スピーディーな進化を感じました。

もう一般的な用途であれば、こういったスリム型のノートで場所も取らず重くなく、気軽に扱えるものが低予算で手に入る時代なんですね。他のレビューサイトでベンチマークもしていましたが、ドラクエあたりなら低品質設定で頑張ればイケるんじゃない?という感じでした。

Core i7でフルHD液晶(1920×1080 pix)を搭載して、ストレージは2台搭載。それでいて7万円台(税抜)。今ならメモリもHDDも無料でアップグレード可!これは超コストパフォーマンス高いと思います。

家に一台しっかり動いてくれる、でもスペース的に邪魔にならないパソコンをリーズナブル価格で求めている方

このような方は沢山居るかとおもいますが、一度チェックしてみる価値はあるのかな?と素直に感じたノートPCでした。今はスマホでなんでも出来ちゃいますが、PCの画面でしかできない事もあると思いますので。

以上、Critea VF-HE11-F7 のレビューを終わります。

無難なシンプルデザイン&用途でリーズナブルなノートPCが欲しい人!!
Critea VF-HE11-F7 の詳細・見積もりページへ
ゲームPCが最大80,000円引き!!
ドスパラ 大特価市