ドスパラトラノマキ

GALLERIA XF が今アツい!!!!
5%還元セール

GALLERIA Gaming Keyboard 評価

標準の GALLERIA Gaming Keyboard は使えるキーボードか評価

標準搭載 GALLERIA Gaming Keyboard は使えるキーボードか評価

)公開

    詳しいスペック・仕様

    2015年10月16日から、ドスパラでは「GALLERIA」のデスクトップPCの全モデルに、これまでの標準付属のキーボードをアップグレードさせた GALLERIA Gaming Keyboard(ガレリア ゲーミング キーボード)という、ゲームタイトル向けのキーボードを標準で付属することになりました。

    さらに、現在は標準カスタマイズで選択するようになり、カスタマイズにおいては約2,000円程度の価格が付くシロモノになっています。

    GALLERIA Gaming Keyboard(ガレリア ゲーミング キーボード)

    これです。ガレリア ゲーミング キーボード。一見すると普通のキーボードにしか見えませんね。どのあたりがゲーミング仕様なのか?解説してみたいと思います。まずはスペックを。

    GALLERIA Gaming Keyboard の仕様・スペック

    GALLERIA Gaming Keyboard の仕様・スペック
    GALLERIA Gaming Keyboard
    インターフェース PS/2接続、USB接続 PS/2 または USB
    キー入力方式 メンブレン方式
    押下圧 50g ±10g
    キーストローク 4.0mm ±0.3mm
    キーピッチ 19mm
    キーの耐久性 約1,000万回
    本体サイズ
    (※突起部含まず)
    [幅] 441mm × [奥行] 136mm × [高さ] 27.5mm
    本体重量
    (スチールプレート含む)
    730g

    とりあえず打鍵感は「まあまあ」というのが正直なところ

    打鍵感は正直に言いまして安物感を少し感じてしまいますね。メンブレン方式ですので、ここはもう無料で付いてくるから…という所で納得するしかないと思います。

    耐久性は検証できていませんが…、安定した入力感はあります。これは私が現在使っているゲーミングキーボードである Razer Blackwidow Chroma 2014JP と比較しての話ですから、あくまで相対的なものです。

    あくまでゲーミングキーボードとしての評価をしていますので、若干の辛口マンになっております。悪しからず。

    因みにキー打感の安定感以外での安定感で言いますと、指先に力が入ってキーボードがたわんでしまったり、力んでキーボードをググッとずらしてしまったりしないように、内部に SSSP(Super Stability Steel Plate)という鋼のプレートを内臓しています。

    シンプルですが色々と試行錯誤していると思います。

    細部の写真ギャラリー

    GALLERIA Gaming Keyboard のキー配列

    デザインは至ってシンプル。

    GALLERIA のロゴ

    唯一の主張はこの「GALLERIA」のロゴです。

    Mode切替ボタン

    右上にはモード切替ボタンがあります。後ほど解説します。

    キーピッチは19mm

    キーピッチは19mmと一般的なゆとりがあります。

    GALLERIA Gaming Keyboard 真横から

    ピッタリ真横から見た感じです。

    底面には折り畳みの足が

    底面にある足を出せば、

    GALLERIA Gaming Keyboard 傾斜大の状態

    この程度傾斜を強める事ができます。

    GALLERIA Gaming Keyboard 底面

    底面もシンプル。

    GALLERIA KEYBOARD GK-6260

    GALLERIA KEYBOARD GK-6260 とあります。Gamming Keyboard - 6260 という意味でしょうか。

    機能・特徴・良さ

    特定の部分だけど複数のキー同時入力に対応している

    PS2接続なら白枠の24個のキー 全部が同時入力に対応するよっ!!

    キーボードでのゲームプレイにおいての対応です。↑上の図で白枠で囲ったキーについて、USB接続だと白枠内のキーから最大13個のキーの同時入力に対応しています。そして、PS2接続の場合は白枠内の24個すべてのキーの同時入力に対応してくれます。

    PS2接続 白枠内から最大13キーの同時入力対応
    USB接続 白枠内の24全てのキーの同時入力対応

    キーボードメインでゲームする場合に役に立つ機能ですね。移動や武器、視点切り替えの時によく使う左側で20キーの範囲&矢印キーの同時押し(Nキーロールオーバー)対応です。

    現状、一般的な付属キーボードの場合、ここまでの数のキーは同時入力に対応していないので、大きな特徴ですね。

    プランジャー搭載で耐久性を向上させている

    プランジャー搭載で耐久性を向上

    GALLERIA Gaming Keyboard ではひとつひとつのキー内部にプランジャーを搭載しています。 プランジャーによって、どの位置からでもしっかり安定した確実な入力がし易くなっていいるそうです。なるほど実際キー入力と反応については安定感があるかもしれません。

    因みに安定性の話をもう一つすると、磨耗に強い材質を採用しているそうで、メンブレン方式ながらも1,000万回以上という優れた耐久性を持っているという事です。

    3パターンのモード切替ボタンで連射設定が可能

    3パターンのモード切替ボタン

    この右上にある「Mode」ボタンを押す度に機能が切り替わります。

    キーを押したままにすれば、入力リピートになります。つまり連射(弾幕)が可能という事です。回数は1秒間に50回連射と1秒間に120回連射があります。

    ただしこれはPS/2接続時だけ使える機能なので、さっき紹介した同時入力機能の事もありますし、GALLERIA Gaming Keyboard を使う場合はPS/2接続必須感あります。

    ゲーミングモード キーリピート50 キーリピート120
    ゲーミングモード キーリピート50 キーリピート120
    USB接続 or PS/2接続 PS/2接続
    Windows Key
    アプリケーションキー無効化
    ゲーミングモード機能 +
    キーリピート約50回/秒
    ゲーミングモード機能 +
    キーリピート約120回/秒

    ここまでのキーボードのスペックとか各種用語についてよく解らない…という方はキーボードについて詳しく解りやすくまとめたページがあるのでどうぞ。↓

    んで、使える?使えない?

    実際に使ってみた感想としては、正直なところ「最終的に良質なゲーミングキーボードを購入するまでの繋ぎ」かなーと思います。ただし、難易度軽めのゲームタイトルによってはこのキーボードで問題なくイケます。がっつりチャットする場合や激しめのMMOとかだと厳しいですね。

    矢印キーを我が子のように扱えるのであれば、連射機能がありますから、そこそこのシューティングだっていけるかも?と思います。当然ながらがっつり系だと、コントローラーに移行するべしですが…。

    ということで、正直な感想としては

    無料で付属してくるキーボードなのにここまでの機能は嬉しい!! やりようによっては全然使えるかも!?

    という感じです。

    ただし、このキーボードの後にそこそこのゲーミングキーボードを購入したら、やっぱりコレには戻れませんよね。それ位本格派のゲーミングキーボードは凄いです。

    とりあえず安価でここまでの性能・機能を実現している事に感謝×10
    5%還元セール
    GALLERIA XF が今アツい!!!!

    もっと知りたいガレリア