ドスパラトラノマキ

決算売り尽しセール

GALLERIA ZV 評価・レビュー

ゲーミングPC人気No.1 GALLERIA ZV のレビューと評価。話題のPUBGで快適さの検証!!

ゲーミングPC人気No.1 GALLERIA ZV のレビューと評価。話題のPUBGで快適さの検証!!

(月)更新

基本スペック・仕様・サイズ

人気ゲーミングPCランキング第1位になった「GALLERIA ZV」

Intel の第8世代 プロセッサーが発売された直後から、ゲーミングPCカテゴリでは Intel Core i7-8700K × GTX 1000番台でランキングが占められていますが、その中で一番人気は GTX 1070Ti という状況です。

最近の e-sports の過熱ぶりや、新しいタイトル群の要求スペックにつられて、ゲーミングPCの需要はハイスペック志向を巻き込み、それをリアルに反映しているように感じます。ゲーミングPCの単価は上がるばかりでユーザーにとってはちょっと恐ろしい話です。

GTX 1070Ti が1位ってのは結構凄いことですよね。最近のどこかのニュースでは中学生・高校生にもゲーミングPC需要があるようで、ねだられている親は大変でしょうw 『えっ!?高っ!』ってなります確実に。

そいうったことを反映してドスパラさんでは48回分割手数料無料みたいな施策をしているのでしょうか。

最近私も遅ればせながらPUBGやってるんですが、まあハイスペック志向になる気持ちはかなり分かります。ドスパラランキングを深読みすれば、本当は 1080Ti が欲しいけど、価格が抜けて高いのでコスパ重視で 1070Ti しようかな、という所なのかな?と思います。リアルです。

早速レビュー行ってみましょう。1080Ti 搭載の GALLERIA ZZ との比較もしています。

GALLERIA ZV 標準スペック・仕様・サイズ
グラボ NVIDIA GeForce GTX1070Ti 8GB
CPU Intel Core i7-8700K
(6コア, 定格 3.70GHz, ターボ・ブースト時最大 4.70GHz, 12MB L3 キャッシュ, インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
メモリ 8GB PC4-21300(DDR4 SDRAM, 8GBx1)
SSD 500GB SSD【無料アップグレード中】
HDD 1TB SATA 6Gb/s 接続(SATA Ⅲ)
マザーボード Intel Z370 チップセット搭載 ATX マザーボード
電源 DELTA 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-500EB D)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(SATA接続)
サイズ 207(幅)x520.7(奥行き)x450.2(高さ)mm
重量 約 13.9 kg
OS Windows 10 Home インストール済み
キーボード GALLERIA Gaming Keyboard(USB接続)
マウス GALLERIA レーザーマウス(5ボタン,マッドブラック,USB接続)
※仕様は変更してあることもあるので、必ず公式サイトを確認してみて下さい。
GALLERIA ZV(GeForce GTX 1070Ti 8GB)搭載モデルの見積もり・詳細

第8世代 Core i シリーズはまだ「出たて」なので、おそらくその影響で値引きや無料アップグレードなどのお得感はちょっぴり薄いです。メモリとHDDは容量が少なめかもしれません。のちほど推奨カスタマイズで解説したいと思います。

あと、8GBの構成が4GB×2ではなくて8GB×1というのもちょっとチェックですね。

ゲーミング性能に関するベンチマーク測定結果

人気タイトル・定番ベンチマークソフトのスコア

ドラゴンクエストⅩ
ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 21423 すごく快適
ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター
ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター ベンチマーク 最高品質 14712 非常に快適
高品質 15335 非常に快適
標準品質 18801 非常に快適
ドラゴンズドグマオンライン
ドラゴンズドグマオンラインベンチマーク 最高品質 13302 とても快適
ファンタシースターオンライン2 EP4
ファンタシースターオンライン2 EP4 ベンチマーク 設定 6 081127 快適に動作
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) ベンチマーク - 44520 -
バイオハザード6
バイオハザード6ベンチマーク - 24818 RANK S
GeForce GTX 1070Ti 8GB/ Intel Core i7-8700K
(全ソフト共通 … 解像度 1920 × 1080 pix / フルスクリーン)

だいぶ凄いスコア出てますね。ただ、前回の GALLERIA ZZ(GTX 1080Ti)の衝撃があるので、あまり驚きが少ないですが、それでも凄いスコアです。両者の比較は後ほど。

3DMARK(TIME SPY・FIRE STRIKE)

TIME SPY 1.0
GeForce GTX 1070Ti 8GB/ Intel Core i7-8700K
TIME SPY 1.0 SCORE 6642
Graphics Score 6955
CPU Score 5992
上位15%の性能
FIRE STRIKE 1.1
GeForce GTX 1070Ti 8GB/ Intel Core i7-8700K
FIRE STRIKE 1.1 SCORE 17686
Graphics Score 20032
Physics Score 18441
Combined Score 8897
GALLERIA ZVは上位6%の性能

TimeSpy、そしてゲーミング性能の指標として最もメジャーな FireStrikeでは 4K解像度でもプレイできるレベルに迫っています。どちらもあと数十ポイント。何度か測定すれば「4KgamingPC」に達することもあると思うので、4Kモニタでの快適なプレイも可能でしょう。

それとも、ここが壁で、何度やっても絶対いかなかったりするものなのでしょうか。何度かベンチやって検証すれば良かった…。

VRMARK

VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0
GeForce GTX 1070Ti 8GB/ Intel Core i7-8700K
VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 SCORE 10046
Average frame rate 218.01 fps
Target frame rate 109.00 fps
GALLERIA ZVは上位11%の性能(VR性能)

VR性能もあとちょっとで最上位クラスの「Premium high-end PC」のところ…。うーむ。まるで測ったようにあとちょっと。やっぱり1070Tiの壁みたいなものが存在するのでしょうか。気になる~。

基本的な処理能力に関するベンチマーク測定結果

CPU-Z(Intel Core i7-8700K)

CPU-Z ベンチマーク結果「Core i7-8700K」

CPU-Z ベンチマーク結果
CPU シングルスレッド 529.7
CPU マルチスレッド 3812.0

比較には Core i7-7700K。これまで1位だった GALLERIA XF は Core i7-7700Kでした。

CINEBENCH R15(Intel Core i7-8700K)

CINEBENCH R15 で Core i7-8700Kと、GeForce GTX 1070Ti を測定

CINEBENCH R15結果
CPU 1441 cb
OpenGL 159.63 fps

SINEBENCH だと GTX 1070Ti の方がスコア出ましたね。やっぱり何度か測定して平均値を出したいところですが、いかんせん面倒っす。

PCMARK 10

PCMARK 10 の測定結果
GeForce GTX 1070Ti 8B/ Intel Core i7-8700K
PCMARK 10 SCORE 6259
Essentials 9055
Productivity 8561
Digital Content Creation 8499
GALLERIA ZV は上位5%の性能

タスク系の性能も文句なしです。上位5%に入る性能です。

CrystalDiskMark 6.0.0 Shizuku Edition x64(SSD・HDD)

SSD(500GB)
crucial MX300 CT525MX300SSD1 ベンチマーク結果
crucial MX300 CT525MX300SSD1 ベンチマーク結果
crucial MX300 CT525MX300SSD1の読み書きをCrystalDiskMarkで
  Read [MB/s] Write [MB/s]
Seq Q32T1 530.4 502.0
4KiB Q8T8 369.4 340.6
4KiB Q32T1 366.5 336.8
4KiB Q1T1 30.40 130.8
HDD(3TB)
TOSHIBA DT01ACA100 ベンチマーク結果
TOSHIBA DT01ACA100 ベンチマーク結果
TOSHIBA DT01ACA100の読み書き速度CrystalDiskMarkで
  Read [MB/s] Write [MB/s]
Seq Q32T1 199.1 186.4
4KiB Q8T8 1.304 1.449
4KiB Q32T1 1.361 0.850
4KiB Q1T1 0.623 0.362

最近おなじみのコンボ。SSDがクルーシャル製、HDDが東芝製でした。

マザーボード、電源ユニット、グラフィックボードなど、ケース内部のパーツをチェック

GALLERIA ZV の I/O・内部の様子

GALLERIA ZV のPC内部の様子とパーツの構成をチェックしていきます。黒を基調とした落ち着いた雰囲気です。ゲーミングPC感あり。配線も普通。ただ、上部のケースファンの電源は下部から取らざるを得ないとはいえ、少し邪魔というか美しさに欠けます。裏を通せればGOODですが。

ストレージは、2段目にHDD、4段目にSSD、ここは空きが3つ。さらに上にも4つあります。一番上は光学ドライブです。

右側面からストレージの配線を見る。

反対側のストレージの配線です。SATAはL字型のラッチありタイプです。線部分はSSDとHDDで違いますね。たまたまでしょうか。

CPUクーラー

GALLERIA ZV のCPUクーラー(静音パックまんぞくコース)

ドスパラ独自の「静音パックまんぞくコース (高性能CPUファンで静音化&冷却能力アップ)」という構成が標準で搭載されています。大型ヒートシンクで冷却するタイプです。+5,000円で簡易水冷を搭載する「水冷パック」のカスタマイズも可能です。

電源ユニット

電源ユニットはDELTA製の 500W、80PLUS BRONZE

電源ユニットは DELTA製の 500W、80PLUS BRONZE が積んでありました。12V系統は2つ。22A(264W)の MAXが 498W です。ちなみに GTX 1070Ti の TDP は 180W です。一応SLIも可能な系統Wを持っています。

マザーボード(ATX/Intel Z370 チップセット)

ASRock Z370 Pro4(Intel Z370 チップセット)

マザーボードは ASRock Z370 Pro4 でした。GALLERIA ZZ と同様です。

ASRock Z370 Pro4 のバックパネル

ASRock Z370 Pro4 のバックパネルインターフェースの構成
PS2端子 マウス/キーボード 1
USB 3.0 Type A/Type C 5/1
映像出力 HDMI 1
DVI 1
DisplayPort 1
LAN - 1
オーディオ マイク入力 1
ライン入力 1
ライン出力(ステレオミニプラグ) 1

個人的には、USBがもう2つ位欲しいですね。ゲーミングキーボードだとUSB端子を2つ使う場合もありますし、そこにプリンター、外付けHDD幾つか、その他ちょこちょこと接続する事もあると思うので。ゲーミング仕様のマザーだとType-Cも含めて7つあったりして、重宝します。ただ、価格の事を考えると贅沢な要望です。これで十分ですね。

グラフィックボード

PaLit GeForce GTX 1070Ti

今回はドスパラ御用達のPaLitでした。大型ファンが2基搭載。こちら側に見せるデザインは非常に簡素なので派手に光らせたい人や光のカスタマイズをしたい人には不向きなモデルとなります。

補助電源は 8pin

補助電源は 8pin のみ。

DVI-D、HDMI がひとつと、DisplayPort が3つ

接続は、DVI-D、HDMI がひとつと、DisplayPort が3つです。背面のデザインはおなじみハニカムブラケットです。このポート構成、個人的には一番バランスが良いと思っています。まだDVIはあっても良いと思っている派です。しっかり噛むので。

PUBGやるなら推奨カスタマイズはメモリ!! 推奨というか必須かも!!

GALLERIA ZV推奨カスタマイズは電源ユニットだけど…?

GALLERIA ZV は標準でメモリが8GBです。しかし、これだとここ最近のゲームタイトルを動かすのにはかなり不安な容量です。スペックを確認すると、GALLERIA ZV は8GBの1枚構成なんですね。もはやカスタマイズ用にスロットを空けているような空気感ですから、ここはメモリの増量を推奨します。

最近メモリ値上がりして辛いんですが…。

メモリは今後のことを考えて8GB⇒16GBにしておくべし!PUBGやるなら必須カスタマイズ!!

GALLERIA ZV では是非メモリを増量してほしい!

メモリは「16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル) +12,000円(+税) 」が推奨ですっていうか、例えば目下大人気のPUBGやるなら必須です。

最近私もPUBGハマってて、ちょっとメモリの消費量を測定してみたんですが、

普通に7GBを超えてます…!! 8GBを超えてくる時も多々ありました。と言っても、これは設定が「ウルトラ」の時で、「高」や「中」でプレイすれば5GBとかで済みます。

が!ゲームやるなら実況とかその他色々とブラウジングしたりチャットしたりしたいですから、ウルトラでは無くても余裕のあるメモリ容量の確保は必須だと思います。なのでメモリは

8GB⇒16GBは必須

なのかな~と思います。ただ…しつこいですが今メモリめっちゃ高くなってるんですね…8GB1枚で13,000円…。キツイっすね。

ですから、例えば『自分はドラクエしかやらない!』『マイクラしかやらない!』『テクスチャとかクオリティには拘らない!』という場合は、まず8GBで様子見でも最悪OKではないでしょうか。様子を見て後から増設すれば良いですからね。

あと言い忘れましたが、PUBGをガチでやる場合ってウルトラ設定が良いと思います。高とか中だと室内の武器探しとか、ちょっと視界が暗くなってやりにくいですね。

最高に有利な環境にしたい場合はウルトラがおすすめです。

GALLERIA ZV と GALLERIA ZZ を比較!! GTX 1070Ti と GTX 1080Ti の性能差は?

前回、GeForce GTX 1080Ti × Core i7-8700K の GALLERIA ZZ でベンチマークを測定しましたが、良い比較対象なので、今回の GALLERIA ZV とベンチマークスコアが比較できる表を作ってみました。

測定環境(CPU・グラフィックボード)
  旧 GALLERIA ZZ
GALLERIA ZV
新 GALLERIA ZZ
GALLERIA ZZ
グラボ ASUS GeForce GTX 1070 DUAL-GTX1070-O8G
PaLit GeForce GTX 1070Ti 8G
Palit GeFoece GTX 1070 Dual
GAINWARD GeForce GTX 1080Ti 11GB
CPU Core i7-8700K
ベンチマークスコア
(全ソフト解像度は 1920 × 1080 pix)
ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 21423 22164
ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター ベンチマーク 設定6 14712 18594
設定6 15335 18811
設定6 18801 22254
ファンタシースターオンライン2 EP4 ベンチマーク 設定6 081127 082523
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) ベンチマーク 大討伐 44520 64998
バイオハザード6ベンチマーク Direct 9.0c 24818 28705
ドラゴンズドグマオンラインベンチマーク 最高品質 13302 15184
3DMARKベンチマーク Time Spy 1.0 6642 9082
Fire Strike 1.1 17686 22359
※スコアが高い方を赤字にしています。

という感じで GTX 1080Ti 強いっすねやっぱり。

ドラクエやPSO2あたりしかやらないというのであれば全然 GTX 1070Ti というか1000番台以下、900番台とかでも全然問題ないですが、PUGBや黒い砂漠などを設定マックスで快適に没頭したいのであれば、GTX 1070Ti と 1080Ti を天秤にかけるべきだと思います。

そして当然推奨は1080Tiということですね。確実に差が出てきます。特にPUBGなどの刹那のタイミングが要求されるゲームではこの差が明暗を分けるでしょう!

最も、その明暗を認識できる腕前になるのが先ですがw

セーフティサービスモデルは「買い」か?

セーフティサービスモデルは「買い」か?

GALLERIA ZV にはセーフティーサービスモデルというのがあります。ゲーミングPCはグラボやCPUが高額になりがちなので、万が一の時の修理代がかなり高くついてしまうということで、保険として設けられているのがセーブティーサービスモデルです。

一人一台限り本体価格が安く購入出来る替わりに、その条件として一定期間保障サービスに加入してくださいよっていうものなんです。ドスパラの新しい試みとして結構需要があるようです。人気モデルには結構あります、このセーフティーサービスモデル。

これ、基本的にはメリットしかないのですが、疑っている人も居るのでちょっと解りやすく比較してみます。

セーフティサービスモデル(お一人様一台限まで)と通常モデルとの比較
 
GALLERIA ZV
セーフティモデル
GALLERIA ZV
  GALLERIA ZV セーフティモデル
お一人様一台までのやつ
GALLERIA ZV 通常のやつ
通常モデル
価格(税別) 174,980円 179,980円
送料 無料 2,160円(税込)
ドスパラ会員P 1,890p 1,944p
PS会員P 5,660p 5,822p
保証 月額680円/980円/1,580円 なし
縛り期間 12ヶ月 -
※2017年12月のドスパラ公式サイト情報を元に作成しています。

まずは通常のモデルよりも5,000円安く購入できるとい事と、2,160円の送料が無料です。その変わり保証サービスに加入しますが、縛り期間が1年です。最低金額は月額680円。グラボやCPUがすぐお釈迦になる事は非常に稀ですが、浮いた金額をそのまま充てるという感覚なら良しだと思います。

GTX 1070Ti とか、安くても単体で60,000円近くとかしますし。セーフティーサービスモデルは、高額パーツを搭載しているほど買い得になるかと思うのでお買い得感かなりあります。

保証は月額で680円の「納得プラン」、980円の「満足プラン 」、1,580円の「とことん満足プラン」の3コースが用意されてますが、それぞれ×12ヶ月して本体の金額と合算してみましょう。

 
GALLERIA ZV
セーフティモデル
GALLERIA ZV
  GALLERIA ZV セーフティモデル
お一人様一台までのやつ
GALLERIA ZV 通常のやつ
通常モデル
価格(税別) 174,980円 179,980円
納得プランで合算
(月額680円~)
183,140円  
納得プランで合算
(月額980円~)
186,740円
納得プランで合算
(月額1,580円~)
193,940円
※2017年12月のドスパラ公式サイト情報を元に作成しています。

納得プランで購入した場合と、通常モデルを購入した場合、送料も含めて考えますと、

183,140円 vs 182,140円

という事で、その差はわずか1,000円です。という事からも、

GALLERIA ZV のセーフティーモデルは絶対買い

です。おひとり様一台っていうのは、普通にメリットしかないことの現れですね。

GALLERIA ZV は可能ならセーフティーモデルで買い!! 絶対×10お得!!
GALLERIA ZV(GeForce GTX 1070Ti 8GB)搭載モデルの見積もり・詳細
ゲーミングPCが最大80,000円引き!!
決算売り尽しセール

もっと知りたいガレリア