ドスパラトラノマキ

ゴールデンウィークセール

GALLERIA ZJ 8700 評価・レビュー

GALLERIA ZJ 8700 レビューと評価。予算15万円くらいのリーズナブルゲームPC!!

GALLERIA ZJ 8700 レビューと評価。予算15万円くらいのリーズナブルゲームPC!!

(金)更新

基本スペック・仕様・サイズ

GALLERIA ZJ 8700 は Zシリーズの中でもちょっと中途半端?なポジションな気がする。

※この公式サイトのキャプチャは2018年2月時点のものです。

今回はドスパラ公式サイトの、ちょうどランキング変動&NEWモデルの登場という入れ替え戦の最中にレビューする事になりました。GALLERIA ZJ 8700です。この前までは2位にランクしていたのですが、現時点ではその座を明け渡すカタチとなっています。

レビューというかスペックをチェックした結論から言いますと、現在2位のGALLERIA ZT 8700 を完全におすすめするワケなのですが…。ちょっと中途半端なポジションに甘んじてしまった感はありすね。

ですから、現時点で2位の、しかも(割引価格を含めると)価格がほぼ同じである GALLERIA ZT 8700 をレビューしているつもりで「も」チェックして頂けると幸いです。

GALLERIA ZJ 標準スペック・仕様・サイズ
グラボ NVIDIA GeForce GTX1060 3GB
CPU Intel Core i7-8700
(6コア/HT対応/定格3.20GHz/TB時最大4.60GHz/L3キャッシュ12MB)
メモリ 8GB PC4-21300
(DDR4 SDRAM, 8GBx1、最大64GB)
SSD 240GB SSD
HDD 1TB SATA 6Gb/s 接続(SATA Ⅲ)
マザーボード Intel Z370 チップセット搭載 マイクロATX マザーボード
電源 DELTA 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-500EB D)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(SATA接続)
サイズ 207(幅)x520.7(奥行き)x450.2(高さ)mm
重量 約 13.9 kg
OS Windows 10 Home インストール済み
キーボード GALLERIA Gaming Keyboard(USB接続)
マウス GALLERIA レーザーマウス(5ボタン,マッドブラック,USB接続)
※仕様は変更してあることもあるので、必ず公式サイトを確認してみて下さい。
GALLERIA ZJ(Core i7 8700 × GeForce GTX 1060 3GB)の詳細はこちら

チェックポイントは、Core i7-8700K ではなくて8700、GeForce GTX 1060 6GB ではなく3GBというトコロになります。

8700 と 8700K の大きな違いはクロック周波数とTDPでしょうか。

プロセッサー・ナンバー i7-8700 i7-8700K
ベースクロック 3.20 GHz 3.70 GHz
ターボ・ブースト時 4.70 GHz 4.60 GHz
TDP 65 W 95 W

そして、GTX 1060 3GB と 6GB は単純にGPUメモリの容量の違いだけではなく、

型番 GTX 1060 3GB GTX 1060 6GB
シェーダーユニット数 1152 1280
演算ユニット数 9 10
理論性能 3935 GFLOPS 4375 GFLOPS

のような違いがあります。ですから、

  GALLERIA ZJ 8700GALLERIA ZJ 8700 GALLERIA ZTGALLERIA ZT
グラボ GTX 1060 3GB GTX 1060 6GB
CPU Intel Core i7-8700
メモリ 8GB PC4-21300
SSD 240GB
HDD 1TB SATA 6Gb/s 接続(SATA Ⅲ)
マザーボード Intel Z370 チップセット搭載 ATX マザーボード
電源 DELTA 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-500EB D)
セール価格
(値引き前)
138,980円
(139,980円)
139,980円
(142,980円)
2018年2月時点での情報です。

グラボ以外まったくスペックが同じである GALLERIA ZT と比較するとその差額はわずか 1,000円!ということなので、ZTのほうが圧倒的にお得なんですよね。これはまんま GTX 1060 3GB と 6GB の差額であると言えるワケで、単にGPUメモリが増えただけではない GTX 1060 6GB のグラボを選んだ方が、絶対に満足度高しなんです。

だって1,000円しか差がないんですから。

ゲーミング性能に関するベンチマーク測定結果

人気タイトル・定番ベンチマークソフトのスコア

ドラゴンクエストⅩ
ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 20886 すごく快適
ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター
ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター ベンチマーク 最高品質 12302 非常に快適
高品質 13789 非常に快適
標準品質 17825 非常に快適
ドラゴンズドグマオンライン
ドラゴンズドグマオンラインベンチマーク 最高品質 13662 とても快適
ファンタシースターオンライン2 EP4
ファンタシースターオンライン2 EP4 ベンチマーク 設定 6 058062 快適に動作
バイオハザード6
バイオハザード6ベンチマーク - 19195 RANK S
GeForce GTX 1060 3GB/Core i7 8700
(全ソフト共通 … 解像度 1920 × 1080 pix / フルスクリーン)

だいぶ高いスコア出てますね。

ここで比較したかったのが GTX 1060 6GB 搭載の GALLERIA ZT だったんですが、現時点ではレビューしておらず…。1060 の 3GB/6GB の比較は一度してみたいですね。

3DMARK(TIME SPY・FIRE STRIKE)

TIME SPY 1.0
TIME SPY 1.0 SCORE 4295
Graphics Score 4186
CPU Score 5891
FIRE STRIKE 1.1
FIRE STRIKE 1.1 SCORE 11498
Graphics Score 13041
Physics Score 18569
Combined Score 4699
GeForce GTX 1060 3GB/Core i7 8700

VRMARK

VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0
VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 SCORE 7201
Average frame rate 155.81 fps
Target frame rate 109.00 fps
Oculus Rift minimum spec frame rate 81.00 fps
GeForce GTX 1060 3GB/Core i7 8700

VR性能のスコアも安定して高い数値出てますね。

ベンチマークは全体的に高いスコアが出ましたが、Core i5 7500 × GTX 1070 Ti 搭載 の ミニタワー GALLERIA DF よりは低いスコアなんですよね。ここでも、価格を考慮すると GALLERIA DF の方がおすすめできるかな~という感想です。

DF と比較すると面白いですね~。i5 か i7 か?みたいな事をよく言われていますが、やはり個人的にはCPU落としてグラボを優先するべきだと思いました。

基本的な処理能力に関するベンチマーク測定結果

CPU-Z(Intel Core i7 8700)

CPU-Z ベンチマーク結果「Intel Core i7 8700

CPU-Z ベンチマーク結果
CPU シングルスレッド 511.8
CPU マルチスレッド 3878.4

流石のスコア。8700K と比較するとどうでしょうか。

Intel Core i7 8700 と 8700K で CPU-Z のベンチマーク比較
  CPU シングルスレッド CPU マルチスレッド
Intel Core i7 8700 511.8 3878.4
Intel Core i7 8700K 529.7 3812.0

これはほとんど差が無し。低電力という事が処理能力自体のパフォーパンスに差をつけるワケではなさそう。

CINEBENCH R15(Intel Core i7 8700・GeForce GTX 1060 3GB)

CINEBENCH R15 で Intel Core i7 8700・GeForce GTX 1060 3GB を測定

CINEBENCH R15結果
CPU 1373 cb
OpenGL 160.58 fps
Intel Core i7 8700・8700K・7700K の CINEBENCH の比較
  CPU(cb) OpenGL(fps)
Intel Core i7 8700 1373 160.58
Intel Core i7 8700K 1440 151.11
Intel Core i7 7700K 958 138.62

CrystalDiskMark 6.0.0 Shizuku Edition x64(SSD・HDD)

SSD(256GB)
ADATA SU800 256.0 GB ベンチマーク結果
ADATA SU800 256.0 GB ベンチマーク結果
ADATA SU800 256.0 GBの読み書きをCrystalDiskMarkで
HDD(1TB)
TOSHIBA DT01ACA100 ベンチマーク結果
TOSHIBA DT01ACA100 ベンチマーク結果
TOSHIBA DT01ACA100の読み書き速度CrystalDiskMarkで

SSDが珍しいADATA製、HDDがいつものTOSHIBA製でした。

GALLERIA ZJ 8700 で PUBG をプレイ!快適な環境でプレイするためのベスト設定は?

ドン勝できましぇーん!!

PUBG ぜんぜんドン勝できない…。正直心折れかかってマス。#2とかまでなら行くんだけど、絶対撃ち負けるんですよね…。練習モードが心から欲しい。ロビーで1分以上待って、漁って、接近戦で撃ち負けた時の『時間返して!』感ハンパないっす。プレイ時間230時間オーバー。いまだ迷宮をさまよっております。

各設定でフレームレート平均を測ってみた

FRAPSLOG 測定の尺(フレーム数) FPS 平均
ウルトラ 11968 45.398
55867 71.567
80554 74.065
101547 81.369
非常に低い 146521 105.066

この測定のために5回戦したわけですが、最悪の成績でした涙。この記事書いている今、だいぶテンション下がってます。(笑)

気持ちを立て直してデータを見る限り、全体的にもうちょっと頑張って欲しい感じ。1060 3GB だと完全にウルトラはダメですね。プレイにだいぶ支障が出ます。実際にやってみてお話になりませんでした。まあラグるラグる。部屋の中もまともに漁れない感じです。方向転換すらキツい。

高もちょっとチラチラしてて良くないです。あまり中との数字差はありませんが、中になると大分良いです。そうだ、燦燦たる結果だったのは設定のせいにしよう、そうしよう。

プレイした体感的に「ウルトラ」や「高」は非推奨

フレームレートの平均数字を出したんですが、これはあくまで目安です。PUBGは場所によってのFPS値のムラが激しいゲームで、特に人が密集している場所は圧倒的に重くなります。これは GTX 1080 Ti を搭載してる場合でも、なる時はなります。

PUBGの大会「DON CAP」などを観てても、中盤~終盤手前でだいぶアンチが狭まっている状況でまだ#45人近く居た時は、あるチーム(スクアッド)が『ラグい!やっべぇラグい!』と叫んでました。

ウルトラ設定は本当に綺麗なんですが、シングルGPUでいくともうまともに動かすには GTX 1080 Ti ~ みたいなシビアな感じだと思います。1080 Ti 以下でも全然60超えてきますが、実際に60超えてても、体感としてやりづらければNGなので。

GALLERIA ZJ 8700 の場合、超快適な環境でプレイする場合「中」あたり

が体感としてギリギリな感じでした。

メモリは16GBにカスタムしておいた方が良いかも

PUBGはだいぶメモリを食います。プレイ中7~8GB余裕で消費しています。ですから標準構成の8GBだとギリギリ感があるので、配信やその他のタスクも平行する人は16GB推奨です。結局PUBG基準でいくと15万を超えてしまう感じですね。

中設定で他のタスク(配信とか)を平行せずに、PUBGオンリーでいくなら大丈夫だと思います。配信などを平行する場合はもう低とかに下げた方が良いでしょう。

以上、GALLERIA ZJ 8700 のレビューを終わります。

予算15万円で探すゲーミングPCとしておすすめ!! ZT・DFもチェック!!
GALLERIA ZJ(Core i7 8700 × GeForce GTX 1060 3GB)の詳細はこちら
ゲーミングPCが48回まで分割手数料無料!!
ゴールデンウィークセール

もっと知りたいガレリア