ドスパラトラノマキ

25周年祭

デスクトップパソコン Prime Monarch ZS を買って使ってみた正直な感想

ドスパラ デスクトップパソコン Prime Monarch ZS を買って使ってみた

Prime Monarch ZS を購入した日・使用期間・当時のスペック

私がドスパラで購入したデスクトップパソコンのレビューをします。今回レビューするのはデスクトップパソコンです。詳細は以下をどうぞ!

Prime Monarch ZS Prime Monarch ZS S01(550Ti)
使用期間 1年3ヶ月(※2012年 12月 17日現在)
購入日 2011年 9月 4日(日)22時59分
到着日 2011年 9月 7日(水)11時30分
当時の価格 118,090円(本体 117,460円 + 代引手数料 630円)
CPU Intel Core i7-960(1366/3.20/8M/4.8GT)
メモリ Samsung M378B5273DH0-CH9(DDR3 PC3-10600 4GB)× 6 24GB
HDD W.D WD10EARX(SATA3 1TB IntelliPower 64MB)
マザーボード ASRock X58 Extreme3(X58 1366 DDR3 ATX WO SLIC)
光学ドライブ LG GH24NS70BL3 バルク品(SATA/ブラック) スーパーマルチ
グラフィックカード Palit NE5S4500HD01-1063F(GTS450 1G GDR5 1D1A1H)
マルチカードリーダー LA1801L ブラック(SDXC対応)
電源 DLT GPS-550AB A G42(550W,2.2,12,12,APFC,JPcd)
ケース S-350 ミドルケース ブラック(w/o KB,MS,PSU)
ファン Scythe SCKBT-1000 兜(LGA1366/マルチソケット)
12cmケースファン
DEEPCOOL Xfan 120(12cm ケースFAN)
OS Windows7 Ultimate SP1 64bit DVD 611(DSP)
カスタマイズ① パーティション2分割(C:100GB+D:残)
その他 静音パックまんぞくコース

当時を振り返って

このパソコンは、当時仕事用として使うのが目的で購入しました。私の仕事はAdobeのソフトを常に起動させてWEBサイト作成をしたりします。

時には高画質な画像も扱います。ですからやはり、ストレスを感じる遅さでは問題大ありなので、スペックは当時の標準よりやや上のを揃えています。

ただし2012年12月現在、ここにSSDを追加で増設しています。目的はプログラムファイルのインストール用のストレージの確保です。

最初はカスタマイズで1TBのHDDを100GBと残りに分割して、C:100GBにOSをインストール、さらにはCドライブの Pronram File にアプリをインストールしていました。

でもその内、起動とか処理が遅いのがストレスになっていました。最初からその感覚があったのを我慢していたという事です。

偶然家にあった Patriot Torqx 64GB SSD を増設。ここにアプリをインストールしています。という訳で結局カスタマイズで選んだパーティション分割のお金2,400円は無駄遣いに。

やっぱり最初からSSDにしておけばよかったと後悔しました。それと、パーティション分割なんて自分でちょこっと弄ればできるのに、なんでカスタムしたんだろう…?当時の自分に聞きたいです。

因みに現在のストレージ構成はこんな感じです。まあ特に不便はありません。また、一般的に人はこの構成でも動作が遅く感じることは無いと思います。私はかなり動作速度には潔癖なヤツですから。

パーティション分割とドライブ構成

商品の到着・開封・内部の様子

商品の注文から到着、そして開封して付属品やらの確認と開封、内部の様子を写真に撮ってみました。

梱包・外観の写真

パソコン内部の写真

ケーブル処理などの評価

内部に特に問題などは見当たりませんでした。画像を見てもらえれば分かりますが、丁寧に配線がされていますね。

ケーブル処理も基本をしっかり抑えて、エアフローを考えた処理をしています。個人的には、HDDのベイをこんな感じで取り出せるタイプが良いです。

増設などの作業がし易いですよね。

使用して1年3ヶ月経過。感想と評価その他

このページをまとめている2012年12月17日現在。使用して1年3ヶ月が経過したことになります。この時点での感想などを書いてみたいと思います。

Prime Monarch ZS、使用1年3ヶ月経過時。まず、これまでに大きな故障や小さなトラブルも無く、すこぶる快調で良かったです。

なんか『ドスパラは電源がショボくてすぐに逝ってしまう。』というネットでの書き込みが多いのですが、私は大丈夫でした。

私自身も電源については消耗品だという考え方を持っていますが、物凄い時間使用している事を考えればよく持ってくれていると思います。

因みに私のこのパソコンの使用時間ですが、ざっくりと計算してみたらなんと!3,000時間は稼動させていました!自分でもちょっと引きました。

もしかしたらそろそろ電源がクタるのかもしれませんが、現時点では全く問題ないという感じです。もしかしらたこの事務所の部屋はめちゃくちゃホコリが舞わないので、そういった好影響もあるのかもしれませんね。

性能・パフォーマンス・静音性について

Windows エクスペリエンス インデックス のスコア

Windows エクスペリエンス インデックス のスコアは5.9

う~ん。やっぱりHDDが足を引っ張ってますね。SSDにすれば良かったと改めて後悔。というかそろそろシステムにもSSDを導入しようと決心。

Photoshop や Dreamweaver の動作は?

このパソコンには現在、Adobe Creative Suite 5.5 がインストールされています。毎日使うのが Dreamweaver と Photoshop ですが、特にストレスはありません。

CS5.5 のインストール先はSSD(Dドライブ)にしていますので、起動もメッチャ早いですね。一時作業ファイルもDにしています。

CS5.5 のインストール先はSSD(Dドライブ)に

下の動画は、それぞれDreamweaver CS5.1 と Photoshop CS5.1(64bit)を起動させた時に様子です。

どうでしょう?これは一度キャッシュを残した状態での起動速度ですがかなり早いです。

Dreamweaver などはその重さから、多くの人がクレームレベルの発言をしているのをよく見かけます。

このサイトのページの重さだと、生半可なスペックじゃ開く前にエラーを起こしたりする可能性も無きにしもあらずですが、ご覧の通り、全然スムーズですね。

また、Photoshop における高負荷な処理も快適にこなす事ができます。OpenGL機能も使えますし、ここまでのメモリを積んでいれば64bitの使い甲斐があるというものです。

下の動画はPhotoshop CS5.1 で約3MBの写真を62枚も開いて、尚且つブラシツールでゴシゴシしている画像です。

ブラシツールのぼかしで線を描くという処理は結構負荷が掛かるものですが、62枚の写真を開いてもなおここまでのスムーズさを出せるのは凄いと思います。実験をやってさらに満足しました!

ここまでパフォーマンス力が高ければ、もうほとんどのアプリケーションソフトの複数起動(マルチタスク)はへっちゃらですね。

音はどうか?静音性について

ドスパラのまんぞくコース

これについても全く問題ありません。今回は静音パックのまんぞくコース(CPUファンの静音化)をカスタマイズで追加していますが、多分追加しなくても十分静かだったと思います。

というのはケースが結構どっしりしていて重量感があり、素材が…よく分かりませんが、音をあまり通さない感じのヤツ(めっちゃ説明下手)なんだと思います。

パソコンを置いている場所がカーペットの上ということもあり、パソコンからの音は殆どというか全く聞こえません。

HDDを積んでいるのでちょっとは音が聞こえるかな?と思っていたのですが、これも全然聞こえませんでした!

ここまで書いてきて、なんだかドスパラマンセーな文章になってしまったので、客観的にダメな所も書いておきます。

私が気に入らなかった部分としては、パーティション分割に2,400円も取られた事と、しっかりしている本体が超重い、ということですね。

特にパーティション分割なんかは、例えばストームというBTOメーカーでは無料ですからね。消費者目線で言えば、ちょいと設定するだけなんだから無料でしょ!と思いますもん実際。

以上レポートでした!これで興味を持った人は一度サイトをチェックしてみて下さいね。

ドスパラ公式サイトはコチラ
ゲーミングPCが最大80,000円引き!!
25周年祭

もっと知りたいガレリア