ドスパラトラノマキ

25周年祭

raytrektab DG-D08IWP レビュー

話題の Windows お絵描きペンタブレット raytrektab DG-D08IWP レビュー!!

話題の Windows お絵描きペンタブレット raytrektab DG-D08IWP レビュー!!

raytrektab DG-D08IWP - レイトレック DG-D08IWP の標準構成・スペック

ドスパラ公式サイトでは「Windowsタブレット」の項目が新たに加わっています。

今回のレビューはこの前ドスパラ公式さんからお招き頂いた製品発表会でめっちゃ気になった製品 raytrektab DG-D08IWP のレビューになります。Windows ペンタブレットという事でこの製品は発売からかなりの人気で、Twitter のハッシュタグ検索でも、

という感じで皆思い思いのイラストなどをアップして盛り上がっています。

私管理人もたまにイラストや絵を描くのですが、こういったデジタルのお絵かき端末に今まで触れて来なかったので正直すごい楽しみです。

それではレビューいってみます。

raytrektab DG-D08IWP のスペック詳細
raytrektab DG-D08IWP
CPU Intel Atom x5-Z8350 プロセッサ(クアッドコア, 定格 1.44GHz, キャッシュ2MB)
デジタイザ Wacom feel IT technologies デジタイザ4096階調, スキャンレート180Hz
メモリ 4GB DDR3L
ディスプレイアダプター インテル HDグラフィックス400 (CPU内蔵)
ディスプレイ 8インチ液晶(1280×800ドット表示/ マルチタッチ対応)
ストレージ 64GB eMMC
Bluetooth Bluetooth 4.0
無線LAN IEEE802.11 ac/a/b/g/n
センサー 加速度センサー、GPS
I/O microUSB×1(給電兼用)
映像出力 microHDMI ×1
サウンド ヘッドフォン出力×1(ステレオミニプラグ), スピーカー内蔵, マイク内蔵
カードスロット microSDカードスロット(SDXC)
ウェブカメラ 約 200万画素 WEBカメラ フロント ×1,リア ×1
サイズ 約 214(幅)× 128(奥行き)× 10.1(高さ)mm
重量 本体 約400g, ペン 約5g
バッテリー リチウムイオンバッテリー(約4時間 JEITA2.0)
保証 1年間 持込修理保証
付属品 クイックガイド / ACアダプター / microUSB(オス)-USB(オス)変換ケーブル microHDMI(オス)-HDMI(メス)変換ケーブル / 筆圧感知機能付きペン(標準芯付き)/ 替芯(フェルト製・エラストマー製 各1本) / 芯抜き
※仕様は変更してあることもあるので、必ず公式サイトを確認してみて下さい。
お絵描きタブレット「raytrektab DG-D08IWP」の詳細

公式サイトを見ると4096階調の筆圧感知ペンという文字が躍っているのですが、これはかなり優秀な数値なのでしょうか?ちょっと気になってサクっとインターネッツで調べてみたのですが、なるほど、結構2048とかの筆圧段階をスペックに持つ同種のペンタブは確認できんたのですが、4096は無く、やはりこれはウリだと思うのですが、タブレット処女なので解りませんすみません。

raytrektab DG-D08IWP - レイトレック DG-D08IWP のデザイン・仕様・同封物など

raytrektab DG-D08IWP の同封物

箱から全て取り出してみました。

ACアダプター/ microUSB- USB 変換ケーブル

ACアダプター(写真左)と microUSB(オス)- USB(オス)変換ケーブル(写真右)です。

microHDMI(オス)- HDMI(メス)変換ケーブル

microHDMI(オス)- HDMI(メス)変換ケーブルです。

筆圧感知機能付きデジタイザペン

Wacom feel IT technologies というワコムの技術を搭載した筆圧感知機能付きペンです。上は長男の筆箱からくすねてきた赤鉛筆です。

鉛筆のような感覚で描けることを目指したペン

太さや握り心地が鉛筆に似ていて使いやすいです。

付属の芯抜き、標準芯、エラストマー芯、フェルト芯

芯は3種類あります。標準芯エラストマー芯フェルト芯です。

標準芯 滑らかな書き味
エラストマー芯 粘り気のあるタイプの書き味
フェルト芯 グレー マーカーのような書き味

という風に説明書にあります。実際のところどうなのか?後ほど感想を。

raytrektab DG-D08IWP のデザイン・仕様

大きさは約 214(幅)× 128(奥行き)× 10.1(高さ)mm

約 214(幅)× 128(奥行き)× 10.1(高さ)mm の 8インチタブレットです。

ペンがタブレット本体に収納できないのがデメリット

裏側です。ここで気が付いたのですが、このタブレットはペンが収納できないですね。そこはデメリット的なチェックポイントかな?と思います。

Diginnos Tablet DG-D08IWP 各部の名称

同封されていた各部の名称です。

ヘッドフォン端子、microUSB接続端子、microHDMI接続端子、スピーカー

左からヘッドフォン端子、microUSB接続端子、microHDMI接続端子、右端にあるのがスピーカーです。画面にある丸いのはフロントカメラです。

音量ボタン、電源ボタン

下側にあるのが音量ボタン、上の小さな方が電源ボタンです。

microSDカードスロット

microSDカードスロットです。

裏側にはアイコンで解りやすく

裏側には各種ボタンが何か解るようにアイコンがありました。

リアカメラ

リアカメラです。ちょっと突起していますね。

feel by wacom

feel by wacom のロゴがあります。

raytrektab DG-D08IWP の書き心地は!?

さて。今回のレビューのメインですが、実際にペンタブに!書いてみます、以前にイベントでちょっと試し書きをしたのですが、ちゃんと書くのは初めて、いやー楽しみですね。芯によって書き味はどれ位変わるのでしょうか?

…とここで嫁っちがしゃしゃり出てきて『なにコレ楽しそう書かせて~。』という事に。

かなり描きやすいと感動に浸る嫁

嫁っち『なにこれ凄い書きやすい~!』との事。まるで本当のペンで書いているみたいという事で驚いてました。その感動を聞きつけてテレビを観ていた次男も参戦。

子供も楽しそうにお絵描き

次男も『おおー!コレすげー!』といって真剣に何かを書き始めた模様…。

富士山と家族のみんな

完成~ぱちぱち、富士山とみんなだそうです、うーん、天才っ!!(親バカ)という事で今度は自分が。

凄い感度が良い筆圧感知

うおおお!これ凄いっす。同じペンで筆圧を変えながら色々と線を引っぱってみたんですが、なにこれ凄い。今のペンタブってこんなにアナログ感をそのまま反映してくれるんですか…そうですか…!

画面は硬いのに、なんか画面に柔らかみすら感じます。実際はペン先(芯)がこういう感覚を作ってくれているのでしょうけれど。そしてこの感度の細かさ?は、やはり4096階調の筆圧感知ペンの実力なのでしょうか。

ペンの頭は消しゴム機能

ペンの頭には消しゴムが付いています。これも凄いです。さっと消えてくれます。疎いので素直にどういう仕組み?笑

芯を替える

芯を変えて書いてみたいと思います。付属の器具で交換...と。

標準芯、エラストマー芯、フェルト芯、それぞれの書き心地

いやー凄いっす!脱帽っす。正に

標準芯 滑らかな書き味
エラストマー芯 粘り気のあるタイプの書き味
フェルト芯 グレー マーカーのような書き味

の説明にある書き味なんです!私が特に気に入ったのはエラストマー芯ですね、本当に粘り気があってペン先が画面をしっかり喰う感じが凄い良かった。フェルト芯も本当にマーカーで書いている感じで、たまに『キュキュ!』と音が聞こえてくるようでした。実際には聞こえませんが。

という感じでとりあえずサクっと試し書きしてみた感想ですが、ほんと感動の連続でした。にわか知識で『ペンのスピードのタイムラグとかあるからペンタブって基本ダメなんじゃな~い?』なんって思ってたりしたんですが、これも凄い精密感度良好!いやー素晴らしかったです素直に。

あと、イラスト描きなら最初から付いてくるソフト(バンドル)の、

CLIP STUDIO PAINT シリアルコード

CLIP STUDIO PAINT がありますから、こっちでカキカキですね。(この紙の裏に製品シリアルコードが記載されていました。)使いこなせれば相当楽しいでしょうね。

他のペンタブを使った事がないのでアレなんですが、書き味は最高!!

raytrektab DG-D08IWP のまとめ・注意点・どんな人向け?

今回のペンタブレットは、プロのデジタルイラストレーターの方々にも好評なようですから、外出先でとかちょっとしたカキカキをしたい一般ユーザーからヘビーユーザー、ハイアマチュア、プロの方まで幅広く需要がありそうです。

Windows がインストールされてます。縦横感知して持ち方によって自動で切り替わります

なにより今回のペンタブは Windows ですから、普通に仕事(ビジネス用途)に使えそうですね。さっとメモできますし。

ブラウジングはとても快適でした、8インチは厳しいかと思ったのですが、全然そんな事はありませんでした

家で WiFi でブラウジングしてみましたが、これも快適でした。

メモリも 4GB と十分な容量がありますし、これはもう

タブレットを検討している全ユーザー

におすすめできる Windows タブレット のように思いました。ペンタブ機能って結構仕事にも有効活用できると思いました。思いついた事を軽くメモするならスマホでもできるのですが、時々…絵というか図で解りやすくメモしておきたい場合、指の腹よりもやっぱりペンは書きやすいですよね。

今回のこの raytrektab DG-D08IWP はドスパラさん的にもヒット商品のようで、私も純粋に良いタブレットだと感じました。以上!レビューを終わります。気になる人は↓からお値段や詳細を確認してみて下さい。

お絵描きタブレット「raytrektab DG-D08IWP」の詳細
ゲーミングPCが最大80,000円引き!!
25周年祭

もっと知りたいガレリア