ドスパラトラノマキ

GALLERIA XF が今アツい!!!!
20%ポイント還元

GALLERIA AF レビュー・評価

GALLERIA AF(GeForce RTX 2070 × Ryzen 7 2700)は買いか?レビュー&評価!!

GALLERIA AF(GeForce RTX 2070 × Ryzen 7 2700)は買いか?レビュー&評価

)公開

    標準スペック・仕様・サイズ

    GALLERIA AF 標準スペック・仕様・サイズ
    グラボ NVIDIA GeForce RTX 2070 8GB
    CPU AMD Ryzen 7 2700(3.2GHz - 4.1GHz, 8コア, 16スレッド)
    メモリ 8GB PC4-21300(DDR4 SDRAM,4GBx2,デュアルチャネル)
    SSD 500GB HDD 2TB
    マザーボード AMD B350 チップセット搭載 ATX
    電源 650W80PLUS BRONZEET650-B
    光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
    サイズ 207(幅)x520.7(奥行き)x450.2(高さ)mm
    重量 約 13.9 kg
    OS Windows 10 Home インストール済み
    キーボード GALLERIA Gaming Keyboard(USB接続)
    マウス GALLERIA レーザーマウス(8ボタン, USB接続)
    ※最新のスペックは必ず公式サイトにて確認して下さい。
    GALLERIA AF の見積もり・購入

    今回のレビュー実機は、珍しく Intel CPU では無く、AMD です。正直一時期はパッしなかった AMD なんですが、Ryzen(ライゼン)シリーズの登場で大注目を集めています。

    Ryzen 7 シリーズは、Intel Core i7 シリーズとの棲み分けがちゃんと出来ていて、用途に対して明確に選択視として挙げる事が出来るのがウケているのかもしれません。

    Ryzen 7 2700 の特徴・Intel Core i7-8700 との比較

    8コア16スレッド!マルチタスク性能は Intel の対抗モデルを凌駕する!!

    AMD Ryzen 7 2700このモデルの最大の特徴は AMD Ryzen 7 2700 搭載という所です。それを受けてのチップセットは AMD B350ですね。

    Ryzen 7 シリーズの特徴は明確で、コア数が多くマルチタスクに向いているという点です。ここが Intel CPU との解りやすい差別化になっていて、しっかりとした評価を得る事になった理由かもしれませんね。

    Ryzen 7 2700 は Intel Core i7-8700 を打倒するために登場したような一面があり、よく比較の対象に挙がります。ということで主なスペックを比較してみましょう。

    Intel の対抗馬 Core i7-8700 とのスペック比較
      AMD Ryzen 7 2700
    AMD Ryzen 7 2700
    Intel Core i7-8700
    Intel Core i7-8700
    コア数 8 6
    スレッド数 16 12
    ベースクロック 3.2 GHz 3.2 GHz
    ターボクロック 4.1 GHz 4.6 GHz
    TDP 65 W 65 W
    L2キャッシュ 4 MB -
    L3キャッシュ 16 MB 12 MB
    マルチスレッド
    価格.com 最安値 35,027円 40,230円
    商品を見る 商品を見る
      ※価格はレビュー時の価格です。

    もう一つの注目は価格です。BOX 単体での価格は Ryzen 7 2700 の方が5,000円安いです。この価格自体が、GALLERIA AF にも反映されていて安くなっています。

    グラフィックボードのメーカーはどこの?

    Palit GeForce RTX 2070 Dual

    ※搭載されるグラフィックボードのベンダー(メーカー)は、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    今回搭載されていたグラフィックボードは、ドスパラと言えばの Palit(パリット)のGeForce RTX 2070 Dualでした。スペック詳細はリンク先にて。

    Palit の展開しているこのデザイン・仕様の RTX 2070 はあとGeForce RTX 2070 GamingPro OCと、GeForce RTX 2070 GamingProがあるのですが、映像出力インターフェースに USB Type-C が無いので、これは Dual です。

    補助電源は 8pin×1

    補助電源は 8pin×1 です。

    背面のインターフェース群

    Palit GeForce RTX 2070 Dual の背面のインターフェース
    DVI-D Dual-Link DVI-D 1
    HDMI HDMI 2.0b 1
    DisplayPort DP1.4 3

    DVI-D があります。TDP は 175W で、推奨システム電源は 550W です。

    GPU-Z 2.16.0 の情報

    Palit GeForce RTX 2070 Dual の GPU-Z で表示

    GPU クロックは 1410 MHz、メモリは 8GB です。

    ベンチマーク測定でゲーミング性能をチェック

    人気ベンチマークソフトのスコア

    ドラゴンクエストⅩ
    ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 17044 すごく快適
    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION
    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 高品質 8163 快適
    標準品質 10399 とても快適
    軽量品質 12172 非常に快適
    ドラゴンズドグマオンライン
    ドラゴンズドグマオンラインベンチマーク 最高品質 8987 とても快適
    ファンタシースターオンライン2 EP4
    ファンタシースターオンライン2 EP4 ベンチマーク 設定 6 052561 快適に動作
    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)
    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) ベンチマーク - 53933 -
    バイオハザード6
    バイオハザード6ベンチマーク - 20113 RANK S
    GeForce RTX 2070 & AMD Ryzen 7 2700
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    十分良いスコアが出てますね。

    3DMARK(TIME SPY・FIRE STRIKE)

    TIME SPY 1.0
    8 255GALLERIA AF TIME SPY 1.0 は8255
    Graphics Score CPU Score
    8 502 7 089
    上位21%の性能GALLERIA AF TIME SPY 1.0 は上位21%
    今回のベンチマーク測定を3DMARKで見る
    FIRE STRIKE 1.1
    16 468GALLERIA AF Fire Strike 1.1 は16468
    Graphics Score 22 213
    Physics Score 18 010
    Combined Score 5 368
    上位13%の性能GALLERIA AF FIRE STRIKE 1.1 は上位13%
    今回のベンチマーク測定を3DMARKで見る

    TIME SPY 1.0 は上位21%、FIRE STRIKE 1.1 は上位13%に入るというスコアでした。最近は超ハイエンドモデルばかりレビューしてきたので見劣りするんですが、普通に良いスコアです。まさに「十分」という結果です。

    FPS(フレームレート)測定で快適さをチェック

    ドラゴンクエストⅩ
    ドラゴンクエストⅩのFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    最高品質 - 151
    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION
    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    高品質 23 82
    標準品質 72 105
    軽量品質 79 123
    ドラゴンズドグマオンライン
    ドラゴンズドグマオンラインのFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    最高品質 33 126
    ファンタシースターオンライン2 EP4
    ファンタシースターオンライン2 EP4のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    設定 6 120 248
    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)
    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    - 250 477
    バイオハザード6
    バイオハザード6のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    - - 212
    ※ 計測時間はベンチマーク開始時から約6分間。小数点以下四捨五入

    一応ヌルヌル動かせる基準的な値が 60fps ですから、これも「十分」以上、全く問題ないレベルです。ほとんどのゲームが快適に動作するでしょう。

    VR性能のベンチマークスコア

    VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0
    8 560GALLERIA AF TVRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 は 8560
    Average frame rate Target frame rate
    186.60 fps 109.00 fps
    上位28%の性能GALLERIA AF VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 は上位28%
    今回のベンチマーク測定をVRMARKで見る

    上位28%の性能でした。

    CPU・GPU・SSD・HDD の速度・性能

    WIN SCORE SHARE のスコア

    GALLERIA AF WIN SCORE SHARE のスコア

    スコアは8.15でした。GALLERI AF では、スコアの足を引っ張るボトルネック的なパーツは SSD となっています。

    CPUID HWMonitor で各パーツの温度をチェック

    CPUID HWMonitor で GALLERIA AF の各パーツの温度をチェック

    この温度は、今回のレビューでベンチマークスコアを動かしている間ずっと測定していた数値です。

    CPU-Z(AMD Ryzen 7 2700)

    CPU-Z ベンチマーク結果「Ryzen 7 2700」
    CPU-Z Ver. 1.87.0.x64 ベンチマーク結果
    CPU シングルスレッド 462.2
    CPU マルチスレッド 4240.3

    リファレンスに Intel Core i7-8700K を選択していますが、マルチタスクだと Ryzen 7 2700 の方が性能が上という正に「マルチタスクの Ryzen」という結果が出ました。

    マルチスレッドにおいては、Ryzen 7 2700 は、Core i7-8700K よりも15%性能が上という結果になっています。

    CINEBENCH R15(Ryzen 7 2700 & GeForce RTX 2070)

    CINEBENCH R15 で Ryzen 7 2700 & GeForce RTX 2070
    CINEBENCH R15 の測定結果
    CPU 1530 cb
    OpenGL 101.39 fps

    PCMARK 10

    PCMARK 10 の測定結果
    5 632PCMARK 10 は 5632
    Web Score Apps Score
    7 460 10 406
    Chat Score Photo Score
    8 096 10 086
    Video Score Writing Score
    4 863 5 608
    Spreadsheet Score Essentials
    9 725 8 565
    Productivity Digital Content Creation
    7 384 7 669
    上位19%の性能GALLERIA AF PCMARK 10 は上位19%
    今回のベンチマーク測定を PCMARK で見る

    上位19%の性能でした。やはりPCタスク系は強いという結果に。

    CrystalDiskMark(M.2)

    WESTERNDIGITAL WDC WDS500G2B0A-00SM50 500.1 GB
    WESTERNDIGITAL WDC WDS500G2B0A-00SM50 500.1 GB
    WESTERNDIGITAL WDC WDS500G2B0A-00SM50 500.1 GB の読み書き速度を CrystalDiskMark で
    5回測定 Read [MB/s] Write [MB/s]
    Seq Q32T1 560.3 527.2
    4KiB Q8T8 389.1 291.5
    4KiB Q32T1 284.0 243.0
    4KiB Q1T1 38.01 104.3

    CrystalDiskMark(HDD)

    SEAGATE ST2000DM005-2CW102 2000.3 GB
    SEAGATE ST2000DM005-2CW102 2000.3 GB
    SEAGATE ST2000DM005-2CW102 2000.3 GB の読み書き速度をCrystalDiskMarkで
    5回測定 Read [MB/s] Write [MB/s]
    Seq Q32T1 164.2 152.6
    4KiB Q8T8 1.641 1.505
    4KiB Q32T1 1.739 1.555
    4KiB Q1T1 0.639 1.473

    SSD は WESTERNDIGITAL で SAMSUNG、HDD は SEAGATE でした。予算に余裕があ場合は、カスタマイズで M.2 の Sumsung 970 EVO なんかもおすすめ。爆速ですよ。

    目隠しパーツ(CPUクーラー・マザーボード)はどこのメーカー?

    GALLERIA AF の目隠しパーツ(CPUクーラー・マザーボード)はどこのメーカー?

    内部を覗いて、公式サイトでは記載が無い目隠しパーツ群をチェックしていきます。CPUクーラー、電源ユニット、マザーボード、メモリをチェックしてきます。

    ※搭載される各パーツのメーカーは、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    CPUクーラー

    Ryzen 7 2700 の BOX に付いてくるリテールもの

    公式サイトには「AMD静音CPUファン」との記載がありますが、見るからに Ryzen 7 2700 の BOX に付いてくるリテールものだと思います。

    RGB LED照明付きAMD Wraith Spire CoolerIntel Core i シリーズだと「静音パックまんぞくコース」の DEEPCOOL勢あたりの CPUクーラーが付いてくるのですが、これが付いているのを見ると、Ryzen 7 シリーズの CPUクーラーは優秀なのかもしれません。

    因みにアツいのが、この CPUクーラーは LED照明が付いています!しかもカラー・コントロール付きの照明です。詳しくはコチラ。

    マザーボード

    ASRock AB350 Pro4

    マザーボードはASRock AB350 Pro4でした。

    ASRock AB350 Pro4 バックパネルインターフェース
    ASRock AB350 Pro4 バックパネルインターフェース
    PS/2 キーボード/マウス 1
    USB 3.1 Gen1 Type-C 1
    Gen1 Type-A 5
    USB 2.0 Type-A 2
    映像出力 HDMI 1
    DVI-D 1
    D-sub 1
    LAN RJ45 1
    オーディオ サウンド入力 1
    フロントスピーカ 1
    マイクロフォン 1

    これはごくごく普通ですね。最新ではありませんが USB は 2.0 も含め 8 つと豊富です。

    ※搭載される各パーツのメーカーは、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    このモデルを選ぶメリット

    最後にまとめ的に、GALLERIA AF を選ぶ際に抑えておきたいポイント、そして利点・メリットについて、シンプルにおさらいしておきます。まず簡単に挙げますと、

    • Ryzen 7 シリーズは、同価格帯の Core i7 シリーズと比較してマルチタスク性能が上
    • ゲームはそこそこ快適ならOK、タスク系とのバランス重視なら断然コスパが良い
    • CPUクーラーLED照明付きでデザインがカッコいい

    という感じでしょうか。

    という事は逆に言えば、ゲームに特化した目的で選ぶとなると完全に Intel に軍配が上がります。

    特に、RTX 2080 とか 2070 あたりのハイエンドグラフィックボードの性能を余す事無く引き出してバチバチにゲームを快適にプレイしたい場合は、色々なサイトで検証データが出てますが、Core i シリーズの方が性能を引き出しています。

    ただし、現状のゲームタイトル群でその差を体感的に感じるか?言われれば正直あまり変わらないと思います。FPS の測定結果でも全て 60FPS を超えていますし。

    ですから、Intel CPU よりもグラボの性能を引き出す力が弱くても、ゲームタイトルによってはあまり影響が無いというのは結構リアルな話です。

    Ryzen の弱点を補って余りあるほどマルチタスク能力があるので、目的や、自分がプレイしたいゲームタイトルによっては全然買いなモデルであるというのがワタシの評価となります。

    FFなどのグラフィックが細密な RPG を高画質でプレイしたい場合や、FPSガチ勢 なら 、今後も見据えて断然 Intel CPU 搭載モデルを推しますが、それ以外でしたらゲーム以外のタスク系にもバランス良く能力を発揮してくれる Ryzen 7 は非常に最適な CPU ですね。

    以上、GALLERIA AF のレビューでした。

    ゲームもマルチタスクもバランス良くこなしたい場合は絶対買いっ!!
    GALLERIA AF の見積もり・購入
    20%ポイント還元
    GALLERIA XF が今アツい!!!!

    もっと知りたいガレリア