ドスパラ raytrek ZF

raytrek ZF(GeForce RTX 2070 SUPER × Intel Core i9-10900K 登載)レビュー&評価

raytrek ZF(GeForce RTX 2070 SUPER × Intel Core i9-10900K 登載)レビュー&評価

(月)更新

    標準スペック・サイズ

    raytrek ZF 標準スペック・仕様・サイズ・価格
    グラボ NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER 8GB
    CPU Intel Core i9-10900K(3.70GHz-5.20GHz/10コア/20スレッド)
    メモリ 32GB(PC4-21300, DDR4 SDRAM, 8GBx4, デュアルチャネル)
    SSD 512GB SSD(M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 2000MB/s)
    HDD 4TB
    マザーボード Intel Z490 チップセット搭載 ATX マザーボード
    電源 750W(80PLUS GOLD)
    サイズ 207(幅)x 509(奥行)x 440(高さ)mm
    重量 約 13 kg
    OS Windows 10 Home インストール済み
    ※最新スペックは必ず公式サイトにて確認下さい。
    raytrek ZF の見積もり・購入

    ドスパラのクリエイターPCシリーズから raytrek ZF(レイトレック ゼットエフ)をお借りする事が出来たのでレビュー&評価します。

    クリエイターPCと言いつつも Quadro ではなく GeForce RTX 2070 SUPER を搭載しているので、ゲーミングPCとしても大活躍できる一台となっています。

    最大のポイントは Core i9-10900K というハイスペックお化け CPU を搭載している所で、RTX 2070 SUPER との組み合わせがどれ位の性能を生み出すのか?注目です。

    グラフィックボードのメーカー

    ZOTAC GeForce RTX 2070 SUPER

    搭載されるグラフィックボードのベンダー(メーカー)は、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    今回搭載されていたグラフィックボードは、ドスパラと言えばの Palit(パリット)ではなくてZOTAC(ゾタック)でした。

    ただ、ZOTAC公式サイトにはラインアップされていない製品で、おそらくドスパラやその他BTOメーカーに卸す専用のモデルか何かでしょうか…?

    よくよく調べてみると、ZOTAC からはGAMING GeForce RTX 2070 Blowerというラインアップが出ていて、これのデザインと一緒なのですが、SUPER に関しては情報がありませんでした。

    補助電源は 6pin × 1 + 8pin × 1

    GEFORCE RTX のロゴがカッコイイです…が光りません。補助電源は 6pin × 1 + 8pin × 1となります。

    GPU-Z(ZOTAC GeForce RTX 2070 SUPER)

    GPU-Z(ZOTAC GeForce RTX 2070 SUPER)

    背面のインターフェース群

    ZOTAC GeForce RTX 2070 SUPER の背面のインターフェース
    DVI HDMI DisplayPort
    1 1 3

    ゲーミングPCとしてもめっちゃ凄い

    人気ベンチマークソフトのスコア

    ドラゴンクエストⅩ

    ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 24805 すごく快適

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 高品質 10208 とても快適
    標準品質 13526 とても快適

    ファンタシースターオンライン2 EP4

    ファンタシースターオンライン2 EP4 ベンチマーク 設定 6 133326 快適に動作

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) ベンチマーク - 65954 -

    バイオハザード6

    バイオハザード6ベンチマーク - 31807 RANK S
    GeForce RTX 2070 SUPER & Intel Core i9-10900K
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    3DMARK(TIME SPY・FIRE STRIKE)

    TIME SPY 1.0

    10 288raytrek ZF の TIME SPY 1.0 のスコアは 10 288
    Graphics Score CPU Score
    9 927 12 967
    上位11%の性能raytrek ZF は TIME SPY 1.0 で上位11%の性能

    FIRE STRIKE 1.1

    21 840raytrek ZF の FIRE STRIKE 1.1 のスコアは 21 840
    Graphics Score 24 583
    Physics Score 29 274
    Combined Score 9 848
    上位7%の性能raytrek ZF は FIRE STRIKE 1.1 で上位7%の性能

    TIME SPY 1.0 は上位11%、FIRE STRIKE 1.1 では上位7%というかなり凄いスコアを叩き出しました。過去にレビューしたモデルの中でも最高値レベルだと思います。

    ゲームの快適さは?FPS値測定

    ドラゴンクエストⅩ

    ドラゴンクエストⅩのFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    最高品質 28 213

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 設定 最低 FPS 平均 FPS
    高品質 65 102
    標準品質 103 137

    ファンタシースターオンライン2 EP4

    ファンタシースターオンライン2 EP4のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    設定 6 231 358

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    - 322 577

    バイオハザード6

    バイオハザード6のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    - 48 271
    GeForce RTX 2070 SUPER & Intel Core i9-10900K
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    一応ゲームにおいてサクサクヌルヌル表示できる基準的な値が 60fps と言われていますが、全てのベンチマークソフトの全設定において余裕のスコアです。

    間違いなく快適な環境でプレイできます。

    VRMARK のスコア

    VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0

    14 200raytrek ZF の TVRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 のスコアは 14 200
    Average frame rate Target frame rate
    309.55 fps 109.00 fps
    上位1%の性能raytrek ZF は VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 で上位1%の性能

    なんと上位1%の性能でした!すげー。

    動画編集の能力をチェック

    WIN SCORE SHARE のスコア

    raytrek ZF WIN SCORE SHARE のスコア

    スコアは9.2です。ボトルネックはありません。高次元のパーツ構成です。

    CPUID HWMonitor で各パーツの温度をチェック

    CPUID HWMonitor で raytrek ZF の各パーツの温度をチェック

    各パーツの最高温度

    グラフィックボード(GeForce RTX 2070 SUPER) 80
    SSD(PHISON PS5012-E12S-512G) 36

    この温度は、今回のレビューでベンチマークスコアを動かしている間ずっと測定していた数値になります。

    CPU の温度が何故か測定できませんでした。

    CPU-Z(Intel Core i9-10900K)

    Intel Core i9-10900K の CPU-Z ベンチマーク結果

    CPU-Z Ver. 1.90.1x64 ベンチマーク結果

    CPU シングルスレッド 603.5
    CPU マルチスレッド 7421.7

    リファレンスは Intel Core i9-9900KF です。マルチスレッド性能が抜群です。

    CINEBENCH R20(Intel Core i9-10900K)

    CINEBENCH R20 で Intel Core i9-10900K を測定

    CINEBENCH R20 の測定結果

    CPU 6186 pts
    CPU(Single Core) 528 pts
    MP Ratio 11.715 x

    PCMARK 10

    PCMARK 10 の測定結果

    7 449raytrek ZF の PCMARK 10 のスコア 7 449
    上位1%の性能raytrek ZF は PCMARK 10 で上位1%の性能

    ここでも上位1%の性能でした。まじで完璧なスコアです。Core i9-10900K 恐るべし。

    CrystalDiskMark(SSD)

    PHISON PS5012-E12S-512G

    PHISON PS5012-E12S-512G
     CrystalDiskInfo の PHISON PS5012-E12S-512G の情報
    PHISON PS5012-E12S-512G の読み書き速度を CrystalDiskMark で測定
    5回測定 Read [MB/s] Write [MB/s]
    Seq Q8T1 3335.79 2447.38
    Seq Q1T1 1692.44 2360.72
    RND4K Q32T16 786.39 2406.11
    RND4K Q1T1 52.78 173.61

    CrystalDiskMark(HDD)

    SEAGATE ST4000DM004-2CV104 4000.7 GB

    SEAGATE ST4000DM004-2CV104 4000.7 GB
     CrystalDiskInfo の SEAGATE ST4000DM004-2CV104 4000.7 GB の情報
    SEAGATE ST4000DM004-2CV104 4000.7 GB の読み書き速度を CrystalDiskMark で測定
    5回測定 Read [MB/s] Write [MB/s]
    Seq Q8T1 190.42 191.04
    Seq Q1T1 196.51 194.41
    RND4K Q32T16 1.69 1.57
    RND4K Q1T1 0.63 1.49

    目隠しパーツのチェック

    raytrek ZF の内部の様子

    内部を覗いて、公式サイトでは記載が無い目隠しパーツ群をチェックしていきます。CPUクーラー、マザーボード、メモリ、電源ユニットをチェックしてきます。

    搭載される各パーツのメーカーは、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    CPUクーラー

    静音パックまんぞくコース「虎徹 MarkⅡ CPUクーラー」

    raytrek ZF には標準構成で「静音パックまんぞくコース」が適用されています。今回のCPUクーラーは虎徹 MarkⅡが取り付けられていました。

    マザーボード

    ASUS PRIME Z490-P

    マザーボードはASUS PRIME Z490-Pでした。Intel Z490チップセットの ATX になります。

    ASUS PRIME Z490-P バックパネルインターフェース

    ASUS PRIME Z490-P バックパネルインターフェース
    PS/2 キーボード/マウス 1
    USB 2.0 - 2
    DisplayPort - 1
    HDMI - 1
    USB 3.2 Gen1 Type-A 2
    USB 3.2 Gen2 Type-A 2
    LAN - 1
    S/PDIF出力(光角型) - 1
    オーディオジャック - 5

    USB端子の数とオーディオジャックが充実しています。ただし、USB Type-C はありません。

    ※搭載される各パーツのメーカーは、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    メモリ

    SAMSUNG M378A1K43CB2

    SAMSUNG M378A1K43CB2
    容量(1枚あたり) メモリチップ規格 モジュール規格
    8 GB DDR4-2666 PC4-21300

    メモリは SAMSUNG 純正の DDR4 2666 8GB が4枚という構成でした。

    メモリスロットの空きは無し。8GB × 4

    メモリスロットの空きはありません。

    電源ユニット

    フルモジュラータイプの電源ユニット

    電源ユニットはチェックし忘れましたが、フルモジュラータイプなので配線はスッキリしていると思います。

    搭載される各パーツのメーカーは、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    PUBGをプレイした体感とFPS値

    PUBGをプレイした体感とFPS値

    ちょうど SANHOK(サノック)が新しくなったのでこの raytrek ZF でプレイしてみました。コロナの影響でPJSの日程や仕様などに変更がありましたが、世界大会や国内のイベントなどが結構あって面白かったです。

    TPP SANHOK ソロ ウルトラ・高・中 でプレイ

    設定 平均FPS
    ウルトラ 164
    184
    212

    数値的にはまったく問題ありません。終始超快適な数値で推移しました。

    ウルトラ設定では降下の段階で建物がくっきり描画

    ウルトラ設定では降下の段階で建物がくっきり描画され、初動の武器ガチャでも余裕の処理速度で全く問題なく激戦区の初動ファイトが出来ます。

    本当に快適過ぎて感動しました。

    良い点・イマイチな点

    raytrek ZF をレビューして、良い所とイマイチだた思う所を正直にまとめてみました。まずは良い所から。

    • 超ハイスペックでストレージも豊富!全ての用途に完全に対応!!
    • クリエイターPCだけどゲーミングPCとしても超一流!
    • ストレージ(3.5インチベイ)は右側面からアクセス!交換などしやすい!!

    この2点が特に注目できる点かと思いました。対してイマイチだった所としては、

    • ベイが8つは流石に多過ぎる…。
    • メモリスロット4つが最初から全部埋まっている…。

    という点が気になりました。

    右側面からベイにアクセスするタイプ

    良い点として挙げた3.5インチベイへのアクセスですが、右側面からとなります。コチラ側に集中しているので交換や増設などやりやすく、管理がしやすいです。

    と同時に、ちょっとこんなにベイの数は要らないかと思います。その分ケース本体は大きく重くなっているのでそこはデメリットかと。

    因みにこのモデルはゲーミングPCとしても超一流と評価できますが、それなら新しく登場した GALLERIA XA7C-R70S も選択肢としてアリじゃないかと思います。

    刷新されたケースデザインですが、非常に優れておりなんならこっちの方がクリエイターPCと言ってもいい位です。

    GALLERIA XA7C-R70S も同じく Intel Core i9-10900K と GeForce RTX 2070 SUPER を搭載しており、ストレージやメモリの容量が少ない&マザーが性能的に劣る分価格が安く、20万円を大きく下回っています。(税込18万円くらい。)

    ということで、この2台を比較してからでも良いのでは?と個人的には思います。

    以上、raytrek ZF のレビューでした。

    とにかくめっちゃ快適なパソコンライフが約束されることでしょう!
    raytrek ZF の見積もり・購入
    ページの先頭へ戻る