ドスパラ GALLERIA XA7R-R37

GALLERIA XA7R-R37(GeForce RTX 3070 × AMD Ryzen 7 3700X)レビュー&評価

GALLERIA XA7R-R37(GeForce RTX 3070 × AMD Ryzen 7 3700X)レビュー&評価

(木)更新

    標準スペック・サイズ

    GALLERIA XA7R-R37 標準スペック・仕様・サイズ・価格
    グラボ NVIDIA GeForce RTX 3070 8GB
    CPU AMD Ryzen 7 3700X(3.6-4.4GHz, 8コア, 16スレッド)
    メモリ 16GB(PC4-25600, 8GBx2, 2チャネル)
    M2.SSD 512GB(NVMe対応, Intel 660pシリーズ,M.2,読込速度 1500MB/s,書込速度 1000MB/s,QLC)
    電源 650W(80PLUS BRONZE)
    マザーボード ASRock B550 TW(ATX, AMD B550 チップセット)
    PCケース ガレリア専用 SKケース スタンダード(ATX, ガンメタリック)
    サイズ(mm) 220(幅)x 440(奥行)x 480(高)
    重量 約 14 kg
    OS Windows 10 Home(64bit)
    ※最新スペックは必ず公式サイトにて確認下さい。
    GALLERIA XA7C-R37 の見積もり・購入

    ドスパラのゲーミングPCシリーズ GALLERIA(ガレリア)から GALLERIA XA7R-R37 をお借りする事が出来たのでレビュー&評価してみたいと思います。

    G-Tune デスクトップPC 売れ筋ランキング 1位

    現在、ドスパラ通販サイト GALLERIA ゲーミングPCカテゴリデスクトップ 売れ筋ランキング堂々の1位の超ハイエンドモデルなので超注目の1台です。

    グラフィックボードのメーカー

    Palit GeForce RTX 3090 GamingPro

    搭載されるグラフィックボードのベンダー(メーカー)は、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    今回搭載されていたグラフィックボードは、ZOTAC(ゾタック)のZOTAC GAMING GeForce RTX 3070 Twin Edgeです。

    FREEZ fan stop という、アイドル時にはファンの回転が停止する機能(アクティブファンコントロール)を備えています。

    こちらのモデルについては、ちょうどでもないですが去年の11月に『ダメです!』でお馴染みの"散財DIY"YouTuberの私が大好きな吉田製作所チャンネルさんで紹介されていました。

    忖度の無いレビューだとして、製品レビューにおいては信頼されているレビュアーさんでもあるので、リアルな感想がとても参考になります。

    RTX 3090、3080とのスペック比較、そしてZOTACのメリット…これは『どのマザーと組み合わせてもイケる。』との事。

    そしてサイズ感とデザインに対しての色々な面からの所感、後半はベンチーク比較(AMD Ryzen 9 3950Xで)という構成で見応えあります。

    LEDライトで光る

    グラボは背面でがっちり二重にネジで固定されています。補助電源は 8pin x 2 でメモリは 8GB GDDR6X です。

    GPU-Z(NVIDIA GeForce RTX 3070)

    GPU-Z(Palit GeForce RTX 3090 GamingPro)
    TECHPOWERUP のサイトで詳細を見る ZOTAC RTX 3070 Twin Edge Specs

    メモリは Samsung製です。

    グラボのインターフェース

    Palit GeForce RTX 3090 GamingPro のインターフェース
    HDMI DisplayPort
    1 3

    ゲーミング性能を測定

    人気ベンチマークソフトのスコア

    ドラゴンクエストⅩ

    ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 21873 すごく快適

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 高品質 11009 とても快適
    標準品質 13884 非常に快適

    ファンタシースターオンライン2 EP4

    ファンタシースターオンライン2 EP4 ベンチマーク 設定 6 084131 快適に動作

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) ベンチマーク - 81661 -

    バイオハザード6

    バイオハザード6ベンチマーク - 29285 RANK S
    GeForce RTX 3070 & AMD Ryzen 7 3700X
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    十分なスコアが出ています。FF では高設定だと"非常に快適"には届かずでした。

    3DMARK(TIME SPY・FIRE STRIKE)

    TIME SPY 1.0

    12 327GALLERIA XA7R-R37 の TIME SPY 1.0 のスコアは 12 327
    Graphics Score CPU Score
    13 359 8 576
    上位7%の性能GALLERIA XA7R-R37 は TIME SPY 1.0 で上位7%の性能

    FIRE STRIKE 1.1

    26 097GALLERIA XA7R-R37 の FIRE STRIKE 1.1 のスコアは 26 097
    Graphics Score 33 195
    Physics Score 23 125
    Combined Score 10 825
    上位3%の性能GALLERIA XA7R-R37 は FIRE STRIKE 1.1 で上位3%の性能

    TIME SPY 1.0 は上位7%、FIRE STRIKE 1.1 でも上位3%というスコアでした。スコアの数値だけでいえば RTX 3080 から大幅に下げていますが、それでも上位数%の枠には入っています。

    ゲームの快適さは?FPS値測定

    ドラゴンクエストⅩ

    ドラゴンクエストⅩのFPSドラゴンクエストⅩのFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    最高品質 29 190

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークFINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 設定 最低 FPS 平均 FPS
    高品質 48 109
    標準品質 99 141

    ファンタシースターオンライン2 EP4

    ファンタシースターオンライン2 EP4のFPSファンタシースターオンライン2 EP4のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    設定 6 195 277

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) のFPSモンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    - 431 731

    バイオハザード6

    バイオハザード6のFPSバイオハザード6のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    - 37 291
    GeForce RTX 3070 & AMD Ryzen 7 3700X
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    一応ゲームにおいてサクサクヌルヌル表示できる基準的な値が 60fps と言われていますが、全てのベンチマークソフトの全設定において十分なスコアです。

    ほとんどゲームで高設定で高解像度のグラフィックでゲームを楽しめます。

    VRMARK のスコア

    VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0

    11 690GALLERIA XA7R-R37 の TVRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 のスコアは 11 690
    Average frame rate Target frame rate
    254.83 fps 109.00 fps
    上位8%の性能GALLERIA XA7R-R37 は VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 で上位8%の性能

    3D MARK に続き上位8%の性能でした。

    動画編集・タスク系能力をチェック

    WIN SCORE SHARE のスコア

    GALLERIA XA7R-R37 WIN SCORE SHARE のスコア

    スコアは9.3です。

    CPUID HWMonitor で各パーツの温度をチェック

    CPUID HWMonitor で GALLERIA XA7R-R37 の各パーツの温度をチェック

    各パーツの最高温度

    グラフィックボード(GeForce RTX 3070) 71
    CPU(AMD Ryzen 7 3700X) 86
    SSD(PHISON PS5012-E12S-512G) 37

    この温度は、今回のレビューでベンチマークを動かしている間ずっと起動して測定していた数値になります。

    グラボ、CPUの温度が若干高めでしょうか。

    CPU-Z(AMD Ryzen 7 3700X)

    AMD Ryzen 7 3700X の CPU-Z ベンチマーク結果

    CPU-Z Ver. 1.95.0x64 ベンチマーク結果

    CPU シングルスレッド 525
    CPU マルチスレッド 5448.4

    リファレンスは Intel Core i7-10700 です。

    CINEBENCH R23(AMD Ryzen 7 3700X)

    CINEBENCH R23 で AMD Ryzen 7 3700X を測定

    CINEBENCH R23 の測定結果

    CPU(Multi Core) 11281 pts
    CPU(Single Core) 1275 pts
    MP Ratio 8.85 x

    PCMARK 10

    PCMARK 10 の測定結果

    6 711GALLERIA XA7R-R37 の PCMARK 10 のスコア 6 711
    上位11%の性能GALLERIA XA7R-R37 は PCMARK 10 で上位11%の性能

    ここでも上位11%の性能でした。

    CrystalDiskMark(M.2 SSD)

    PHISON PS5012-E12S-512G 512.1GB

    PHISON PS5012-E12S-512G 512.1GB
     CrystalDiskInfo の PHISON PS5012-E12S-512G 512.1GB の情報
    PHISON PS5012-E12S-512G 512.1GB の読み書き速度を CrystalDiskMark で測定
    5回測定 Read [MB/s] Write [MB/s]
    Seq Q8T1 3445.15 2538.42
    Seq Q1T1 2184.00 2538.44
    RND4K Q32T16 1740.68 2527.49
    RND4K Q1T1 55.62 206.59
    メーカー公式サイトの商品ページ

    目隠しパーツのチェック

    GALLERIA XA7R-R37 の右側面の内部の様子

    内部を覗いて、公式サイトでは記載が無いいわゆる"目隠しパーツ"群を見ていきます。CPUクーラー、マザーボード、メモリをチェックしてみました。

    こちら↑は右側面のパネルを開けた状態です。

    GALLERIA XA7R-R37 の左側面の内部の様子

    こちらは左側面からのアクセス。マウントなしで最大で 3.5インチドライブが2つ、5インチドライブが2つ、搭載できます。このモデルはオールフリー状態。

    CPUクーラー

    Wraith Prism

    GALLERIA XA7R-R37 には標準構成では AMD Ryzen 7 3700X リテール品のCPUクーラー…色彩制御されたLED照明付きの照光式クーラーである Wraith Prism を搭載しています。

    Inltel のリテール品よりも機能面で充実しているのが AMD製 CPU の特徴でもあります。上の動画では色々な調整方法が解りやすく解説されています。

    マザーボード

    ASRock B550 TW

    マザーボードはASRock B550 TWで、これは BtoB モデルのマザーボードでした。

    コンシューマー向け(一般消費者向け)のモデルASRock B550 Phantom Gamingを軸として特別チューニングをしているモデルという事です。

    GALLERIA で採用している各パーツが最適に安定して動作するように設定していて、Pro4 のm.2ヒートシンクを足した外観に仕上がってますが、青のドスパラカラーがアクセントで入っていたりします。

    Twitter とかで GALLERIA の中をチェックした人たちから『Steel Legend(ASRock B550 Steel Legend)みたいなのが入ってる。』という声があったようですが、正解がコチラとなります。

    因みに TW というのはドスパラの母体である、株式会社 THIRDWAVE(サードウェーブ)から来ています。

    バックパネルインターフェース

    ASRock B550 TW バックパネルインターフェース
    PS/2 キーボード/マウス 1
    HDMI - 1
    USB 3.0 - 6
    LAN - 1
    S/PDIF出力(光角型) オプティカル 1
    オーディオジャック - 5

    USB端子の数は合計6つ。Display Port が無いです。

    メモリ

    SAMSUNG M378A1G44AB0-CWE

    SAMSUNG M378A1G44AB0-CWE
    容量(1枚当り) メモリチップ規格 モジュール規格
    8 GB DDR4-3200 PC4-25600
    メーカー公式サイトの商品ページ

    メモリは SAMSUNG 純正の SAMSUNG M378A1G44AB0-CWE が2枚という構成でした。メジャーなBTOメーカーで採用頻度高い SAMSUNG です。

    搭載される各パーツのメーカーは、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    PUBGをプレイした体感とFPS値

    PUBGをプレイした体感とFPS値

    PJC(PUBG JAPAN CHALLENGE)Season1 の怒涛の135試合を観戦し、各チームメンバーの移籍やら引退劇も含め、はじめてPUBG熱が冷めてきて、時間も相当奪われるし『もう観戦やめようかな…。』なんて思い始めていました。

    が、今日まで過ごしてみると、Predator League 2020/21 Grand Finalもがっつり観戦していました…。もはや中毒状態ですね。涙

    プレデターリーグですが、ここまでDGW(DetonatioN Gaming White)が日本勢の中で最も上位に居てもはや風格がありますが、やはりSunSisterが気になります。

    実は PUBG 観戦のモチベ低下の原因は、kendesu選手がロスターから外れたことと、Fhy選手の脱退がめちゃデカイです…。ガチでショックでした。

    でも、本人たちも自分で判断していますから、こんな43才のおっさんが悲しんでもしょうがないですからね、新生サンシスを応援していきます。

    さて、いつもの FPS 測定ですが、もはやグラフィック性能は高い事は分かり切っているので、全部ウルトラ設定でプレイしてみました。

    ウルトラ設定で3回プレイ

    PUBG ウルトラ設定で FPS を測定
    マップ 平均FPS
    Paramo 148
    Sanhok 154
    Erangel 132

    私のモニターは解像度が 2560 × 1440pix のもですが、上記の3マップ全てにおいてウルトラ設定でプレイしましたが、降下時でマップの様子(建物など)はクッキリと描画されました。

    初動ファイト(武器ガチャ)も、降下完了手前までにしっかりと描画され、めっちゃ快適にプレイ出来ました。

    PUBGって FPS の中でもクラッシュが多いイメージなので、PUBG がここまで快適にプレイできれば、フォートナイト、Apex Legends、VALORANT などの人気どころは間違いなく快適にプレイできるでしょう。

    良い点・イマイチな点

    GALLERIA XA7R-R37 をレビューして、良い所とイマイチだと思う所を正直にまとめてみました。まずは良い所から。

    • ケースがめっちゃかっこイイ!!
    • グラフィックボードの装着が頑丈!!
    • 内部の空間に"ゆとり"があってエアフローが完璧!!
    • M.2 SSD に標準でシールド(ヒートシンク)が付いている!!
    • マザーボードが GALLERIA オリジナル!!

    この5点が注目できる点かと思いました。

    リジッドカードサポートでグラフィックボードを固定

    GALLERIA のケースが新しく刷新されてから標準で、大型ステー(補強部材)であるリジッドカードサポートでグラフィックボードを固定してくれるようになりました。

    今回の Zotac の RTX 3070 は RTX 3080 や 3090 ほど横幅が無く、リジッドカードサポートは無いのかな?と思っていましたが、しっかりありました。

    対してイマイチだった所は、

    • バックパネルのインターフェースがちょっと物足りない…。
    • グラフィックボードの高騰の煽りを受けた価格…。
    • システムドライブ以外のストレージがない…。

    という点が気になりました。

    まず、ゲーミングPCとしてストレージの容量不足があると思います。Cドライブにゲームデータをインストールするのも良いのですが、空き容量は不安です。

    例えば Apex Legends だけインストールするにしても 必要な容量は 22GB以上ですから、多くのゲームタイトルをローカルにインストールするだけでも Cドライブの空き400GB ちょっとでは不安があります。カスタマイズで1TBのSSDがおすすめ

    予算に余裕があれば、プラス 1TB の SSD の追加カスタマイズが理想ですが、もうちょっと予算を絞りたければ、512GB あたりの SSD を別途購入する事をおすすめします。

    バックパネルのインターフェースは DisplayPort が無いなどちょっと貧弱な印象がありますが、グラフィックボード側で対応できるので良しとも言えます。

    価格については…正直今はちょっとタイミングが悪いとしか言いようがありません。ここまでグラフィックボード単体が品薄になった記憶が自分には無く、

    グラフィックボードの価格推移

    このような感じで価格が高騰していますから、GALLERIA シリーズはもとより他の BTO メーカー、PCブランドなども確実に価格(値上がり方向)に影響をもたらしています。

    こればかりはどうしようもないのですが、もしどうしても納得がいかない場合は、価格が落ち着くまで購入自体を見送るしかありません…。

    以上、良い点とイマイチな点を挙げましたが、このモデルは全体的には満足度がめっちゃ高いモデルです。RTX 3070 のパワーの凄さは本当に魅力的です。

    これからゲーミングPCを購入しようと思っている方。お財布事情はあるかもしれませんが、気合を入れて RTX 30 シリーズ搭載モデルは本当にオススメですね。

    以上、GALLERIA XA7R-R37 のレビューでした。

    GALLERIA No.1!この1台でほとんどのゲームは快適にプレイ可能!
    GALLERIA XA7C-R37 の見積もり・購入
    ページの先頭へ戻る