マウスコンピューター G-Tune HM-B-3060Ti

G-Tune HM-B-3060Ti(GeForce RTX 3060 Ti × Intel Core i7-10700F)レビュー&評価

G-Tune HM-B-3060Ti(GeForce RTX 3060 Ti × Intel Core i7-10700F)レビュー&評価

(金)

    標準スペック・サイズ

    G-Tune HM-B-3060Ti 標準スペック・仕様・サイズ・価格
    グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti 8GB
    CPU Intel Core i7-10700F( 8コア16スレッド, 2.90-4.80GHz, 16MB)
    メモリ 16GB(8GBx2, デュアルチャネル, DDR4-3200)
    M.2 SSD 512GB(NVMe)
    電源 700W(80PLUS BRONZE)
    マザーボード Intel B460 チップセット搭載(microATX)
    サイズ(mm) 194(幅)x 411(奥行)x 400(高)
    重量 約 10.7 kg
    OS Windows 10 Home(64bit DSP)
    保証 1年間無償保証, 24時間 ×365日電話サポート
    ※最新スペックは必ず公式サイトにて確認下さい。
    G-Tune HM-B-3060Ti の見積もり・購入

    マウスコンピューターのゲーミングPCシリーズ G-Tune(ジーチューン)から G-Tune HM-B-3060Ti をお借りする事が出来たのでレビュー&評価してみたいと思います。

    最近ブイブイいわしている AMD Radeon & Ryzen ですが、もちろん Intel & NVIDIA も健在です。遂に第11世代の Core i7 も登場しました。

    今回のモデルは価格が税込み約20万円という価格で、スペック的にはゲーミングPCとしてハイエンドの部類に入ってくる一台ですね。

    レビュー時点では Core i7-10700F ですが、2021年11月12日時点では Core i7-11700 にアップグレードしています。

    また、今回レビュー用にお借りしたモデルはファンがLEDファンカスタマイズ仕様となっていることをご了承ください。(標準では付いてきません。)

    グラフィックボードのメーカー

    MSI製 B to B のグラフィックボード「GeForce RTX 3060 Ti」

    搭載されるグラフィックボードのベンダー(メーカー)は、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    今回搭載されていたグラフィックボードは MSI製ということは判明しましたが、MSIのWEBを見てもブツが無かったので、コンシューマー向けではなくBTOメーカーへ向けたOEMモノだと思われます。

    グラフィックボードの外観

    外観はこんな感じ。

    むき出しのヒートシンク

    むき出しのヒートシンクがなんかカッコイイ。

    ファン周りはシンプル

    こちらのデザイン・造りが MSI のコンシュー向けのモノと比べて簡素・シンプルです。

    GPU-Z(GeForce RTX 3060 Ti)

    GPU-Z(MVIDIA GeForce RTX 3060 Ti
    TECHPOWERUP で詳細を見る NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti

    背面のインターフェース群

    GeForce RTX 3060 Ti インターフェース
    HDMI DisplayPort
    1 3

    ゲーミング性能を測定

    人気ベンチマークソフトのスコア

    ドラゴンクエストⅩ

    ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 24044 すごく快適

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 高品質 10750 とても快適
    標準品質 14659 非常に快適

    ファンタシースターオンライン2 EP4

    ファンタシースターオンライン2 EP4 ベンチマーク 設定 6 124194 快適に動作

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) ベンチマーク - 72425 -

    バイオハザード6

    バイオハザード6ベンチマーク - 30003 RANK S
    GeForce RTX 3060 Ti & Intel Core i7-10700F
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    どのベンチマークも高い水準でまとまっています。FF 高品質でプレイしても快適に動作するでしょう。

    3DMARK(TIME SPY・FIRE STRIKE)

    TIME SPY 1.0

    10 598G-Tune HM-B-3060Ti の TIME SPY 1.0 のスコアは 10 598
    Graphics Score CPU Score
    10 984 8 840
    上位11%に入る性能G-Tune HM-B-3060Ti は TIME SPY 1.0 で上位11%に入る性能

    FIRE STRIKE 1.1

    22 554G-Tune HM-B-3060Ti の FIRE STRIKE 1.1 のスコアは 22 554
    Graphics Score 28 572
    Physics Score 22 726
    Combined Score 8 705
    上位8%に入る性能G-Tune HM-B-3060Ti は FIRE STRIKE 1.1 で上位8%に入る性能

    TIME SPY 1.0 は上位11%、FIRE STRIKE 1.1 でも上位8%というスコアでした。バリバリのゲーミングPCとして活躍してくれます。

    ゲームの快適さは?FPS値測定

    ドラゴンクエストⅩ

    ドラゴンクエストⅩのFPSドラゴンクエストⅩのFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    最高品質 27 207

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークFINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 設定 最低 FPS 平均 FPS
    高品質 47 107
    標準品質 104 148

    ファンタシースターオンライン2 EP4

    ファンタシースターオンライン2 EP4のFPSファンタシースターオンライン2 EP4のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    設定 6 85 180

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) のFPSモンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    - 355 672

    バイオハザード6

    バイオハザード6のFPSバイオハザード6のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    - 213 327
    GeForce RTX 3060 Ti & Intel Core i7-10700F
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    一応ゲームにおいてサクサクヌルヌル表示できる基準的な値が 60fps と言われています。FF でこのスコアが出ていれば、現状あるゲームタイトルのほとんどで快適にプレイできるでしょう。

    VRMARK のスコア

    VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0

    12 969G-Tune HM-B-3060Ti の TVRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 のスコアは 12 969
    Average frame rate Target frame rate
    282.73 fps 109.00 fps
    上位5%に入る性能G-Tune HM-B-3060Ti は VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 で上位5%に入る性能

    3D MARK は上位5%の性能でした。

    動画編集・タスク系能力をチェック

    WIN SCORE SHARE のスコア

    G-Tune HM-B-3060Ti WIN SCORE SHARE のスコア

    スコアは9.1です。

    CPUID HWMonitor で各パーツの温度をチェック

    CPUID HWMonitor で G-Tune HM-B-3060Ti の各パーツの温度をチェック

    各パーツの最高温度

    グラフィックボード(GeForce RTX 3060 Ti) GPU 72
    CPU(Intel Core i7-10700F) Pakage 92
    M.2 SSD(ADATA SX6000PN) Assembly 43
    マザーボード(MouseComputer B460M) SYSTIN 40

    この温度は、今回のレビューでベンチマークを動かしている間ずっと起動して測定していた数値になります。

    かなりの低温動作が確認出来ました。

    CPU-Z(Intel Core i7-10700F)

    AMD Ryzen X 3500 の CPU-Z ベンチマーク結果

    CPU-Z Ver. 1.95.0x64 ベンチマーク結果

    CPU シングルスレッド 536.4
    CPU マルチスレッド 5590.3

    リファレンスは Ryzen7 3700Xです。

    CINEBENCH R23(Intel Core i7-10700F)

    CINEBENCH R23 で Intel Core i7-10700F を測定

    CINEBENCH R23 の測定結果

    CPU(Multi Core) 8829 pts
    CPU(Single Core) 1263 pts
    MP Ratio 6.99 x

    PCMARK 10

    PCMARK 10 の測定結果

    6 165G-Tune HM-B-3060Ti の PCMARK 10 のスコア 6 165
    上位24%に入る性能G-Tune HM-B-3060Ti は PCMARK 10 で上位24%に入る性能

    上位24%に入る性能でした。やはり Ryzen に比べてマルチタスクが弱いのかと思います、ゲームに特化して強いですが。

    CrystalDiskMark(M.2 SSD)

    ADATA SX6000PNP 512.1 GB

    ADATA SX6000PNP 512.1 GB
     CrystalDiskInfo の ADATA SX6000PNP 512.1 GB の情報
    ADATA SX6000PNP 512.1 GB の読み書き速度を CrystalDiskMark で測定
    5回測定 Read [MB/s] Write [MB/s]
    Seq Q8T1 2044.28 1335.69
    Seq Q1T1 1929.20 1092.61
    RND4K Q32T16 978.67 843.06
    RND4K Q1T1 42.68 129.96
    メーカー公式サイトで詳細を見る

    目隠しパーツのチェック

    G-Tune HM-B-3060Ti の内部の様子

    内部を覗いて、公式サイトでは記載が無いいわゆる"目隠しパーツ"群を見ていきます。CPUクーラー、マザーボード、メモリをチェックしてみました。

    こちら↑は向かって左側面のパネルを開けた状態です。

    G-Tune HM-B-3060Ti の内部の様子(左側面)

    こちらは右側面。裏配線が見えます。

    CPUクーラー

    空冷CPUクーラー

    空冷CPUクーラーですがメーカー不明。これもグラボと同じようにOEMモノかと思われます。公式サイトのスペック詳細にも「空冷CPUクーラー」としか書かれていません。

    マザーボード

    MouseComputer Co.Ltd. X570-

    マザーボードもOEMかと思われます。CPUID HWMonitor で確認できる限りですと MouseComputer B460M とありますね。

    バックパネルインターフェース

    MouseComputer Co.Ltd. X570-バックパネルインターフェース
    PS/2 キーボード 1
    マウス 1
    USB 2.0 Type-A 2
    USB 3.0 Type-A 2
    DisplayPort 1.2 1
    HDMI - 1
    LAN - 1
    オーディオジャック - 3

    micro ATX だとしてもかなり貧弱なインターフェース仕様となっています。USBポートが少ないですね。

    ※搭載される各パーツのメーカーは、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    メモリ

    Micron MTA8ATF1G64AZ-2G6E1 8GB

    Micron MTA8ATF1G64AZ-2G6E1 8GB
    容量(1枚) メモリチップ規格 モジュール規格
    8 GB DDR4-2666 PC4-21300
    Amazonで詳細を見る

    メモリは Micron 製の DDR4 21300 8GB が2枚という構成でした。

    ※写真は1枚のメモリを表裏、両面撮影したものです。

    良い点・イマイチな点

    G-Tune HM-B-3060Ti をレビューして、良い所とイマイチだと思う所を正直にまとめてみました。まずは良い所から。

    • ケースがコンパクト&スタイリッシュでかっこイイ!!
    • 内部がすっきりしていてエアフロー良し!!
    • 内部へのアクセスがワンタッチ式でめっちゃ楽!!

    この3点が特に注目できる点かと思いました。

    ガラスパネルに目立たない感じであしらっているロゴ

    G-Tune も mouse もロゴがカッコイイ&素敵なので全然あっても邪魔じゃないんですよね。しかもガラスパネルに目立たない感じであしらっているのがまたイイっす。

    レバーを下げてパカッ!と開くサイドクリアパネル

    内部へのアクセスがめっちゃやりやすくて、このように上にあるレバーを下げてパカッ!と開くんです。これはもう最高です。

    底面のメッシュでほこり対策は万全

    底面はびっしりとメッシュが。

    LEDカスタマイズ

    ファンは標準のものではなく、LEDカスタマイズです。このカラーリング最高ですね。

    ハニカムデザインの排気口とG-Tuneのロゴ

    ハニカム構造の排気口と、またさりげないロゴが。マジでイケてますね。

    右側面のパネルはネジを外す必要あり。

    反対側はネジなのはいいとしても。

    ネジの出っ張りは邪魔

    ネジがこのように出っ張ってしまっているのはちょっと残念です。

    フロントインターフェース

    ただ、前面のインターフェースも、このように上に斜めに付いているパターンで、個人的には一番良い位置だと思っていますし、ケースのデザインは全般的に凄く良いと思いました。

    対して、ちょっとイマイチかな~と思った点は、

    • ストレージの空きが少ないかも…。
    • メモリスロットの空きがない…。

    空きストレージなのですが、

    5インチベイがひとつしかない

    5インチベイがひとつしかないので、外部でかさばるのがイヤな方で内部だけでストレージを完結させたい方は、ここに入れるストレージはよくよく吟味した方が良いでしょう。理想は大容量のSSDかとは思います。

    メモリスロットが二つしかない

    あと、今回の microATX の弱点が出た感じで、メモリスロットが二つしかなくて出荷段階で全部埋まっているという点です。

    メモリを32GBにしようとする場合は増設対応ではなく買い替えとなるので注意が必要ですね。

    という事で良い所イマイチんな所を探ってみましたが、トータルでの評価は非常に使い勝手の良いモデルだと感じます。

    何よりもメリットなのは、RTX 3060 Ti 搭載で20万円ぽっきりという所でしょう。最初にスペックを固めてしまい納得できれば、ほとんど不満点がないモデルだと思います。

    以上、G-Tune HM-B-3060Ti のレビューでした。

    ゲームも配信もガチ勢を目指す人に!脱ライトユーザーに最適な一台!!
    G-Tune HM-B-3060Ti の見積もり・購入
    ページの先頭へ戻る