ドスパラ GALLERIA XA7R-R36

GALLERIA XA7R-R36(GeForce RTX 3060 × AMD Ryzen 7 3700X)レビュー&評価

GALLERIA XA7R-R36(GeForce RTX 3060 × AMD Ryzen 7 3700X)レビュー&評価

(月)更新

    標準スペック・サイズ

    GALLERIA XA7R-R36 標準スペック・仕様・サイズ・価格
    グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 12GB
    CPU AMD Ryzen 7 3700X(3.6-4.4GHz, 8コア, 16スレッド)
    メモリ 16GB(PC4-25600, 8GBx2, 2チャネル)
    M2.SSD 512GB(NVMe対応, Intel 660pシリーズ,M.2,読込速度 3200MB/s,書込速度 2000MB/s,QLC)
    電源 650W(80PLUS BRONZE)
    マザーボード ASRock B550 TW(ATX, AMD B550 チップセット)
    PCケース ガレリア専用 SKケース スタンダード(ATX, ガンメタリック)
    サイズ(mm) 220(幅)x 440(奥行)x 480(高)
    重量 約 14 kg
    OS Windows 10 Home(64bit)
    ※最新スペックは必ず公式サイトにて確認下さい。
    GALLERIA XA7C-R36 の見積もり・購入

    ドスパラのゲーミングPCシリーズ GALLERIA(ガレリア)から GALLERIA XA7R-R36 をお借りする事が出来たのでレビュー&評価してみたいと思います。

    G-Tune デスクトップPC 売れ筋ランキング 1位

    現在、ドスパラ通販サイト GALLERIA ゲーミングPCカテゴリでは、特にランキングに入ってはいないものの、個人的には待ちに待った GeForce RTX 3060 搭載モデルです。

    今回のレビューでは、グラボ以外のスペックがほぼ一緒の RTX 3070 搭載モデルであるGALLERIA XA7R-R37と比較してどれ位のモノなのか?…詳しくレビューしていきます。

    グラフィックボードのメーカー

    Palit GeForce RTX 3060 StormX

    搭載されるグラフィックボードのベンダー(メーカー)は、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    今回搭載されていたグラフィックボードは、ドスパラご用達の Palit(パリット)はGeForce RTX 3060 StormXでした。Palit 搭載…なんか久しぶりな気がしますね。ここ最近は Zotac でした。

    この StormX の最大の特徴なんですが、なんと長さが17cmという超コンパクトサイズなんです。そしてシングルファン

    シングルファンというのは逆に心配ポイントだと思いますが、後ほどベンチマーク中の温度を掲載していますのでチェックしてみて下さい。

    ミニサイズながらしっかりと各機能は装備しています。温度に応じて変化する RGB LED 照明、設定できる色は1680万色なので、自分の好きな色に出来ます。

    ファンは 0-dB(デジベル)テクニックを搭載、作業負荷が一般的であるときは、サイレント・モードにできます。

    アップグレードされたソフトウェア ThunderMaster は、インターフェースが使いやすくなり、オーバークロック、ファン速度など細かくカスタマイズ設定が可能です。

    LEDライトで光る

    補助電源は 8pin x 1 でメモリは 16GB GDDR6X です。電力Wは170W

    GPU-Z(NVIDIA GeForce RTX 3060)

    GPU-Z(NVIDIA GeForce RTX 3060)
    TECHPOWERUP のサイトで詳細を見る Palit RTX 3060 StormX

    メモリは Samsung製です。

    グラボのインターフェース

    Palit GeForce RTX 3090 GamingPro のインターフェース
    HDMI DisplayPort
    1 3

    ゲーミング性能を測定

    人気ベンチマークソフトのスコア

    ドラゴンクエストⅩ

    ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 22463 すごく快適

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 高品質 8887 快適
    標準品質 12006 非常に快適

    ファンタシースターオンライン2 EP4

    ファンタシースターオンライン2 EP4 ベンチマーク 設定 6 096351 快適に動作

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) ベンチマーク - 53924 -

    バイオハザード6

    バイオハザード6ベンチマーク - 27192 RANK S
    GeForce RTX 3060 & AMD Ryzen 7 3700X
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    GALLERIA XA7R-R37という、今回のモデルと構成がほぼほぼ一緒、グラボだけが RTX 3070 という、比較にもってこいのモデルを先にレビューしていたので、スコアの比較をしてみます。

    GALLERIA XA7R-R37(GeForce RTX 3070 搭載)と比較

    GALLERIA XA7R-R36 XA7R-R37
    GeForce RTX 3060 RTX 3070
    AMD Ryzen 7 3700X
    ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 22463 21873
    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 高品質 8887 11009
    標準品質 12006 13884
    ファンタシースターオンライン2ベンチマーク 設定 6 096351 084131
    バイオハザード6ベンチマーク - 53924 81661
    バイオハザード6ベンチマーク - 27192 29285
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    いやいや大健闘ですね RTX 3060。特筆すべきはあのサイズ感でごっつい RTX 3070 と渡り合っているという事実。

    3DMARK(TIME SPY・FIRE STRIKE)

    TIME SPY 1.0

    8 689GALLERIA XA7R-R36 の TIME SPY 1.0 のスコアは 8 689
    Graphics Score CPU Score
    8 546 9 602
    上位24%の性能GALLERIA XA7R-R36 は TIME SPY 1.0 で上位24%の性能

    FIRE STRIKE 1.1

    19 624GALLERIA XA7R-R36 の FIRE STRIKE 1.1 のスコアは 19 624
    Graphics Score 21 413
    Physics Score 23 725
    Combined Score 10 408
    上位12%の性能GALLERIA XA7R-R36 は FIRE STRIKE 1.1 で上位12%の性能

    TIME SPY 1.0 は上位24%、FIRE STRIKE 1.1 でも上位12%というスコアでした。RTX 3070(GALLERIA XA7R-R37)だと TIME SPY 1.0 は上位7%、FIRE STRIKE 1.1 でも上位3%だったので、スコアの差が目立ちましたね。

    ゲームの快適さは?FPS値測定

    ドラゴンクエストⅩ

    ドラゴンクエストⅩのFPSドラゴンクエストⅩのFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    最高品質 29 194

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークFINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 設定 最低 FPS 平均 FPS
    高品質 41 88
    標準品質 81 121

    ファンタシースターオンライン2 EP4

    ファンタシースターオンライン2 EP4のFPSファンタシースターオンライン2 EP4のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    設定 6 191 288

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) のFPSモンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    - 242 482

    バイオハザード6

    バイオハザード6のFPSバイオハザード6のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    - 40 246
    GeForce RTX 3060 & AMD Ryzen 7 3700X
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    一応ゲームにおいてサクサクヌルヌル表示できる基準的な値が 60fps と言われていますが、全てのベンチマークソフトの全設定において十分なスコアです。

    ほとんどゲームで高設定で高解像度のグラフィックでゲームを楽しめます。

    GALLERIA XA7R-R37(GeForce RTX 3070 搭載)と比較

    GALLERIA XA7R-R36 XA7R-R37
    GeForce RTX 3060 RTX 3070
    AMD Ryzen 7 3700X
    ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 194 190
    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 高品質 88 109
    標準品質 121 141
    ファンタシースターオンライン2ベンチマーク 設定 6 288 277
    バイオハザード6ベンチマーク - 482 731
    バイオハザード6ベンチマーク - 246 291
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    勝敗がベンチマークスコアの時と全く一緒でした。RTX 3060 イイ感じです。

    VRMARK のスコア

    VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0

    11 178GALLERIA XA7R-R36 の TVRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 のスコアは 11 178
    Average frame rate Target frame rate
    243.67 fps 109.00 fps
    上位11%の性能GALLERIA XA7R-R36 は VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 で上位11%の性能

    上位11%の性能でした。GALLERIA XA7R-R37 では上位7%だったので VR についてはあまり差が出ませんでした。

    動画編集・タスク系能力をチェック

    WIN SCORE SHARE のスコア

    GALLERIA XA7R-R36 WIN SCORE SHARE のスコア

    スコアは9.1です。

    CPUID HWMonitor で各パーツの温度をチェック

    CPUID HWMonitor で GALLERIA XA7R-R36 の各パーツの温度をチェック

    各パーツの最高温度

    グラフィックボード(GeForce RTX 3060) 74
    CPU(AMD Ryzen 7 3700X) 81
    SSD(PHISON PS5012-E12S-512G) 39

    この温度は、今回のレビューでベンチマークを動かしている間ずっと起動して測定していた数値になります。

    シングルファンなので心配はありましが、問題は無さそうですね。

    CPU-Z(AMD Ryzen 7 3700X)

    AMD Ryzen 7 3700X の CPU-Z ベンチマーク結果

    CPU-Z Ver. 1.95.0x64 ベンチマーク結果

    CPU シングルスレッド 515.9
    CPU マルチスレッド 5497.5

    リファレンスは Intel Core i7-10700 です。

    CINEBENCH R23(AMD Ryzen 7 3700X)

    CINEBENCH R23 で AMD Ryzen 7 3700X を測定

    CINEBENCH R23 の測定結果

    CPU(Multi Core) 12175 pts
    CPU(Single Core) 1289 pts
    MP Ratio 9.44 x

    PCMARK 10

    PCMARK 10 の測定結果

    6 530GALLERIA XA7R-R36 の PCMARK 10 のスコア 6 530
    上位15%の性能GALLERIA XA7R-R36 は PCMARK 10 で上位15%の性能

    ここでも上位15%の性能でした。GALLERIA XA7R-R37 では上位11%だったのであまり差は出ませんでした。

    CrystalDiskMark(M.2 SSD)

    PHISON PS5012-E12S-512G 512.1GB

    PHISON PS5012-E12S-512G 512.1GB
     CrystalDiskInfo の PHISON PS5012-E12S-512G 512.1GB の情報
    PHISON PS5012-E12S-512G 512.1GB の読み書き速度を CrystalDiskMark で測定
    5回測定 Read [MB/s] Write [MB/s]
    Seq Q8T1 3443.24 2279.64
    Seq Q1T1 2352.28 2341.17
    RND4K Q32T16 1568.02 2357.30
    RND4K Q1T1 56.17 226.75
    メーカー公式サイトの商品ページ

    目隠しパーツのチェック

    GALLERIA XA7R-R36 の右側面の内部の様子

    内部にアクセスしてパーツのチェックをしてみます。公式サイトでは記載が無い…いわゆる"目隠しパーツ"たちはどんなものを採用しているのでしょうか?CPUクーラー、マザーボード、メモリをチェックしてみました。

    こちら↑は右側面のパネルを開けた状態です。

    GALLERIA XA7R-R36 の左側面の内部の様子

    こちらは左側面からのアクセス。マウントなしで最大で 3.5インチドライブが2つ、5インチドライブが2つ、搭載できます。

    このモデルはマザーボードに M.2 SSD が一枚取り付けられているだけなので、ベイは完全フリーですね。

    CPUクーラー

    Wraith Prism

    GALLERIA XA7R-R36 には標準構成では AMD Ryzen 7 3700X リテール品のCPUクーラー…色彩制御されたLED照明付きの照光式クーラーである Wraith Prism を搭載しています。

    Intel のリテール品よりも機能面で充実しているし、デザインがかっこいいのが AMD製 CPUクーラーの良い所です。上のYouTube動画では、様々な調整の仕方が解説されていて親切ですね。

    マザーボード

    ASRock B550 TW

    マザーボードはASRock B550 TWで、これは BtoB モデルのマザーボードで、コンシューマー向けのASRock B550 Phantom Gamingを軸として、ドスパラで特別にチューニングをしているマザーボードになります。

    TW というのはTHIRDWAVE(サードウェーブ)から来ています。

    バックパネルインターフェース

    ASRock B550 TW バックパネルインターフェース
    PS/2 キーボード/マウス 1
    HDMI - 1
    USB 3.0 - 6
    LAN - 1
    S/PDIF出力(光角型) オプティカル 1
    オーディオジャック - 5

    USB端子の数は合計6つ。Display Port が無いです。若干物足りないでしょうか…。

    メモリ

    SK hynix HMA81GU6DJR8N

    SK hynix HMA81GU6DJR8N
    容量(1枚当り) メモリチップ規格 モジュール規格
    8 GB DDR4-3200 PC4-25600
    メーカー公式サイトの商品ページ

    メモリは SK hynix の HMA81GU6DJR8N という型番のものが2枚という構成でした。

    搭載される各パーツのメーカーは、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    PUBGをプレイした体感とFPS値

    PUBGをプレイした体感とFPS値

    PUBG暦3年を経過してはじめて、FPPに移行しました。そしてランクマッチを回しています。さすがにノーマルマッチのBOTが弱すぎて全然面白くないです。

    が、逆にランクマッチは強いし、エランゲル、ミラマーしかほぼプレイできないので、なんかこの中間位の歯応えがいいなーと思いつつゴールドとプラチナの間を行ったり来たりしている日々。

    最近はプレイよりも観戦の時間の方が長くなってしまいましたね。

    さて、PJC(PUBG JAPAN CHALLENGE)Season2 が始まりましたね。仕事がめっちゃ忙しくなっているんですが、やっぱり観てしまう自分…。

    そしてやっぱり気になるSunSisterですが、eguto選手の加入で既存選手のバランスが微妙に変わった印象を持ちました。…が、それにしても強いです。火力が上がったと思います。あと、スピーディー。

    予選を1位で通過しましたが、はやく DGW や E36、RJ、JUPITER、USG などとぶつかっている所を見てみたいですね。

    ウルトラ・高い・中型 でプレイした時の平均FPS

    PUBGをプレイした体感とFPS値(ウルトラ・高い・中型で3回プレイ)
    設定 平均FPS
    ウルトラ 111
    高い 116
    中型 130

    私のモニターはなんとゲーミングモニターじゃないんですが、27インチ型で解像度が 2560 × 1440px のもです。

    今回は Erangel(エランゲル)でウルトラ、高い、中型設定でプレイしましたが、まあプレイするまでも無く分かっていましたが、超快適でした。

    降下時でマップの様子(建物など)はクッキリと描画され初動ファイト(武器ガチャ)も全くストレスなくこなせます。

    PUBG が快適にプレイできる…イコール、フォートナイト、Apex Legends、VALORANT などの人気タイトルは間違いなく快適にプレイできます。なぜか PUBG って重いしクラッシュが多いんですよね…。

    良い点・イマイチな点

    GALLERIA XA7R-R36 をレビューして、良い所とイマイチだと思う所を正直にまとめてみました。まずは良い所から。

    • ケースがめっちゃかっこイイ!!
    • グラボのサイズがコンパクトで内部のゆとりがめっちゃある!!
    • M.2 SSD に標準でシールド(ヒートシンク)が付いている!!
    • グラフィックボードの取り付けがしっかりしている!!

    この4点が特に注目できる点かと思いました。

    グラボがコンパクトで内部にゆとりがある!!

    M.2 SSD が隠れてしまっている

    このようにグラフィックボードのサイズが小さいので内部に"ゆとり"があります。例えばこのままだと M.2 SSD が隠れてしまっているので、

    グラボを下のスロットに楽々移動

    気軽に下のスロットに移動…なんて事も可能です。だから?…と言われればそれまでなんですが、こっちの方が良くないっすか?

    堅牢な取り付けのグラボ

    グラフィックボードの取り外し

    グラボ取り外しはネジ2本をドライバーで回すだけで簡単なんですが、ちゃんとしっかり固定するための器具(写真右)なんかも付いていて、非常に考えられています。堅牢です。

    対してイマイチだった所は、

    • マザーボードのバックパネルインターフェースが物足りない…。
    • システムドライブ(Cドライブ)だけだと容量が少ない…。

    という点が気になりました。

    基本的にゲーミングPCでストレージが 500GB 程度しかないのは致命的じゃないかな、と思います。

    ストレージをカスタマイズしよう!!

    Apex Legends のインストールに必要なストレージ容量

    仮にアナタが FPS勢だとして、Apex Legends だけをインストールする場合でも、必要なディスク容量は 62GB程度必要なんです。

    CドライブというのはOS用に既に 100GB 近くの容量を取られている訳ですから、多くのゲームタイトルをローカルにインストールしたりその他アプリ、ソフトをインストールする事を考えれば完全に 512GB では足りません。

    ですからCドライブの他に、プラス 1TB以上の…理想は SSD、どうしても予算が許さないのであれば HDD の追加カスタマイズが必須だと思います。

    カスタマイズでストレージを追加するのは必須でしょう!

    おすすめは 1TB の SSD です。プラスすると20万円をちょっとだけオーバーしてしまいますが、絶対に後悔はしないと思います。(後々面倒くさくないと思います。)

    もちろん、ここでカスタマイズせずに自分で別途ストレージを購入して取り付けるのも可能ですよ。安上りになる確率高いです。

    以上、良い点とイマイチな点を挙げましたが、このモデルは満足度がめっちゃ高いモデルだと思います。RTX 3060 は期待以上のパワーがあり、そしてコンパクトなのが素晴らしいです。

    なんかごっついのはカッコイイというのは間違いないんですが、ちょっと扱いが怖いというのが正直あります。

    そして、今回比較対として挙げましたGALLERIA XA7R-R37とどちらが良いか…?という質問があるとすれば、個人的にはこちらのモデルをおすすめします。

    以上、GALLERIA XA7R-R36 のレビューでした!!

    満足度の高いグラボ RTX 3060 はパワフルかつコンパクトで最高!!
    GALLERIA XA7C-R36 の見積もり・購入
    ページの先頭へ戻る