ドスパラ GALLERIA RM5R-R36 3600搭載

GALLERIA RM5R-R36(GeForce RTX 3060 × AMD Ryzen 5 3600)レビュー&評価

GALLERIA RM5R-R36(GeForce RTX 3060 × AMD Ryzen 5 3600)レビュー&評価

)更新

    標準スペック・サイズ

    GALLERIA RM5R-R36 標準スペック・仕様・サイズ・価格
    グラボ NVIDIA GeForce RTX 3060 12GB
    CPU AMD Ryzen 5 3600(3.6GHz-4.2GHz, 6コア, 12スレッド)
    メモリ 16GB(PC4-21300, 8GBx2, 2チャネル)
    M2.SSD 512GB(M.2 2280, 読込速度 3200MB/s,書込速度 2000MB/s)
    電源 650W(80PLUS BRONZE)
    マザーボード AMD A520 チップセット搭載(Micro ATX)
    PCケース ガレリア専用 SKMケース
    サイズ(mm) 220(幅)x 440(奥行)x 425(高)
    重量 約 14 kg
    OS Windows 10 Home(64bit)
    ※最新スペックは必ず公式サイトにて確認下さい。
    GALLERIA RM5R-R36 の見積もり・購入

    ドスパラのゲーミングPCシリーズ GALLERIA(ガレリア)から GALLERIA RM5R-R36 をお借りする事が出来たので、レビュー&評価してみたいと思います。

    現在、コロナや仮想通貨高騰の煽りを受けて、史上類をみないレベルで値上がりしているグラフィックボード群ですが、目下一番良心的な価格で提供しているのがBTOパソコンメーカーでして、かなり需要があるのではないかと思います。

    今回のレビューでは、Ryzenシリーズの最高傑作と呼び声が高い Ryzen 5 3600 搭載のゲーミングPCということで、非常に楽しみです。

    Core 2 Duo が登場してからず~…っと Intel の覇権が続いていて、もう AMD はダメなんじゃないか?…と世間では思われていたと思いますが、最高にロックな復活劇を魅せているようですね。

    グラフィックボードのメーカー

    Palit GeForce RTX 3060 StormX

    搭載されるグラフィックボードのベンダー(メーカーPC4-25600)は、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    今回搭載されていたグラフィックボードは、ドスパラご用達の Palit(パリット)はGeForce RTX 3060 StormXでした。

    Palit は国内ではドスパラが唯一の正規代理店で、安価である点が非常にありがたいです。ドスパラ公式通販サイトのみでの扱いで、単品は元よりBTOに組まれていても単品価格が反映されているので非常にお安いです。

    StormX の特徴としては、3000番シリーズにして長さが17cmというコンパクトサイズという点です。シングルファンというのも特徴のひとつです。

    シングルファンは実際にここまでハイエンドなグラフィックボードですと、排熱の面で心配だと思いますが、ケース内にはゆとりがあり、CPUクーラーなどは別途選別されているなど、エアフローの設計はしっかりしているので心配ないかと思います。

    機能面でも、コンパクトサイズながらしっかりしています。温度に応じて変化する RGB LED 照明搭載、色は1680万色から設定可能です。

    ファンは 0-dB(デジベル)テクニックという機能を装備、パソコンの負荷があまりかかっていない状態のときにはサイレントモードにできます。

    そして、ソフトウェア ThunderMaster でコントロールできます。インターフェースは非常に使いやすいデザインで、オーバークロックやファン速度などを細かく設定できます。

    L補助電源は 8pin x 1 でメモリは 16GB GDDR6X

    補助電源は 8pin x 1 でメモリは 16GB GDDR6X です。電力Wは170W

    接続部分に固定テープ

    今回は接続部分に固定テープが貼ってありました。地味に親切で嬉しいです。

    GPU-Z(NVIDIA GeForce RTX 3060)

    GPU-Z(NVIDIA GeForce RTX 3060)
    TECHPOWERUP のサイトで詳細を見る Palit RTX 3060 StormX

    メモリは Samsung製でした。

    グラボのインターフェース

    Palit GeForce RTX 3060 StormX のインターフェース
    HDMI DisplayPort
    1 3

    ゲーミング性能を測定

    人気ベンチマークソフトのスコア

    ドラゴンクエストⅩ

    ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 21867 すごく快適

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 高品質 8597 快適
    標準品質 11672 とても快適

    ファンタシースターオンライン2 EP4

    ファンタシースターオンライン2 EP4 ベンチマーク 設定 6 086268 快適に動作

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) ベンチマーク - 50052 -

    バイオハザード6

    バイオハザード6ベンチマーク - 26150 RANK S
    GeForce RTX 3060 & AMD Ryzen 5 3600
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    GALLERIA XA7R-R36という、今回のモデルと構成がほぼほぼ一緒で、CPU が Ryzen 7 3700X というグレードの高いモデルとのスコア比較をしてみます。

    GALLERIA XA7R-R37(Ryzen 7 3700X搭載)と比較

    GALLERIA XA7R-R36 XA7R-R36
    GeForce RTX 3060
    AMD Ryzen 5 3600 Ryzen 7 3700X
    ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 21867 22463
    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 高品質 8597 8887
    標準品質 11627 12006
    ファンタシースターオンライン2 EP4 ベンチマーク 設定 6 086268 096351
    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) ベンチマーク - 50052 53924
    バイオハザード6ベンチマーク - 26150 27192
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    明確にスコア上で Ryzen 7 3700X 方が性能が上という事がはっきりした訳ですが、このスコア差であれば Ryzen 5 3600 は大健闘。逆にコスパ高という印象を与えています。

    3DMARK(TIME SPY・FIRE STRIKE)

    TIME SPY 1.0

    8 186GALLERIA RM5R-R36 の TIME SPY 1.0 のスコアは 8 186
    Graphics Score CPU Score
    8 577 6 507
    上位32%の性能GALLERIA RM5R-R36 は TIME SPY 1.0 で上位32%の性能

    FIRE STRIKE 1.1

    18 630GALLERIA RM5R-R36 の FIRE STRIKE 1.1 のスコアは 18 630
    Graphics Score 21 364
    Physics Score 18 934
    Combined Score 9 392
    上位16%の性能GALLERIA RM5R-R36 は FIRE STRIKE 1.1 で上位16%の性能

    TIME SPY 1.0 は上位32%、FIRE STRIKE 1.1 でも上位16%というスコアでした。Ryzen 7 3700X 搭載の GALLERIA XA7R-R36 だと TIME SPY 1.0 は上位24%、FIRE STRIKE 1.1 で上位12%でした。

    ゲームの快適さは?FPS値測定

    ドラゴンクエストⅩ

    ドラゴンクエストⅩのFPSドラゴンクエストⅩのFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    最高品質 29 190

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークFINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 設定 最低 FPS 平均 FPS
    高品質 27 85
    標準品質 83 118

    ファンタシースターオンライン2 EP4

    ファンタシースターオンライン2 EP4のFPSファンタシースターオンライン2 EP4のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    設定 6 180 272

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) のFPSモンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    - 243 475

    バイオハザード6

    バイオハザード6のFPSバイオハザード6のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    - 39 231
    GeForce RTX 3060 & AMD Ryzen 5 3600
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    一応ゲームにおいてサクサクヌルヌル表示できる基準的な値が 60fps と言われていますが、全てのベンチマークソフトの全設定において十分なスコアです。

    ほとんどゲームで高設定で高解像度のグラフィックでゲームを楽しめます。

    VRMARK のスコア

    VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0

    10 916GALLERIA RM5R-R36 の TVRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 のスコアは 10 916
    Average frame rate Target frame rate
    237.96 fps 109.00 fps
    上位15%の性能GALLERIA RM5R-R36 は VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 で上位15%の性能

    上位15%の性能でした。GALLERIA XA7R-R36 では上位11%でした。

    動画編集・タスク系能力をチェック

    WIN SCORE SHARE のスコア

    GALLERIA RM5R-R36 WIN SCORE SHARE のスコア

    スコアは8.8です。

    CPUID HWMonitor で各パーツの温度をチェック

    CPUID HWMonitor で GALLERIA RM5R-R36 の各パーツの温度をチェック

    各パーツの最高温度

    グラフィックボード(GeForce RTX 3060) 80
    CPU(AMD Ryzen 5 3600) 82
    SSD(INTEL SSDPEKNW512GB) 65

    この温度は、今回のレビューでベンチマークを動かしている間ずっと起動して測定していた数値になります。

    …!? Ryzen 7 3700X 搭載の GALLERIA XA7R-R36 よりも全体的に温度は高く、SSD については後に掲載する CrystalDiskInfo でも警告が出てしまうほどの高温に…。

    う~ん、これはどういう事でしょうか。一応結果なので正直に載せておきます。おそらくSSDの不良なのか、うまく冷やせていないのか?かと思いますが、分かり次第後日掲載します。

    CPU-Z(AMD Ryzen 5 3600)

    AMD Ryzen 5 3600 の CPU-Z ベンチマーク結果

    CPU-Z Ver. 1.95.0x64 ベンチマーク結果

    CPU シングルスレッド 499.7
    CPU マルチスレッド 4010.3

    リファレンスは Intel Core i7-8700K です。ちなみに Ryzen 7 3700X は、シングルで 515.9、マルチで 5497.5 でした。

    マルチスレッドの性能が大きく開いています。

    CINEBENCH R23(AMD Ryzen 5 3600)

    CINEBENCH R23 で AMD Ryzen 5 3600 を測定

    CINEBENCH R23 の測定結果

    CPU(Multi Core) 9243 pts
    CPU(Single Core) 1245 pts
    MP Ratio 7.43 x

    こちらの測定でもマルチスレッドのスコアが開いています。

    PCMARK 10

    PCMARK 10 の測定結果

    6 146GALLERIA RM5R-R36 の PCMARK 10 のスコア 6 146
    上位24%の性能GALLERIA RM5R-R36 は PCMARK 10 で上位24%の性能

    上位24%の性能でした。GALLERIA XA7R-R36 では上位15%の性能でした。

    CrystalDiskMark(M.2 SSD)

    INTEL SSDPEKNW512G8 512.1 GB

    INTEL SSDPEKNW512G8 512.1 GB
    CrystalDiskInfo の INTEL SSDPEKNW512G8 512.1 GB の情報
    INTEL SSDPEKNW512G8 512.1 GB の読み書き速度を CrystalDiskMark で測定
    5回測定 Read [MB/s] Write [MB/s]
    Seq Q8T1 1821.30 974.95
    Seq Q1T1 1635.55 968.97
    RND4K Q32T16 349.15 878.30
    RND4K Q1T1 61.54 173.44
    メーカー公式サイトの商品ページ

    目隠しパーツのチェック

    GALLERIA RM5R-R36 の右側面の内部の様子

    内部にアクセスしてパーツのチェックをしてみます。公式サイトでは記載が無い…いわゆる"目隠しパーツ"たちはどんなものを採用しているのでしょうか?CPUクーラー、マザーボード、メモリをチェックしてみました。

    こちら↑は右側面のパネルを開けた状態です。

    GALLERIA RM5R-R36 の左側面の内部の様子

    こちらは左側面からのアクセス。マウントなしで最大で 3.5インチドライブが2つ、5インチドライブが2つ、搭載できます。

    このモデルはマザーボードに M.2 SSD が一枚取り付けられているだけなので、ベイは完全フリーですね。

    CPUクーラー

    Scythe 虎徹 MarkⅡ(CKTT-2000)

    GALLERIA RM5R-R36 には標準構成で Scythe 虎徹 MarkⅡ(CKTT-2000)が搭載されていました。ミニタワーだからでしょうか。エアフローに力を入れています。

    因みにカスタマイズで、Scythe 無限五 リビジョンB(SCMG-5100)も選べたりできます。(+4,400円税込み)

    マザーボード

    ASRock A520M TW

    マザーボードは ASRock A520M TWで、これは前回レビューした GALLERIA XA7R-R36 に搭載されていた ASRock B550 TWと同じ BtoB モデルのマザーボードで、コンシューマー向けとしてドスパラで特別にチューニングをしているマザーボードになります。

    TW というのはTHIRDWAVE(サードウェーブ)から来ています。

    バックパネルインターフェース

    ASRock A520M TW バックパネルインターフェース
    PS/2 キーボード/マウス 1
    USB 2.0 - 4
    DVI-D - 1
    HDMI - 1
    Display port - 1
    USB 3.0 - 2
    LAN - 1
    オーディオジャック - 5

    micro ATX にしては豊富なポート群です。

    メモリ

    SUMSUNG M378A1G44AB0-CWE

    SUMSUNG M378A1G44AB0-CWE
    容量(1枚当り) メモリチップ規格 モジュール規格
    8 GB DDR4-3200 PC4-21300
    メーカー公式サイトの商品ページ

    メモリは SUMSUNG の M378A1G44AB0-CWE という型番のものが2枚という構成でした。

    搭載される各パーツのメーカーは、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    PUBGをプレイした体感とFPS値

    PUBGをプレイした体感とFPS値

    最近著しくPUBG熱が冷めてしまった私ですが、それはプレイすることもそうですが、観戦に関してでもです。

    理由は色々とありますが、一番は新しくなった大会のルールにあります。ドン勝を最重要視するのは、このゲームの目的に沿っているとは思うのですが、やはりチームの撃ち合い、キルシーンこそが最もアツいと思います。

    PJS が終わって PJCが続いていますが、視聴者数もかなり減少していますし、私のように観戦のモチベも下がっている人は多いように思います。

    これからの国内の PUBG シーンがすごーく心配です。

    ウルトラ・高い・中型 でプレイした時の平均FPS

    PUBGをプレイした体感とFPS値(ウルトラ・高い・中型で3回プレイ)
    設定 平均FPS
    ウルトラ 120
    高い 122
    中型 124

    私のモニターはなんとゲーミングモニターじゃないんですが、27インチ型で解像度が 2560 × 1440px のもです。

    今回は Erangel(エランゲル)でウルトラ、高い、中型設定でプレイしましたが、まあプレイするまでも無く分かっていましたが、超快適でした。

    降下時でマップの様子(建物など)はクッキリと描画され初動ファイト(武器ガチャ)も全くストレスなくこなせます。

    PUBG が快適にプレイできる…イコール、フォートナイト、Apex Legends、VALORANT などの人気タイトルは間違いなく快適にプレイできます。なぜか PUBG って重いしクラッシュが多いんですよね…。

    良い点・イマイチな点

    GALLERIA RM5R-R36 をレビューして、良い所とイマイチだと思う所を正直にまとめてみました。まずは良い所から。

    • ケースがめっちゃかっこイイしコンパクト!!
    • グラボのサイズもコンパクトで内部のゆとりがめっちゃある!!
    • Micro ATX だけどインターフェースが充実している!!
    • CPUクーラーに拘っている!!

    この4点が特に注目できる点かと思いました。

    全てコンパクト!!

    今回のモデルはケースはミニタワーサイズ、マザーボードは micro ATX、グラフィックボードもハイエンドモデルながら横幅 17cm という、非常にコンパクトにまとまったモデルです。

    ストレージが充実

    それでいて空きストレージなんかは充実していますので、非常にありがたいですね。実際持っても軽いですし、気軽に場所移動ができるのは非常にポイント高めです。

    対してイマイチだった所は、

    • メモリスロットが2つなので増設に不向き…。
    • システムドライブ(Cドライブ)だけだと容量が少ない…。

    という点が気になりました。

    メモリスロットは2つなので気を付けよう

    メモリスロットは2つ

    採用されている micro ATX のマザーボード ASRock B550 TW はメモリスロットが2つです。ですから 16GB から 32GB にしたい時などは、増設は出来ず交換となるので注意が必要ですね。

    ストレージの容量が少ない

    基本的にゲーミングPCでストレージが システムの 500GB 程度のみというのは厳しいかもしれません。

    ゲームソフトの容量も最近は大容量ですし、配信や動画の投稿などを考えている方であれば、別途大容量のドライブが無いと話になりません。

    ストレージをカスタマイズしよう!!

    仮にアナタが FPS勢だとして、とりあえず Apex Legends をインストールするだけでも、必要なディスク容量は 62GB 以上も必要なのは知っていますか?

    Cドライブはシステム(OS)用に既に 100GB 近く容量を割いているので、そこに多くのゲームタイトルをインストールしたり、普通のアプリなどもインストールするのは非常に厳しいです。

    ですからCドライブの他に、プラス 1TB~2TB位の…理想は SSDですが、それくらいの容量のストレージは追加したい所です。

    カスタマイズでストレージを追加するのは必須でしょう!

    おすすめはちょっと値段は張りますが 1TB の SSD が良いと思います。

    このあたりを押さえても税込み17万円台ですから、非常にコスパは良いと思います。グラボの価格が非常に高騰している中、このようなコスパでBTOパソコンを展開してくれているのは、本当に良心的だと感じます。

    以上、GALLERIA RM5R-R36 のレビューでした!!

    新登場のグラボ RTX 3060 はパワフルかつコンパクト!買いですっ!!
    GALLERIA RM5R-R36 の見積もり・購入
    ページの先頭へ戻る