新ケース GALLERIA が登場!!!
マウスコンピューターセール最大70,000円引きicon

GALLERIA GCR1660TGF-QCG レビュー&評価

GeForce GTX 1660 Ti × Intel Core i7-9750H 搭載 GALLERIA GCR1660TGF-QCG レビュー

GeForce GTX 1660 Ti × Intel Core i7-9750H 搭載 GALLERIA GCR1660TGF-QCG レビュー

(月)更新

標準スペック・仕様・サイズ

GALLERIA GCR1660TGF-QCG 標準スペック・仕様・サイズ・価格
グラボ NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti
CPU Intel Core i7-9750H(2.60-4.50GHz, 6コア/12スレッド)
ディスプレイ 15.6 インチ 非光沢ワイド リフレッシュレート144Hz LEDバックライト液晶(1920×1080
メモリ 16GB DDR4 SO-DIMM(PC4-21300, 8GBx2, 2チャネル)
SSD(C:) 512GB NVMe SSD
無線LAN Intel Wi-Fi 6 AX200NGW
Bluetooth Bluetooth 5
マザーボード モバイル Intel HM370 チップセット搭載
Bluetooth Bluetooth 5
サイズ 356.4(幅)× 233.66(奥行)× 20.5(高さ最薄部)mm
重量 約 18.7 kg(内蔵バッテリー含む)
バッテリー稼働時間 リチウムイオンバッテリー 約10時間以上
OS Windows 10 Home 64bit インストール済
※最新の価格・スペックは必ず公式サイトにて確認して下さい。
GALLERIA GCR1660TGF-QCG の見積もり・購入

ドスパラ GALLERIA GCR1660TGF-QCG のレビューです。このモデルは Intel と共同設計したゲーミングノートPCです。

特徴として謳っているところとしては、軽量&長時間稼働というのがあります。本体の重さは約1.87kgで、上記のようなスペックを搭載しているゲーミングノートの部類では軽量です。

例えば同じ GeForce GTX 1660 Ti 搭載ののゲーミングノートである mouse の G-Tune E5 というモデルだと 2.2Kg ありその差は330gとなりますから、体感的にも結構差が出るレベルです。

またバッテリー容量が94Wh、稼働時間は10時間以上と、同じく G-Tune E5 の 9.6時間を上回る設計になっています。

ベンチマーク測定でゲーミング性能をチェック

人気ベンチマークソフトのスコア

ドラゴンクエストⅩ
ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 20791 すごく快適
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 高品質 6192 快適
標準品質 8048 快適
ファンタシースターオンライン2 EP4
ファンタシースターオンライン2 EP4 ベンチマーク 設定 6 039673 快適に動作
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) ベンチマーク - 32374 -
バイオハザード6
バイオハザード6ベンチマーク - 20576 RANK S
GeForce GTX 1660 Ti & Intel Core i7-9750H
全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

最近のタイトルをプレイするには最低限のスコア、と言ったところでしょうか。

3DMARK(TIME SPY・FIRE STRIKE)
TIME SPY 1.0
5 700GALLERIA GCR1660TGF-QCG の TIME SPY 1.0 のスコアは 5 700
Graphics Score CPU Score
5 584 6 464
上位55%の性能GALLERIA GCR1660TGF-QCG は TIME SPY 1.0 で上位55%の性能
FIRE STRIKE 1.1
13 156GALLERIA GCR1660TGF-QCG の FIRE STRIKE 1.1 のスコアは 13 156
Graphics Score 14 720
Physics Score 16 497
Combined Score 6 264
上位30%の性能GALLERIA GCR1660TGF-QCG は FIRE STRIKE 1.1 で上位30%の性能

TIME SPY 1.0 は上位55%、FIRE STRIKE 1.1 は上位30%という結果に。4K画質だと流石にキツイです。

FPS(フレームレート)測定で快適さをチェック

ドラゴンクエストⅩ
ドラゴンクエストⅩのFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
最高品質 29 182
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 設定 最低 FPS 平均 FPS
高品質 18 61
標準品質 60 81
ファンタシースターオンライン2 EP4
ファンタシースターオンライン2 EP4のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
設定 6 128 192
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
- 178 308
バイオハザード6
バイオハザード6のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
- 31 212
GeForce GTX 1660 Ti & Intel Core i7-9750H
全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン
※ 計測時間はベンチマーク開始時から約6分間。小数点以下四捨五入

このモデルはリフレッシュレートが 144Hz ですから、FF で滑らかさを出すにはグラフィック設定をさらに落とす必要がありそうです。

VRMARK のベンチマークスコア

VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0
7 982GALLERIA GCR1660TGF-QCG の TVRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 のスコアは 7 982
Average frame rate Target frame rate
174.02 fps 109.00 fps
上位44%の性能GALLERIA GCR1660TGF-QCG は VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 で上位44%の性能

上位44%のスコアをマークしました。

CPU・SSD の速度・性能・温度

WIN SCORE SHARE のスコア

GALLERIA GCR1660TGF-QCG WIN SCORE SHARE のスコア

スコアは8.0ですが、ボトルネックであるグラフィックスがオンボードの Intel UHD Graphics 630 になっているので、実際はもっと高いスコアでしょう。

CPUID HWMonitor で各パーツの温度チェック

CPUID HWMonitor で GALLERIA GCR1660TGF-QCG の各パーツの温度をチェック
各パーツの最高温度
CPU(Intel Core i7-9750H) 85
グラフィックボード(GeForce GTX 1660 Ti) 70
SSD 41

この温度は、今回のレビューでベンチマークスコアを動かしている間ずっと測定していた数値です。CPU、グラフィックボード共に異常なしです。安定してますが、若干 CPU が高温でしょうか。薄型ノートだから仕方なしといったところ。

CPU-Z(Intel Core i7-9750H)

Intel Core i7-9750H の CPU-Z ベンチマーク結果
CPU-Z Ver. 1.90.1x64 ベンチマーク結果
CPU シングルスレッド 479.2
CPU マルチスレッド 3380.5

リファレンスには比較にならないと思いつつも Intel Core i9-9900KF をチョイスしてみました。シングルスレッドは若干下回り、マルチスレッドは大きく下回りました。

CINEBENCH R15(Intel Core i7-9750H & GeForce GTX 1660 Ti)

CINEBENCH R15 で Intel Core i7-9750H & GeForce GTX 1660 Ti を測定
CINEBENCH R15 の測定結果
CPU 1164 cb
OpenGL 115.88 fps

PCMARK 10

PCMARK 10 の測定結果
4 573GALLERIA GCR1660TGF-QCG の PCMARK 10 のスコア 4 573
Web Score Apps Score
8 088 11 241
Chat Score Photo Score
7 633 7 874
Video Score Writing Score
3 673 5 484
Spreadsheet Score Essentials
8 572 8 853
Productivity Digital Content Creation
6 856 4 276
上位52%の性能GALLERIA GCR1660TGF-QCG は PCMARK 10 で上位52%の性能

上位52%の性能でした。

CrystalDiskMark(C: NVMe SSD)

INTEL SSDPEKNW512GB 512.1 GB
 CrystalDiskInfo の INTEL SSDPEKNW512GB 512.1 GB の情報
INTEL SSDPEKNW512GB 512.1 GB の読み書き速度を CrystalDiskMark で測定
5回測定 Read [MB/s] Write [MB/s]
Seq Q8T1 1755.46 986.52
Seq Q1T1 1490.27 978.63
RND4K Q32T16 342.85 873.09
RND4K Q1T1 53.30 148.13

SSD は NVMeSSD で Intel製でした。ここはやっぱり Intel 積んでましたね。

デザイン・仕様・インターフェース

デザイン・仕様で気になるところ

スタイリッシュ・スマート・シンプル

デザインは非常に洗練されている印象です。ゲーミングPCはデスクトップもノートも基本ごつい系・ハデ系のが多いのですが、スタイリッシュ・スマート・シンプル、このあたりの言葉がしっくりくるデザインです。

さらに"薄い"ですね。従来の GALLERIA と比較してかなり薄いです。最薄部で 20.5mm、約 2cm ということです。う~ん、薄い。

インターフェース

背面
背面インターフェース
1 USB Type-C 3.1Gen2/Thunderbolt3 ×1
2 HDMI出力
3 LAN
4 電源
右側面
右側面インターフェース
5 マルチカードリーダー(SD/SDHC/SDXC)
6 USB3.1(Type-A/Gen1)×2
左側面
左側面インターフェース
7 ケンジントンロック
8 USB3.1(Type-A/Gen2)
9 マイク/イヤホンジャック

ケンジントンロックとは、セキュリティスロットのことです。セキュリティーワイヤーを繋いで盗難防止が出来ます。

ちょっと不満なところ

褒めてばかりもアレなので、ちょっとだけあった不満な所を挙げていきます。

メモリの交換が面倒

メモリの交換が面倒

底面の写真ですが、〇のところがメモリスロットの位置なんですが、交換・増設の際は底面カバーを全部開けないとできない点が不満です。

メモリスロットにだけ簡単にアクセスできる小窓的カバーがあれば良かったです。

ACアダプターがデカい

ACアダプターがデカい

薄型のボディーで尚更強調されているACアダプターですが、非常にデカいです。

PUBGを各グラフィック設定でプレイしてFPS測定

GALLERIA GCR1660TGF-QCG でPUBGをプレイして FPS・GPU温度・GPU使用率・GPUメモリ使用量を測定

PJSseason5 PaRがはじまり、いよいよ2月の28日には Grade2、29日には Grade1 の開幕ですめっちゃ楽しみです。

注目しているチームの全シーズンから選手の入れ替えがけっこう激しい印象で応援チームへの愛情が薄れつつある中ですが、やはり注目のシーズン5、グレード1ですが、私はズバリ!BLUE BEESが優勝すると思っています。

最近のスクリムの結果も良いし、チームの雰囲気が良い印象があります。前シーズンからのメンバー変更も無いですし、必ず上位に食い込むと思っています。

あとDetonatioN Gaming Whiteも外せません。メンバー変更がなく安定してます。古豪のサンシス、RJ、ザナドゥで言うと、ザナドゥは2名変更でちょっと不安ががが。今回はコケる可能性があるかも…。でも好きなチームばかりでどこも頑張って欲しいです。

前置きが長くなりましたが、GALLERIA GCR1660TGF-QCG で PUBG をプレイしながら FPS を測定してみました。

新マップの KARAKIN ですが、めっちゃ面白いですねー。1マッチの時間も短くてサクサク進むのも良いし、グレが無いっていうのだけで面白さが違ってきます。

TPP KARAKIN Solo ウルトラ・高・中 のFPS値

設定 平均FPS 最高FPS 最低FPS
ウルトラ 118 216 49
高い 116 205 54
124 501 61

ストレスフリーなプレイが出来ました。流石の144Hzという感じです。

かなりの没入感

画面の滑らかさ以上に感動したのが"臨場感"です。ノートPCの小さい画面ながらかなりの没入感がありました。

なんでだろうと調べてみたら、多分原因はコレですね。

4.5mmの極薄ベゼルで画面占有率94.5%の広さを実現。

144Hzの高リフレッシュレートによって細部まで描画される映像が、画面に引き込まれるような体験を演出します。

私はいつも27インチ、2560×1440 のモニタでプレイしてますが、こっちの方がのめり込み感があったから不思議です。

ただ、キーボードはやっぱりノートはキツいですね。

フラットなボタンがまず押しにくい

このフラットなボタンがまず押しにくいですし、誤操作しちゃいました沢山。慣れの問題もありますが、反応の遅さは改善不可能です。(※CORSAIR K95 RGB PLATINUM との比較です。)

フリールックの「ALT」キーですが「FN」キーの存在が邪魔で押し間違いを多発しました。唯一左右のリーンはやりやすかったです。

以上、GALLERIA GCR1660TGF-QCG のレビューでした。

さすがの144Hzリフレッシュレート!滑らか描画で臨場感は最高!!
GALLERIA GCR1660TGF-QCG の見積もり・購入
マウスコンピューターセール最大70,000円引きicon
新ケース GALLERIA が登場!!!
ページの先頭へ戻る