GALLERIA XF が今アツい!!!!
マウスコンピューターセール最大70,000円引きicon

GALLERIA GCR1650GF7 レビュー&評価

GeForce GTX 1650 × Intel Core i7-9750H GALLERIA GCR1650GF7 レビュー&評価

GeForce GTX 1650 × Intel Core i7-9750H GALLERIA GCR1650GF7 レビュー&評価

(月)更新

標準スペック・仕様・サイズ

GALLERIA GCR1650GF7 標準スペック・仕様・サイズ・価格
グラボ NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB
CPU Intel Core i7-9750H(2.60-4.50GHz, 6コア/12スレッド)
ディスプレイ 15.6 インチ 非光沢ワイド LEDバックライト液晶(1920×1080
メモリ 8GB DDR4 SO-DIMM(PC4-21300, 8GBx1)
SSD(C:) 500GB NVMe SSD
無線LAN Intel Wireless-AC 9560
Bluetooth Bluetooth 5
サイズ 360(幅)× 245(奥行)× 264(高さ最薄部)mm
重量 約 2.03 kg
バッテリー稼働時間 リチウムイオンバッテリー 約5.8時間以上
OS Windows 10 Home 64bit インストール済
※最新の価格・スペックは必ず公式サイトにて確認して下さい。
GALLERIA GCR1650GF7 の見積もり・購入

ドスパラ GALLERIA GCR1650GF7 のレビューです。このモデルは Intel と共同設計したゲーミングノートPCです。

現在のドスパラ公式サイトの GALLERIA ノートのラインアップでは最下位のモデルとなりますが、最大の魅力は価格の安さで、税抜き価格ではありますが10万円を切っています。(税込み109,978円)

また、公式サイトの商品紹介では"現在発売されているほとんどのゲームタイトルをストレスなくプレイできる"というセールス文句がありますが、果たして実際はどうなのでしょうか?

実際にfps値の測定をしたり、オンラインゲーム(PUBG)をプレイして確かめてみました。

ベンチマーク測定でゲーミング性能をチェック

人気ベンチマークソフトのスコア

ドラゴンクエストⅩ
ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 19518 すごく快適
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 高品質 3996 普通
標準品質 5284 やや快適
軽量品質 6944 快適
ファンタシースターオンライン2 EP4
ファンタシースターオンライン2 EP4 ベンチマーク 設定 6 031049 快適に動作
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) ベンチマーク - 20372 -
バイオハザード6
バイオハザード6ベンチマーク - 16795 RANK S
GeForce GTX 1650 & Intel Core i7-9750H
全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

これらのスコアを鑑みると、現行のゲームタイトル群をプレイするにはギリギリ最低限のスコア、と言ったところだと思います。

3DMARK(TIME SPY・FIRE STRIKE)
TIME SPY 1.0
3 661GALLERIA GCR1650GF7 の TIME SPY 1.0 のスコアは 3 661
Graphics Score CPU Score
3 426 5 992
上位83%の性能GALLERIA GCR1650GF7 は TIME SPY 1.0 で上位83%の性能
FIRE STRIKE 1.1
8 141GALLERIA GCR1650GF7 の FIRE STRIKE 1.1 のスコアは 8 141
Graphics Score 9 070
Physics Score 15 540
Combined Score 3 280
上位65%の性能GALLERIA GCR1650GF7 は FIRE STRIKE 1.1 で上位65%の性能

TIME SPY 1.0 は上位83%、FIRE STRIKE 1.1 は上位65%という結果に。3D MARK の測定結果としてはゲーミングノート(Gaming laptop 2020)以下に属するスペックだと判定されています。

FPS(フレームレート)測定で快適さをチェック

ドラゴンクエストⅩ
ドラゴンクエストⅩのFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
最高品質 25 172
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION
FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 設定 最低 FPS 平均 FPS
高品質 10 39
標準品質 34 52
軽量品質 47 69
ファンタシースターオンライン2 EP4
ファンタシースターオンライン2 EP4のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
設定 6 100 160
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)
モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
- 119 195
バイオハザード6
バイオハザード6のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
- 27 172
GeForce GTX 1650 & Intel Core i7-9750H
全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

現行のタイトルの中では比較的重いゲームタイトルに分類される FINAL FANTASY XV については、高設定および標準設定だと 60fps を下回る結果になりました。

VRMARK のベンチマークスコア

VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0
5 450GALLERIA GCR1650GF7 の TVRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 のスコアは 5 450
Average frame rate Target frame rate
118.81 fps 109.00 fps
上位78%の性能GALLERIA GCR1650GF7 は VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 で上位78%の性能

上位78%のスコアをマークしました。これもゲーミングノートが有するスペックとしては判定されませんでした。

CPU・SSD の速度・性能・温度

WIN SCORE SHARE のスコア

GALLERIA GCR1650GF7 WIN SCORE SHARE のスコア

スコアは8.0ですが、ボトルネックであるグラフィックスがオンボードの Intel UHD Graphics 630 になっているので、実際はもっと高いスコアでしょう。

CPUID HWMonitor で各パーツの温度チェック

CPUID HWMonitor で GALLERIA GCR1650GF7 の各パーツの温度をチェック
各パーツの最高温度
CPU(Intel Core i7-9750H) 86
グラフィックボード(GeForce GTX 1650 4GB) 69
SSD 46

この温度は、今回のレビューでベンチマークスコアを動かしている間ずっと測定していた数値です。CPUの温度が若干高温ですが、基本的に異常なしです。

CPU-Z(Intel Core i7-9750H)

Intel Core i7-9750H の CPU-Z ベンチマーク結果
CPU-Z Ver. 1.90.1x64 ベンチマーク結果
CPU シングルスレッド 479.2
CPU マルチスレッド 3380.5

リファレンスには Intel Core i9-7900K をチョイスしてみました。シングルスレッドは互角ですが、マルチスレッドでは大きく水を空けられています。

CINEBENCH R20(Intel Core i7-9750H)

CINEBENCH R20 で Intel Core i7-9750H を測定
CINEBENCH R15 の測定結果
CPU 2339 pts
CPU(Single Core) 449 pts
MP Ratio 5.34 x

PCMARK 10

PCMARK 10 の測定結果
4 573GALLERIA GCR1650GF7 の PCMARK 10 のスコア 4 573
上位55%の性能GALLERIA GCR1650GF7 は PCMARK 10 で上位55%の性能

上位55%の性能でした。

CrystalDiskMark(C: NVMe SSD)

WDC WDS500G2B0C-00PXH0 500.1 GB
 CrystalDiskInfo の WDC WDS500G2B0C-00PXH0 500.1 GB の情報
INTEL SSDPEKNW512GB 512.1 GB の読み書き速度を CrystalDiskMark で測定
5回測定 Read [MB/s] Write [MB/s]
Seq Q8T1 2434.10 1826.99
Seq Q1T1 1620.13 1749.38
RND4K Q32T16 1162.82 963.81
RND4K Q1T1 43.91 148.27

デザイン・仕様・インターフェース

デザイン・仕様で良いと思うところ

スタイリッシュ・スマート・シンプル

デザインは非常に洗練されています。個人的には色々発売されているゲーミングブランドのゲーミングノートの中でも1,2を争うデザイン性だと思っています。特にカッコイイと思った点は、

この天板のデザインです。黒で無地、ブランドロゴなど一切排除していてこれが逆にカッコイイです。他の上位版の GALLERIA ノートの場合、ここにロゴがあるのですが、正直こっちの方が全然カッコイイと思います。

ACアダプターのサイズがGALLERIA GCR1660TGF-QCGALLERIA GCR2070RGF-QC-Gと比較してコンパクト・薄型になっていて良いと思います。

キーボードバックライトは4段階の明るさ調整が可能です。

このキーボードバックライトプリインストールされている Gaming Center から設定の変更ができます。

ただ、各キーごとの色変更・設定は出来ません。キーボードのLED発光パターンの変更、好みの色への変更・LED発光をOFFには出来ます。また、このソフトからゲームプレイ時に windowsキーをロックすることが出来ます。

ストレージの空きは実は2台分ある

GALLERIA GCR1650GF7 のカスタマイズ画面を見てみると、HDD と SSD の両方が選択出来ることが分かりますが、それは同時にHDDの空きストレージが1つ、そしてSSD の空きストレージが一つあることが分かります。

カスタマイズではどれか一つしか選択できませんが、仮に HDD を選択した場合、SSD × 2 という構成だと思いますから、すでにあるシステム用の SSD ともうひとつ、SSD が増設できることになります。

つまり、マルチストレージが可能という事です。

インターフェース

背面
背面インターフェース
1 miniDP x 2
2 HDMI
3 USB3.1 Type-C
4 電源
右側面
右側面インターフェース
5 マルチカードリーダー(SD/SDHC/SDXC)
6 USB3.1 Type-A × 2
左側面
左側面インターフェース
7 ケンジントンロック
8 LAN
9 USB2.0
10 マイク/イヤホンジャック

ケンジントンロックとは、セキュリティスロットのことです。セキュリティーワイヤーを繋いで盗難防止が出来ます。

PUBGを各グラフィック設定でプレイしてFPS測定

GALLERIA GCR1650GF7 でPUBGをプレイして FPS・GPU温度・GPU使用率・GPUメモリ使用量を測定

FINAL FANTASY XV の fps値の測定では、高めのグラフィック設定だと 60fps を切ってしまったので、私が今ハマっている、ゲームとしてはやや重めの PUBG では若干不安があります。

ウルトラ・高設定だとどれ位の fps が出るのでしょうか?実際にプレイして調べてみました。

TPP KARAKIN Solo ウルトラ・高・中 のFPS値

設定 平均FPS 最高FPS 最低FPS
ウルトラ 80 129 49
高い 96 136 53
112 144 49

予想に反して嬉しい結果に。数値的にも快適ですが、体感としても快適でした。モニターは、最近流行の?144Hz ではなく 60 なのですが、画面が小さいからでしょうか?あまり気になりませんでした。

ただし、やはりキーボードの打感や反応に関してはノートは厳しいと思います。

フラットなボタンがまず押しにくい

キーストロークは浅めなのですが、実際の押し込み具合はデスクトップで使うゲーミングキーボードに比べてもっさりしている感じは否めません。(※CORSAIR K95 RGB PLATINUM との比較)

フラットなボタンは個人的には誤操作が多くなりやすいと感じました。慣れの問題もありますが、FPSタイトルでテクニックの向上を目指すこと自体が、ノートではキツイですね。

フリールックの「ALT」キーですが「FN」キーの存在が邪魔で押し間違いを多発しましたが、左右のリーンはやりやすかったです。

以上、GALLERIA GCR1650GF7 のレビューでした。

 

ある程度設定を落としても良いなら快適!とにかく値段重視ならコレ!!
GALLERIA GCR1650GF7 の見積もり・購入
マウスコンピューターセール最大70,000円引きicon
GALLERIA XF が今アツい!!!!
ページの先頭へ戻る