ドスパラ GALLERIA ZA9R-68XT 5900X 5600X搭載

GALLERIA ZA9R-68XT 5900X(Radeon RX 6800 XT × Ryzen 9 5900X)レビュー&評価

GALLERIA ZA9R-68XT 5900X(Radeon RX 6800 XT × Ryzen 9 5900X)レビュー&評価

(木)更新

    標準スペック・サイズ

    GALLERIA ZA9R-68XT 5900X 標準スペック・仕様・サイズ・価格
    グラボ AMD Radeon RX 6800 XT 12GB
    CPU AMD Ryzen 9 5900X(3.7GHz-4.8GHz, 12コア, 24スレッド)
    CPUクーラー GAMMAXX L240 V2+(水冷CPUクーラー/RGB対応)
    メモリ 16GB(PC4-25600, 8GBx2, 2チャネル)
    M2.SSD 1TB(M.2 PCIe Gen4x4,読込速度 5000MB/s,書込速度 4000MB/s)
    電源 850W(80PLUS GOLD)
    マザーボード AMD X570 チップセット搭載(ATX)
    PCケース ガレリア専用 SKケース
    サイズ(mm) 220(幅)x 440(奥行)x 480(高)
    重量 約 14 kg
    OS Windows 10 Home(64bit)
    ※最新スペックは必ず公式サイトにて確認下さい。
    GALLERIA ZA9R-68XT 5900X の見積もり・購入

    ドスパラのゲーミングPCシリーズ GALLERIA(ガレリア)から GALLERIA ZA9R-68XT 5900X をお借りする事が出来たので、レビュー&評価してみたいと思います。

    今回のモデルのスコア測定とか、めっちゃ楽しみです。これほどのハイエンドを超えたウルトラエンドなゲーミングPCをレビューするのは久方ぶりですね。

    グラフィックボードのメーカー

    AsRock AMD Radeon RX 6800 XT Phantom Gaming D 16G OC

    搭載されるグラフィックボードのベンダー(メーカー)は、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    今回搭載されていたグラフィックボードは、AsRockのAMD Radeon RX 6800 XT Phantom Gaming D 16G OCでした。

    RADEON、PHANTOM GAMING のロゴ

    RADEON そして PHANTOM GAMING のロゴがかっこいいですね。

    こちらの動画は玄人志向のリファレンスモデルですが、GeForce RTX3070 との比較動画になります。各スコアなど詳細確認できます。

    8pin x 3

    補助電源は初めて見ました 8pin x 3 と超ごっつい仕様になっております。

    AsRock AMD Radeon RX 6800 XT Phantom Gaming D 16G OC の主な仕様・スペック

    DirectX 12 Ultimate OpenGL 4.6
    メモリ GDDR6 16GB ブーストクロック 2310 MHz
    ゲームクロック 2065 MHz ベースクロック 1875 MHz
    ストリームプロセッサー 4608 Compute Units 72
    メモリクロック 16 Gbps メモリバス 256-bit
    解像度 7680 x 4320 推奨PSU 800W
    電源コネクタ 3 x 8 ピン サイズ(mm) 330 x 140 x 56

    推奨PSU(電源ユニット)は 800W という電気が大好物の大物です。

    330 x 140 x 56(mm)の大型サイズ

    中々物々しいサイズ感ですね。3連ファンの真ん中はクリアタイプになってます。

    リジッドカードサポート

    この巨大グラボを支えるため、GALLERIA ではリジッドカードサポートというグラフィックボードを固定する器具が付いています。

    GPU-Z(AMD Radeon RX 6800 XT)

    GPU-Z(NVIDIA Radeon RX 6800 XT)
    TECHPOWERUP で詳細を見る ASRock RX 6800 XT Phantom Gaming D OC

    メモリは Samsung製でした。

    グラボのインターフェース

    ASRock RX 6800 XT Phantom Gaming D OC のインターフェース
    HDMI DisplayPort
    1 3

    ゲーミング性能を測定

    人気ベンチマークソフトのスコア

    ドラゴンクエストⅩ

    ドラゴンクエストⅩベンチマーク 最高品質 24893 すごく快適

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 高品質 14812 非常に快適
    標準品質 21326 非常に快適

    ファンタシースターオンライン2 EP4

    ファンタシースターオンライン2 EP4 ベンチマーク 設定 6 111352 快適に動作

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) ベンチマーク - 99999 -

    バイオハザード6

    バイオハザード6ベンチマーク - 288806 RANK S
    Radeon RX 6800 XT & Ryzen 9 5900X
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    いやー!凄いのキタ!ドラクエで25,000近く出たのはシングル GPU では初めてのような気がします…!! FF の高品質設定でも全く問題ないレベルです。

    3DMARK(TIME SPY・FIRE STRIKE)

    TIME SPY 1.0

    16 626GALLERIA ZA9R-68XT 5900X の TIME SPY 1.0 のスコアは 16 626
    Graphics Score CPU Score
    17 859 11 953
    上位1%に入る性能GALLERIA ZA9R-68XT 5900X は TIME SPY 1.0 で上位1%に入る性能

    FIRE STRIKE 1.1

    36 919GALLERIA ZA9R-68XT 5900X の FIRE STRIKE 1.1 のスコアは 36 919
    Graphics Score 51 733
    Physics Score 34 397
    Combined Score 12 154
    上位1%に入る性能GALLERIA ZA9R-68XT 5900X は FIRE STRIKE 1.1 で上位1%に入る性能

    TIME SPY 1.0 は上位1%に入る性能、FIRE STRIKE 1.1 でも上位1%に入る性能というスコアでした!! とんでもないマシンです。

    ゲームの快適さは?FPS値測定

    ドラゴンクエストⅩ

    ドラゴンクエストⅩのFPSドラゴンクエストⅩのFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    最高品質 26 213

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION

    FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマークFINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク 設定 最低 FPS 平均 FPS
    高品質 81 150
    標準品質 146 217

    ファンタシースターオンライン2 EP4

    ファンタシースターオンライン2 EP4のFPSファンタシースターオンライン2 EP4のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    設定 6 191 326

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐)

    モンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) のFPSモンスターハンターフロンティア 第三弾(大討伐) のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    - 574 1002

    バイオハザード6

    バイオハザード6のFPSバイオハザード6のFPS 設定 最低 FPS 平均 FPS
    - 41 298
    Radeon RX 6800 XT & Ryzen 9 5900X
    全ソフト共通:解像度 1920 × 1080 px/フルスクリーン

    ヌルヌル動きサクサク表示できる最低限の値が 60fps と言われていますが、PCゲームにおいて目指すべきは 144Hz です。

    どのタイトルでも完全に 144Hz もに対応します。モンハンで 1000 超えてますね。いやー凄い。

    VRMARK のスコア

    VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0

    13 742GALLERIA ZA9R-68XT 5900X の TVRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 のスコアは 13 742
    Average frame rate Target frame rate
    299.58 fps 109.00 fps
    上位2%に入る性能GALLERIA ZA9R-68XT 5900X は VRMARK ORANE ROOM BENCHMARK DESKTOP 1.0 で上位2%に入る性能

    上位3%に入る性能でした!これも凄いいです…と言いたい所なんですが、GALLERIA XA5R-R36 という、前々回くらいにレビューしたモデルがあるんですが、それが Radeon RX 6700 XT × Ryzen 5 5600X のコンビで、上位2%に入る性能だったんですよね…。

    今回のモデルが負ける要素が見当たらないんですが、もうちょっとベンチ回数増やして様子見れば良かったです。

    動画編集・タスク系能力をチェック

    WIN SCORE SHARE のスコア

    GALLERIA ZA9R-68XT 5900X WIN SCORE SHARE のスコア

    スコアは9.5です。グラフィックスは9.9!弱点はありません。

    CPUID HWMonitor で各パーツの温度をチェック

    CPUID HWMonitor で GALLERIA ZA9R-68XT 5900X の各パーツの温度をチェック

    各パーツの最高温度

    グラフィックボード(Radeon RX 6800 XT) GPU 68
    Hot Spot 89
    CPU(Ryzen 9 5900X) Package(Node 0) 80
    SSD(CSSD-M2B1TPG3VNF) Assembly 44
    マザーボード(ASRock X570 Phantom Gaming 4) Southbrige 52
    Mainbord 56
    CPU 78

    この温度は、今回のレビューでベンチマークを動かしている間ずっと起動して測定していた数値になります。

    安定して低温ですね。ノープロブレムです。

    CPU-Z(Ryzen 9 5900X)

    Ryzen 9 5900X の CPU-Z ベンチマーク結果

    CPU-Z Ver. 1.95.0x64 ベンチマーク結果

    CPU シングルスレッド 658.3
    CPU マルチスレッド 9603.7

    リファレンスは Core i7-7980XE です。

    CINEBENCH R23(Ryzen 9 5900X)

    CINEBENCH R23 で Ryzen 9 5900X を測定

    CINEBENCH R23 の測定結果

    CPU(Multi Core) 20888 pts
    CPU(Single Core) 1600 pts
    MP Ratio 13.06 x

    PCMARK 10

    PCMARK 10 の測定結果

    8 305GALLERIA ZA9R-68XT 5900X の PCMARK 10 のスコア 8 305
    上位1%に入る性能GALLERIA ZA9R-68XT 5900X は PCMARK 10 で上位1%に入る性能

    なんとこれも上位1%に入る性能でした!多分"初"です。

    CrystalDiskMark(M.2 SSD)

    CFD CSSD-M2B1TPG3VNF 1000.2GB

    CFD CSSD-M2B1TPG3VNF 1000.2GB
    CrystalDiskInfo の CFD CSSD-M2B1TPG3VNF 1000.2GB の情報
    CFD CSSD-M2B1TPG3VNF 1000.2GB の読み書き速度を CrystalDiskMark で測定
    5回測定 Read [MB/s] Write [MB/s]
    Seq Q8T1 5006.10 4270.50
    Seq Q1T1 3244.88 4218.02
    RND4K Q32T16 2853.64 3023.64
    RND4K Q1T1 60.17 224.77
    メーカー公式サイトの商品ページ

    目隠しパーツのチェック

    GALLERIA ZA9R-68XT 5900X の右側面の内部の様子

    内部にアクセスしてパーツのチェックをしてみます。公式サイトでは記載が無い…いわゆる"目隠しパーツ"たちはどんなものを採用しているのでしょうか?CPUクーラーマザーボードメモリ電源ユニットをチェックしてみました。

    こちら↑は右側面のパネルを開けた状態です。

    マウントなしで最大で 3.5インチドライブが2つ、5インチドライブが2つ搭載できます。このモデルはマザーボードに M.2 SSD が一枚取り付けられているだけなので、ベイは完全フリーです。

    GALLERIA ZA9R-68XT 5900X の左側面の内部の様子

    こちらは左側面からのアクセス。綺麗な裏面(配線)ですね。

    CPUクーラー

    簡易水冷の GAMMAXX L240 V2+(RGB対応)

    CPUクーラーには簡易水冷の GAMMAXX L240 V2+(RGB対応) が標準で搭載されています。

    アンチリークテックインサイドシステムという仕組みを装備し、ウォーターブロックとファン内蔵の12V RGB照明になっています。同期照明制御でマザーボードをサポートします。

    ファンはホワイトスケルトンとでもいうのでしょうか。イケてます。

    マザーボード

    ASRock X570 Phantom Gaming 4

    マザーボードはASRock X570 Phantom Gaming 4です。 AMD SMART ACCESS MEMORY というシステムを採用しています。

    従来の PC システムだとグラフィックボードのメモリーの一部にしかアクセスできないので、システム性能が制限されてしましたが、このシステムではデータチャンネルが拡張されて、GPU メモリーの可能性を最大限に活用できるようになっています。

    バックパネルインターフェース

    ASRock X570 Phantom Gaming 4 バックパネルインターフェース
    PS/2 キーボード/マウス 1
    USB 3.2 Gen1 6
    DisplayPort 1.2 1
    HDMI - 1
    USB 3.0 - 6
    USB 3.2 Gen2 Type-A 2
    LAN ポート オプティカル 1
    HD オーディオジャック サウンド入力 1
    フロントスピーカ 1
    マイクロフォン 1

    USB端子の数は合計8つ。全て3.2。Display Port もあり。充実しています。

    メモリ

    SK hynix HMA81GU6DJR8N-XN

    SK hynix HMA81GU6DJR8N-XN
    容量(1枚当り) メモリチップ規格 モジュール規格
    8 GB DDR4-3200 PC4-25600
    メーカー公式サイトの商品ページ

    メモリは韓国は SK hynix の HMA81GU6DJR8N-XN という型番のものが2枚という構成でした。

    電源ユニット

    SilverStone VIVA 850 GOLD

    今回は電源ユニットは標準からどこの馬の骨かが解かる状態でした。BTO でこれは珍しいですね、それだけこのハイエンド構成において電源ユニットが重要だという事です。

    これ、SilverStone の 電源ユニットのラインアップページを見ると、VIVA 750 Gild はあっても 850 は無いんですよね…。もしかした B to B仕様の特別製品なのかもしれません。

     

    搭載される各パーツのメーカーは、購入・出荷時期によって異なる場合があります。

    PUBGをプレイした体感とFPS値

    PUBGをプレイした体感とFPS値

    最ちょっと PUBG に対するモチベが下がっていたんですが、なんか知りませんが復活しました。笑 毎日2、3ラウンドはプレイしているかと思います。

    さて、国内の PUBG 競技シーンですが相変わらず過疎が加速しているように思います。古参のプレイヤーがまた数名脱退引退的な発表をしましたが、戻って来る選手もいました。

    国内では 10月にかなり楽しみな試合があります。

    これまでずっと各チームが色々な大会やスクリムに散っていたので、こうやって国内のトップチームが一同に会するのはドキドキします。

    正に国内最強決定戦!めっちゃ楽しみです。最近は E36 や ZETA、RJ、DGW、REJECT あたりが安定して強いですが、新生 SunSister もかなり強いと踏んでいます。

    個人的には SunSister が勝って欲しいですが難易度は高いでしょう…!!

    ウルトラ・高い・中型 でプレイした時の平均FPS

    PUBGをプレイした体感とFPS値(ウルトラ・高い・中型で3回プレイ)
    設定 平均FPS
    ウルトラ 110
    高い 121
    中型 124

    私のモニターはなんとゲーミングモニターじゃないんですが、27インチ型で解像度が 2560 × 1440px のもです。

    今回は Erangel(エランゲル)でウルトラ、高い、中型設定でプレイしましたが、当然の如く超快適でした。降下時から↑のように建物の描画がクッキリです。初動ファイト(武器ガチャ)も勝てます。

    PUBG が快適にプレイできるという事は、必然的にフォートナイト、Apex Legends、VALORANT などの人気タイトルは間違いなく超快適にプレイが約束されます。

    良い点・イマイチな点

    GALLERIA ZA9R-68XT 5900X をレビューして、良い所とイマイチだと思う所を正直にまとめてみました。まずは良い所から。

    • ケースがめっちゃスタイリッシュでおしゃれ!!
    • RADEON はゲーム以外の用途でも最高に高性能!!
    • グラボがしっかり取り付けられていて安心!!
    • 簡易水冷システムでエアフロー良し!!
    • 現行のどんなタイトルでも高設定で楽しめる!!
    • 内部に統一感がある!!

    この5点が特に注目できる点かと思いました。

    最強オブ最強のゲーミングPC

    3D MARK や VR MARK、PC MARK で軒並み上位1%に入る性能であることを示したこのゲーミングPCは、最強オブ最強の称号を与えたいです。

    スペックだけではなく、いつも以上に内部の構成というかパーツのチョイスなどにも拘りが感じられたのが嬉しいです。

    内部のファンの統一感

    内部のファンとかも心なしか統一感がありーので、結構豪華です。

    SCYTHE(サイズ)のWONDER SNAIL 120 PWM

    背面の排気には SCYTHE(サイズ)のWONDER SNAIL 120 PWMが使われていました。

    THIRDWAVE のケースファン

    前面の吸気には、なんと THIRDWAVE(ドスパラの会社)のケースファンらしきものが!初見です。

    DEEPCOOL の簡易水冷

    改めて、水冷はいいですねー。空冷のクーラーだとホコリ溜まりやすいですからね。

    グラフィックボードの取り付けがしっかりしている!!

    ハイエンドモデルのグラボって単体で数万円します。今回の Radeon RX 6800 XT なんて単体でなんと15万円以上もするシロモノ。

    セーフティーサービスモデルを購入していたならまだしも、ちょっとした衝撃でスロットから脱落してお釈迦なんて事になったらシャレになりません。

    グラフィックボードの固定については、

    リジットッカードサポートで固定

    このようにリジットッカードサポートで固定。

    グラボの固定は堅牢

    そして黒い板(名称分からず)で背面のネジ群を固定、という二段構えという堅牢ぶりです。

    対してイマイチだった所は、

    • ストレージはシステムドライブ(Cドライブ)だけ…。
    • メモリへのアクセスが不便…。
    • 電気代が心配…。

    という点が気になりました。

    メモリが簡単には着脱できない…。

    メモリのツメが隠れてしまっている…。

    今回のモデルの唯一の弱点と言ってもイイかもしれません。水冷システムの大型ラジエーターが天面に設置されていて、その影響でこの状態からメモリのツメが隠れてしまって抜き差しができませんでした…。

    という事で良い所イマイチな所を紹介しましたが、ぶっちゃけメモリにアクセスする頻度なんてたかが知れていますから、イマイチな所に挙げなくても良かったかな~なんて思いました。

    という事で文句の付けようの無いモデルですが、クリアしなければならないモノはそうマネー・お金です。あと電気代。

    以上、GALLERIA ZA9R-68XT 5900X のレビューでした!!

    AMDコンビの最強オブ最強ゲーミングPC!欲しい!欲しい!欲しい!
    GALLERIA ZA9R-68XT 5900X の見積もり・購入
    ページの先頭へ戻る